レンゲツツジ

学名: Rhododendron japonicum
英名: Japanese azalea
科: ツツジ科 Ericaceae
属: ツツジ属 Rhododendron
落葉低木。全木に痙攣毒を含む。

最近の研究から同じ落葉性のヤマツツジよりも、常緑性のシャクナゲに近い仲間であることが分かっているらしい。
名の由来は、一説には花と葉が輪状に並ぶ様子を蓮華(ハス)に見立てたものとか、また別の説では蕾が並ぶ様がレンゲソウに似ている為とか。後者の方が、私としては、しっくり分かりやすい。

いつもの森でヤマツツジより柔らかなオレンジ色のツツジを発見。
 
20160508IMG_1260レンゲツツジ
2016.05.08

周りを見渡すと、近くに何本か同じ花の咲く低木が。
花は金沢・彦三緑地のレンゲツツジよりオレンジ系。

20160508IMG_1261レンゲツツジ(clip)
2016.05.08

葉はモコモコとした質感。
先が丸く、毛も見られ、彦山緑地のものと良く似ている。

20160508IMG_1264レンゲツツジ
2016.05.08

ツツジらしからぬ葉の雰囲気も可愛い。

        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

ヤマツツジ

学名: Rhododendron kaempferi
科: ツツジ科
属: ツツジ属
半落葉低木
日本の野生ツツジの代表種で、北海道南部から九州まで広く分布。

いつもの森。日陰のツツジは開花が少し遅いようだ。
20150523ヤマツツジ
2015.05.23

温泉側の道の街路に植栽されていて、5月上旬の最盛期は朱に近いオレンジ色一色に染まっていた。

        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

チゴユリ

学名: Disporum smilacinum A.Gray
目: ユリ目 Liliales
科 : イヌサフラン科 Colchicaceae
属: チゴユリ属 Disporum


5月上旬、いつもの森の中。

20160508IMG_1244チゴユリ
2016.05.08

ヤマツツジが明るい場所であちこち盛りを迎える中、
チゴユリは 

20160508IMG_1245チゴユリ
2016.05.08

樹木の根元など、日陰の林床あちこちひっそりと、
群生を作って咲いていました。

20160508IMG_1248チゴユリ
2016.05.08

ちっちゃな白花が可愛いです。

line小花

夫と森の中を散歩しながら撮ったのですが
少し後で、私たちよりずっと若そうなカップルが、
私たちよりずっと立派なカメラ、ビッグな望遠レンズで、
このかわいいチゴユリの群生を二人しゃがんで熱心に撮っていました。
カメラが進化して、
似た趣味の人が増えていますね。^^

        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

シロバナタンポポ&トウカイタンポポ

珍しい在来種のタンポポを見つけました。

場所は知多半島のとある住宅地のはずれ、自然も多く残っている地域。
飛び立つ飛行機も眺められ、
一方でパタパタとせわしく羽ばたいてホバリングしながら朗らかにさえずる雲雀も目に留まります。

丘陵地全体が住宅地となっている所と昔ながらの土地との境界近くにあるお宅の前のアスファルトの裂け目に咲く白いタンポポにハッとしました。

20160424IMG_0905シロバナタンポポ
2014.04.24
ガクの部分(総苞そうほう)を確かめると、西洋タンポポのような反り返りはありません。
これは在来種に違いないと思い、なんだかワクワクしました。

20160424IMG_0906シロバナタンポポの総苞と花弁
2014.04.24

明らかに白い花弁、総苞の外弁は総苞の1/2ほどの長さがあって離れがち、そして角状突起も見られます。

20160424シロバナタンポポ
2014.04.24

なので、シロバナタンポポと思われます。(キビシロタンポポでもケイリンシロタンポポでもなさそうです。)

シロバナタンポポ 白花蒲公英
学名: Taraxacum albidum
キク科 Asteraceae (Compositae) タンポポ属

line小花

そして、道路の反対側に咲く黄色いタンポポも確かめたくなりました。
シロバナタンポポと数メートルしか離れてません。

20160424IMG_0908トウカイタンポポ
2014.04.24

総苞の反り返りはわずかに見られますが西洋種のそれとは明らかに違います。

20160424IMG_0907トウカイタンポポらしき長い総苞外片と角状突起
2014.04.24

拡大してみると、総苞外片は総苞の1/2以上、しかもトイカイタンポポに特徴的な角状突起がこの写真にも↑の蕾の写真にも認められます。

20160424トウカイタンポポ
2014.04.24

葉をきちんと撮らなかったのが残念ですが、
花は硫黄色でなく鮮やかな黄色なのでキバナシロバナタンポポではなく、
総苞の特徴2点に加えて、この場所が東海地方なので、トウカイタンポポで間違いないのではと思います。

トウカイタンポポ  東海蒲公英
別名: ヒロハタンポポ
学名: Taraxacum longeappendiculatum Nakai
Taraxacum platycarpum Dahlst. var. longeappendiculatum (Nakai) Morita
キク科 Asteraceae (Compositae)  タンポポ属

line小花

種の判断は次のサイトの図表や写真、解説を参考にさせていただきました。
学名は他も参照させていただきました。

西日本のタンポポの分類と分布(タンポポの種類と見分け方)

タンポポの判別にとても役立つと思います。


在来種のタンポポがセイヨウタンポポに追われず咲ける場所が残されて欲しいものです。

        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

6月中下旬の森の花たち

昨夜からずっと雨。
今朝は寒くて袢纏が要りました。
気圧のせいか体調がいまいちです。
昨日は頭痛に加えて腹痛まで。
一昨日、圭くん・ウィンブルドン1回戦の夜更かしが影響したかな。
今朝はパン粥、お昼は煮込みうどん。
でも、もう大丈夫そう♪

雨、収まって来ました。

line小花


6月の森から

ウォーキングの時は何も考えずにただ歩こうと、
カメラを持たずに行くようにしてるのですが
それでも眼にとまってしまうと携帯でパチリと。^^;

中旬頃見つけたアスチルベに似た植物。
複葉は似てるけど、ずいぶんと丸い葉です。
背丈は40cm足らずだったかな。
アカショウマ (Astilbe thunbergii) でしょうか?

20150615アカショウマ

ふわっふわ。綿菓子みたい。

20150615アカショウマ

余談ですが、アワモリショウマは学名がAstilbe japonicaなんですね。
アスチルベは日本やアジア地域自生のこうした植物が
主に欧州で園芸種に育種されたものだったんですね~。
因みに同じ「ショウマ」でも、
トリアシショウマ、アワモリショウマはユキノシタ科、
サラシナショウマ、レンゲショウマ(花がだいぶ違う)はキンポウゲ科、
ヤマブキショウマはバラ科。
そっくりですが、分類がこうも違うのはさっぱり分かりません。^^;

森を出て広場の方へ行くと予想外に白い花が咲く木々を発見。
近づいてみるとヤマボウシ。
何十回と眼にしているはずなのに花を見るまで気が付きませんでした。

20150615ヤマボウシ白

ピンクが入るのもあったんですね~。
秋の実も楽しみです。

20150615桃色のヤマボウシ

下旬の森の中。
スッと伸びた花茎に白い可憐なちょっとランの様な花。
葉っぱは根元の小さくて丸っこい照り葉。

20150625森の不詳の花

何だったでしょう?
見たことあるような気がするのですが分かりません。


そして小豆色のほたるぶくろ♪
可愛いですね~。
ちょっとした群生になってました。

20150625ホタルブクロ

なのに森の何処に咲いていたか思い出せません。^^;


いつもと違うコースに出て池の方へいくと
芝生をのっそのっそとお散歩中のカメくんと遭遇。
そんな顔をすっこめなくても。。
写真撮る以外、何にもしないよ。^^

20150625亀がお散歩

line小花

6月3日記事で載せた森の不詳の植物。
5月下旬に出会った小さな野草です。
今日、偶然判明したので訂正したのですが、
可愛いので、ここでももう一度。^^

「オオヤマフスマ」(別名、姫誰袖草ヒメタガソデソウ)みたいです。
「大山衾」 学名:Moehringia lateriflora ナデシコの仲間。

20150523森の白い小花7349

「白い小花が可愛い。
花弁に切れ込みがないので、ミミナグサの仲間ではなさそう。」
と言っていたのですが、
これとお花がそっくりの切れ込みのないタガソデソウはミミナグサの仲間だそう。

20150523森の白い小花7350

見た目だけでは判断できないですね~。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード