仙丈、桜、鯉のぼりと

昨日の景色。
桜、まだまだ咲いていますよ。
赤松の間に風に揺れる鯉のぼり。
20170425 IMG_5681大芝の鯉のぼりと仙丈ケ岳

空に浮かぶは南アルプスの女王、仙丈ケ岳。
雲が頂を隠してますが
20170425 IMG_5680仙丈ケ岳と鯉のぼり
雪が減り、徐々に青くなっています。

大芝湖にも鯉のぼり。
20170425 IMG_5678大芝湖と鯉のぼり

黒々とした赤松の森に桜がよく映えます。
20170425 IMG_5677桜咲く大芝湖

鴨と、見かけない水鳥が。
20170425 IMG_5676大芝湖の川鵜と鴨

なんと、びっくり。川鵜のようです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

サンシュユ&サンゴミズキ2種

山茱萸
学名: Cornus officinalis Sieb. et Zucc.
別名: ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミ
ミズキ科ミズキ属の落葉小高木。中国、朝鮮半島原産

森のような園内にひっそりと咲くサンシュユの花。
早春の山を柔らかな黄に染める景色も好きだけれど
こんな風に静かに咲く姿もいい。
20170416 DSC01474サンシュユの花

こちらは駐車場のサンシュユ。
間近で花を見るのは初めて。
20170416DSC01449駐車場のサンシュユclip
そう言えば、分枝の仕方がハナミズキと似ているような。
秋にグミに似た赤い実が成るらしい。

次は、美しい枝色の2種のサンゴミズキ。
気になっていたのでスタッフさんに名前を教えてもらいました。
20170416 DSC01461サンゴミズキ 

こちらは、2月5日の記事<冬の蓼科バラクラにて>の写真。
20170204 DSC01280色の違い
左の黄色い方を①、右の赤い方を②とします。
どちらも、日本自生のシラタマミズキの園芸種らしい。

①黄金ミズキ
コルヌス・ストロニフェラ(Cornus stolonifera)
or
コルヌス・バズ・イエロー
(Cornus sericea 'Bud's Yellow', red osier dogwood 'Bud's Yellow')

②サンゴミズキ
コルヌス・アルバ(Cornus alba)
Cornus alba 'Sibirica' (明るいクリムゾン・レッドにみえる為)
or
Cornus alba 'Elegantissima' (v), red-barked dogwood 'Elegantissima'

いくつかの園芸種があり、色も少しずつ異なるもよう。
葉や花で違いが分かってくるかも。

こうしてみると、ミズキの仲間はずいぶん多彩だこと。
面白いです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

スプリング・スノーフレーク!

学名: Leucojum vernum var carpathicum
科名: ヒガンバナ科 (Family: Amaryllidaceae J.St.-Hil.)
属名: スノーフレーク属 (Genus: Leucojum L.)
種名: Leucojum vernum L.

蓼科バラクラに群れ咲くスノーフレーク。可愛い!
でも、知っているのとは姿が大分違う。
背は低め、葉は広め。一本の花茎から大きめの白花を一つ。
しかも花弁の先にある斑点は黄色!緑じゃない。
20170416 DSC01472黄色い斑点のスノーフレーク

日本で一般に見られるのは別名が鈴蘭水仙と呼ばれるように
ベル状の花が連なって垂れ、葉は細長く、もっと草丈がある。
それに、咲くのは遅咲きの水仙が盛りを過ぎる頃では。
なにせ、まだスノードロップも名残咲く時期なのでびっくり。

20170416 DSC01471黄色い斑点のスノーフレーク

白い小花がはっきり分かって、どこかスノードロップにも似て見える。
だからかなぁ、私はこちらの方が鈴蘭水仙より好き。
20170416 DSC01478スノーフレークの群

ぷっくり開いた大きめの白花がよく目立っていてかわいい。
20170416 IMG_5584スノーフレーク

海外サイトを検索してようやく、スノーフレークには2種類あって、
今まで知っていたのは、サマースノーフレーク( Leucojum aestivum L. )
今回知ったのは、スプリングスノーフレーク( Leucojum vernum L. ) と判明。
もともと、ユーラシア大陸に分布する2種のうち、
サマースノーフレークが先に日本に導入され
スノーフレークとして各地に広まったということでしょうか。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

楓の赤花

いつもの公園にある楓が花をつけています。
20170418 IMG_5598大芝高原のカエデの花

かんざしのようで可愛い。
20170418 IMG_5599大芝高原のカエデの花

アメリカ・ハナノキの赤い花に触発されて、
ノルディック・ウォークの後、見に行ってきました。
品種名は不明ですが、
赤い、小さな小さな花を咲かせていました。
もう少ししたら、ブーメラン型の種をぶら下げるのかな。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

アメリカ・ハナノキの赤花

学名:Acer rubrum 別名:ベニカエデ(紅楓) 、
ルブラカエデ、アカカエデ、アケル ルブルム、
red maple、scarlet maple、swamp maple
ムクロジ目 カエデ科 カエデ属
原産地:北米東部

2017年4月16日の蓼科バラクラにて。
散策を終えて、ふたり、テラスでお茶していたら
高木の上方に見たことのない沢山の赤い実のような花が目にとまる。
20170416 IMG_5585アメリカハナノキの花

近づいて望遠で。
20170416 IMG_5587アメリカハナノキの花

丸い実のようにも見えたけれど、やはり花。
20170416 IMG_5586clipアメリカハナノキの花

まるでマンサクの花が束になって咲いているよう。
20170416 IMG_5587clip1アメリカハナノキの花 20170416 IMG_5587clip2アメリカハナノキの花
ちょっとイソギンチャクのようにも見えるかな。

木の名前が知りたくて、ガーデンセンターのスタッフさんに訊ねたら
ヘッドガーデナーさんを呼んでくれて、
「Acer(エイサー), カエデ」と教えてくれました。
でも私の知っているカエデに、こうした花は覚えがなくて
検索で調べていたら、アメリカハナノキに辿りつきました。
そう言えば、晩秋に来た時、この辺りの地面に
切れ込みのある、美しく紅葉した葉が落ちていたのを思い出しました。

line小花
ps
テラスの隣テーブルでティーセットを楽しむ5人。
ふと耳に入ってくる言語はフランス語。
賑やかに楽しげに、心地よい鼻音が響いてくる。
生の仏語会話が間近でわんさか聞かれるのは昨秋のフランス旅行以来。
時々英語と日本語が混ざって、ちょっと不思議な気分。

ヘッドガーデナーのアンドリュー・フィッシャーさんは
おそらく英国人と思うし。
「国際色豊かなガーデンだなぁ」
とふたり感心しつつ、庭を後にしました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード