もんじゅに震撼

TVは伝えてくれない重大なニュースって本当に多いと思う。
お相撲さんの暴力事件は、これでもかってほど時間を割くくせに。

ネットで驚きのニュースに寒気がした。
もんじゅは廃炉を想定せずに設計されていたということ。
冷却のための液体ナトリウムを抜き取らないと燃料を取り出せないのに、その抜き取り穴がないのだと。

「炉内のナトリウムは放射能を帯びているため、人が近づいて作業をすることは難しい。ナトリウムは空気に触れれば発火し、水に触れると爆発的に化学反応を起こす。」

・・・ど、どうするの?! 

稼動できなかったうえに、
耐用年数の想定なしって、あり得ない。
ひどい設計ミス。
「トイレのないマンション」どころじゃない。
核の半端なく危険な負債を抱えていることが分かって震える。
どうしてこれが大きく報道されないのか理解できない。


毎日新聞2017年11月29日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20171129/ddm/001/040/162000c  より

「もんじゅ
設計、廃炉想定せず ナトリウム搬出困難

 廃炉が決まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、原子炉容器内を満たしている液体ナトリウムの抜き取りを想定していない設計になっていると、日本原子力研究開発機構が明らかにした。
............
............

原子力機構幹部は取材に対し「設計当時は完成を急ぐのが最優先で、廃炉のことは念頭になかった」と、原子炉容器内の液体ナトリウム抜き取りを想定していないことを認めた。炉内のナトリウムは放射能を帯びているため、人が近づいて作業をすることは難しい。

 原子力機構は来年度にも設置する廃炉専門の部署で抜き取り方法を検討するとしているが、規制委側は「原子炉からナトリウムを抜き取る穴がなく、安全に抜き取る技術も確立していない」と懸念する。

 もんじゅに詳しい小林圭二・元京都大原子炉実験所講師は「設計レベルで欠陥があると言わざるを得ない。炉の構造を理解している職員も少なくなっていると思われ、取り扱いの難しいナトリウムの抜き取りでミスがあれば大事故に直結しかねない」と指摘する。」

もみじ湖の紅葉

楓の赤い絨毯。
20171119 DSC02580もみじ湖の楓紅葉
2017.11.19
こちらは黄葉の楓
20171119 DSC02579もみじ湖の楓紅葉

前日の雨で湿った落葉カーペットに新しい黄葉
20171119 DSC02581もみじ湖の楓紅葉

ふかふかした散策路を降りてみると静かな流れが
20171119 DSC02582もみじ湖の川

ダム湖の上から西の寒空。
周辺の紅葉終盤、暖色の山と対照的に、
20171119 DSC02583もみじ湖周辺の山紅葉と雪の経ヶ岳方面

経ヶ岳方面は雪模様。
20171119 DSC02584もみじ湖から見た青空

もみじ湖と紅葉
20171119 DSC02586もみじ湖面と紅葉

橙黄色の落葉松が紅葉シーズンの終わりを告げています。
20171119 DSC02585落葉松の紅葉

大山桜の看板につられてキャンプ場のある広場へ寄り道
20171119 IMG_7669まだ綺麗に紅葉中の楓

まだまだ美しく紅葉してる楓も。
20171119 DSC02588楓の紅葉
2017.11.19
昨日は最低気温1℃、最高気温7℃と、寒い一日。
今季初めてダウンを着て出かけました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

1次合否判定なしで2次合格?!

昨日、11月15日、国会のネット中継を視聴した。衆院・文部科学委員会の質疑応答。
まかり通ってしまう税金の無駄遣い、歪められた行政について。
腹立たしいし面白い訳ないのだけど、すごく気になったので見てみた。新聞やネット記事など、疑惑のポイントをいくつか私なりに押さえてもいたので、薄れつつある記憶を呼び戻しながら聞いていた。

前日の14日に、文科省は加計の獣医学部を認可してしまった。けれど、閣議決定された国家戦略特区の*)4条件を満たしているかの審査はされていなかった。文科大臣の説明はそのものだった。(前川さんの指摘どおり。)
4条件はクリアしていなくても、しているものとして、そういう前提で文科行政が担う2次審査をしただけだった。しかも、それは警告までつきながらも、至れり尽くせりの指導の果ての合格。普通なら、とっくに不可なのに、越せないはずのハードルを、両腕を抱えられて越させてもらったような認可のようだ。
立憲民主、逢坂議員の質問への政府答弁から明確になったことは、4条件の1項目もクリアされている証拠がないということ。
クリアしているかどうかの最終審査の日時や議事録、判断の根拠となる資料も一切ないということ。つまり、国家戦略特区の4条件を満たしているかの1次試験の合否判断なしに、2次試験で合格を出した格好。
一体何を指して「世界に冠たる獣医学部」だなんて言えるのだろう。国家戦略特区のお粗末さに呆れるばかり。

この答弁を観ていて、あくどいなぁと思ったのは国会軽視の姿勢。野党側から質問趣意書が出ているはずなのに、ろくに答えられずダラダラと時間が過ぎ、度々速記が止められたこと。答弁側が野党の質問時間を浪費していたこと。希望、無所属会派、共産、社民の質問に対しての答弁も同様。野党の質問時間配分を減らした上に、この態度だから腹立たしい。

呆れたと言えば、自民の、当事者だった前文科副大臣の義家議員の質問は、質問などではなく、野党とメディアへの、ただの個人的な恨み節としか聞こえなかった。感情だけが動機のうっぷん晴らし発言など、国会でやらないで欲しい。みっともないだけ。
そして、もっとびっくりしたのが、維新の足立議員の信じられない暴言の数々。特定の野党議員を犯罪者呼ばわりしたり、特定新聞を根拠もなく「捏造」とののしったり。衆院・文部科学委員会で個人的ヘイトをぶちまけている姿は実に醜かった。この方のやってることの方が犯罪級なんじゃないかと、虫唾が走る思いだった。(困ったのが比例復活しちゃったものだ。)
野党の貴重な質問時間を使って、1野党でありながら与党のためにわざわざ野党内で炎上を仕掛けるかのような暴言には怒りを感じた。

4月に開学となってしまうけれど、一体どうなってしまうのだろう。
(韓国でも留学生募集をしているというから、ことによると将来国際問題になりかねないかも。)
それ以前に、でたらめな行政と国会は嘆かわしい限り。落ちぶれいくこの国が心配。

続きを読む

得票率と占有率から思うこと

朝日新聞によると、
「23日午後9時40分現在で集計した結果、自民党は289選挙区で2672万票を獲得し、得票率は48%だったが、議席では75%を占める218議席を獲得した。......
一方、政党名で投票する比例区(全176議席)は、自民が1854万票で得票率は33%。66議席を得た」と。
つまり、比例では議席の37.5%を獲得。
そして、
「投票しなかった人を含む全有権者に占める自民の絶対得票率は、小選挙区で25%、比例区で17%。
自民に票を投じた人は選挙区で4人に1人、比例区で6人に1人だったが、結果として全465議席の6割を占めたことになる」、とも。

http://www.asahi.com/articles/ASKBR5DWZKBRUTFK01N.html?ref=tw_asahi

全有権者の25%17%の投票で、全議席の61%をも占有する結果。
どう考えても、この小選挙区制度は民意を反映しない、欠陥制度で、再考が必要でしょう。
「1票の格差」とともに、民主主義にそぐわないものだと思う。

逆に言うと、「数の力」の根拠は虚構のものということ。
「圧倒的多数」だと思っていたものは、実はスッカスカ。
そんなに怖がらずに議論したらいいのだとも思う。

特に憲法は、国民の人権を保障するとても大切なもの。
そもそも本来、遵守すべき権力側の人たちが、違反ばかりしておきながら、
勝手に改憲を言い出すなんてこと自体どうかしている。
誰かが言っていたように、
交通違反常習者が違反しやすいように
「道路交通法を変えよう」と言ってるようなもの。

期日前投票に行って来た

お天気がまずまずだった昨日、期日前投票に行って来た。
無党派の私はいつも投票したい人がいなくて、消去法で決めるけど、
今回は珍しく、尊敬できる方が急きょ市民連合に推されて野党との統一候補として立っていたので決めていた。

まぁ、地元の有力2世議員に利益誘導願いたい与党系の組織票は相当だろうけど、そうじゃない人の方が本当はずっと多いんじゃないかとも思う。
事前予想では厳しくても、まんまその通りになってほしくないし、白紙委任状はごめんだ。
「希」も立っていて、票が割れるのがすっごく腹立たしいけれど、
「改憲は嫌だ」の意思表示をしないと。

そして、最高裁国民審査も今回色々調べて投票できた。
江川紹子さんの記事がとても参考になった。
「最高裁国民審査の”傾向と対策”~「これだけ棄権」もできます」
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171017-00076994/

たいていの行政訴訟では最高裁で逆転して住民敗訴が多いので、もともと国よりの姿勢だなと思っていたけれど、最高裁が昨年7月の参院選の最大3.08倍もの「1票の格差」を、まさか合憲というニュースには本当にショックを受けていた。
ただ、江川さんの記事を読んでいて、判事の個別意見の中で「投票価値の平等…の追求は、民主主義の国際標準であり、国際的潮流である」という記述があったというのは知らなかったので、暗雲の中の微かな光を感じた。
今回の最高裁国民審査は、この、「1票の格差」への視点に重きをおいて×を付けての票を投じた。

1票の格差が平気な国って、本当に恥ずかしいと思う。
たかだか3割の得票数が大手を振って国を動かすという、小選挙区制も民主主義に反すると思う。
国会でろくな答弁もせず、憲法違反を繰り返し、禁じ手まで使って強行に決めていってしまう現状。
憲法というルールに則るという立憲主義も、議会制民主主義さえも壊している現状こそ国難だと思う。

そして、強く思うことは次のこと。
戦争の当事国でもないのに、集団的自衛権で当事国化して国民を戦争に引きずり込むような動きは本当に怖ろしくて仕方がない。
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (8)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード