1月庭の来客・ヤマガラ

雪景色となった先週月曜の1月8日、今冬初めてバードフィーダーを吊るしてから、ヤマガラとシジュウカラが常連客となってます。
黒ヒマワリがよほど好物と見えて、毎日、先シーズンより沢山、頻繁に食べに来てます。
20180112 IMG_7785枝に留まるシジュウカラとヤマガラ

ヤマガラくんの特等席。
20180111 IMG_7775ヤマガラclip

シジュウカラよりは数は少ないけれど
頻繁にやってきて、よくこの枝に留まってからバードフィーダに。
20180111 IMG_7775ヤマガラ
2018.01.11

20180112 IMG_7787ヤマガラonフィーダー

クロヒマワリの種が好物かな。
20180112 IMG_7787ヤマガラonフィーダーclip
2018.01.12

去年あげていた普通のヒマワリの種よりかなり小粒だけれど、
こっちの方が美味しいのか、食べやすいサイズなのか。
ヤマガラとシジュウカラが順番待ちするように
次から次へと、面白いように食べにきます♪

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

1月庭の来客・シジュウカラ

特等席の枝からバードフィーダーに向おうとするシジュウカラ。
20180112 IMG_7793フィーダーに向うシジュウカラ

同じ枝から別飛び。(同じ子かどうかは分かりません)
20180112 IMG_7781飛び立つシジュウカラ

20180112 IMG_7790餌を食べるシジュウカラ

別飛びの子の後姿。
20180112 IMG_7782シジュウカラ後姿onフィーダー

別飛びの子の右横姿。
20180112 IMG_7786シジュウカラの横姿

clipで拡大してみると羽の白い線は1本。
ヒガラは2本でしたが。
20180112 IMG_7790餌を食べるシジュウカラclip

器用にとまっていますね。
お腹の羽は真っ白に見えます。
足の付け根のお腹側も黒いのが分かります。
20180112 IMG_7786シジュウカラの横姿 clip
首から背中へふんわりグラデーションの黄色も素敵です。
20180112 IMG_7782シジュウカラ後姿onフィーダー clip
2018.01.12

こちらは前日、11日のシジュウカラ。
20180111 IMG_7772シジュウカラ
2018.01.11
フィーダーの掛かったハナミズキの手前にあるバラ・パレードの枝も
よい休憩場所になってるようで、時々何羽かとまっています。
棘なんてへっちゃらなんですね。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

雪化粧のスキミア

Skimmia 'Pink Dwarf'
ミカン科 原種は主に日本

雪化粧したスキミアの姿にほっこり。
'ピンク・ドワーフ' がはしゃいでいるよう。
20180111 IMG_7777雪化粧のピンク・ドワーフ・スキミア
2018.01.11

夜中に降ったらしい雪が一面うっすら白い世界に。
玄関やアプローチ、道路の雪を掃こうかと出てみて
寄せ植えコンテナに目がとまった。

20180111 IMG_7778雪化粧のスキミアと寄せ植え
2018.01.11

ヒューケラのカラーリーフにも葉縁を残すように雪化粧。
この季節だけの贈り物。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

タカネバラ

高嶺薔薇
学名: Rosa suavis ssp nipponensis
別名: タカネイバラ、ミヤマハマナス
(花は微芳香らしい)

出会いは2016年8月に八方尾根が最初です。
説明板の足元にほんの数cmの草丈の子たちが沢山。
標高約2,000mのがれ場。
20160813 DSC00134タカネバラ説明板
2016.08.13 八方尾根
近づいてみると、あいにく花無し。
強風を浴びる場所のせいもあってか、小さいこと。
20160813 DSC00135タカネバラ
2016.08.13 八方尾根

一年後2017年の9月、2度目の八方尾根トレッキング。
八方ケルン辺りの尾根から覗くとガレ場にタカネバラが沢山。
20170915 DSC02335ハッポウウスユキソウとタカネバラ咲く礫場
2017.09.15 八方尾根
ハッポウウスユキソウの白い株と対照的な赤い実が目立ちます。
20170915 DSC02336ハッポウウスユキソウとタカネバラ
2017.09.15 八方尾根
別場所で、もっと近くにも赤い実。
花は1ヶ月以上前だったでしょうか。
20170915 DSC02339タカネバラの赤い実
2017.09.15 八方尾根

ところが翌日、白馬五竜高山植物園で
初めてタカネバラの花に出会いました。
20170916 DSC02415タカネバラ
2017.09.16 白馬五竜高山植物園
ピンクの蕾の下にまだ固い蕾も見えています。
赤いステムも鮮やかで美しい。
20170916 DSC02415タカネバラclip
2017.09.16 白馬五竜高山植物園

カメラのメモリ切れで、次のはiPhone。
20170916iPhone 花後のタカネバラ(白馬五竜)
2017.09.16 白馬五竜高山植物園

花はほとんど終わっていた中、見られてでラッキーでした。
香りについては、確認できてません。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

#TIME'S UP

20171008 DSC02556三本滝

Oprah Whinfrey (オプラ・ウィンフリー)さんのゴールデン・グローブ賞特別賞スピーチを読んだ。
先に和訳(Sayaさん翻訳)
http://edition.cnn.com/2018/01/08/entertainment/oprah-globes-speech-transcript/index.html
その後で原文(CNN)
http://blog.sayajewels.com/posts/oprah-winfrey-speech/
を読み直してみた。

"Their time is up."

支持します
#TIME'S UP
差別やハラスメント、虐待に耐え忍ぶ時代は終わった
もう誰も "Me too" と声を上げなくていい
声を上げられないことを悩まなくていい

新たらしい時の始まりへ

この国も是非

意識を失わされた女性へのあんな犯罪
逮捕が直前で止められ、起訴もされない

集団でおぞましいあんな事件も不起訴の唖然
立件されても執行猶予がつく唖然

凶悪でも「準」が付く違和感
性犯罪者に甘く被害者に厳しい
この国こそ

一方で
裁判もしていない被疑者を
何ヶ月も勾留し続ける
冬は寒すぎ、夏は暑すぎる拘置所に

人権意識の低すぎる
この国こそ

言いたい!
Their time is up!

#TIME'S UP
2018.01.10

line小花

ELLEにも全訳と、写真&動画が。
下段の6つの注)が背景の理解に役立ちありがたい。
http://m.elle.co.jp/culture/feature/cnews_Oprah_75th_GoldenGlobes_speach18_0107

読んだ後の視聴だからだろうけど、聞き取りやすい。
迫力のスピーチ。
言葉のもつ冷静な内容が
視覚と聴覚に迫り説得力をもって訴えてくる
感動的なスピーチ。

#TIME'S UP
2,018.01.11
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (8)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード