庭花アレンジ&或る仏映画

パラパラと咲く夏バラを花瓶に。この日はグレイス。
20170805 IMG_7058バラとナスタチウムのアレンジ
2017.08.05

ナスタチウムが意外と花持ちが良い。
真紅のキンギョソウ ' ブロンズレッド '、
白花のフロックス・パニキュラータ、ペチュニア、
プチダリア・ハミングピンク、サルビア・ボルドー、
矮性カスミソウとともに。

ピラミッドアジサイが花盛り。小ぶりの花をカットして花瓶へ。
20170808 IMG_7094ピラミッドアジサイのアレンジ
2017.08.08

剪定後に咲きだした2番花のクレマチス・ベティコーニングと一緒に。
高さを演出してるのは銅葉のメギ新梢。

20170808 IMG_7098ピラミッドアジサイのアレンジ

line小花

家族が帰省して来ると賑やかでいい。
元気そうな顔を見ると一安心だし、会話も弾む。
家事倍増で時々へたったけれど。

お天気はずっとパッとせず、
私にも見られそうな映画DVDを数本借りてきてくれて一緒に観られた。
「ララランド」も面白かったけれど、
フランス映画の「奇跡の教室」が思いのほか心に沁みた。
実話を元にした話というのにも驚き。
最初は荒れた教室、
多国籍、多宗教出身の、落ちこぼれすさんだ子どもたち。
それが先生の提案をきっかけに変化していく。
「アウシュビッツ」をテーマに、葛藤しつつも学び出す。
生き証人の話に耳を傾け、資料を集め、
どんどん変わって、自分で考え、目が輝きだしていく。
多様性を認め合い、仲間になっていく。
奇跡のような話。

知らない史実にも触れ、ハッとさせられた。
フランスにも収容所があったとは。
ショア 'shoah' という耳慣れない言葉も繰り返し入ってきた。
ホロコーストに代わる言葉として受け止めた。

民主的な学級運営も垣間見られて、さすがフランスだなぁとも思った。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

プチダリア、クレマチスとバラのアレンジ

青いガラス花瓶に庭花アレンジ。

20170720 IMG_6996プチダリア、ブルドパルファム、アフロディーテなどのアレンジ

今回はプチダリア・ハミングピンクと
クサボタンの仲間のヘラクレイフォリア系のクレマチス、
ジュイニアナ・プレコックスを入れてみました。
ワンパターンですが、庭から無造作に採って飾れるのは楽しいものです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

アフロディーテのプチ・アレンジ

クレマチス・アフロディーテ・エレガフミナの剪定をしたついでに
またテーブル用の小さなフラワーアレンジを。

20170718 IMG_6986アレンジ花(ブルドパルファムトアフロディーテなど)

中央にF&Gローズのブル・ド・パルファムを一輪。
ビビットカラーをアサギリソウのふんわり銀葉が和らげてくれます。
20170718 IMG_6984アレンジ花(ブルドパルファムトアフロディーテなど)

次々咲いてくれる矮性のカスミソウも無造作に切ることができて重宝です。
アプリコット系はグレイスとアンティークレース。
20170718 IMG_6985アレンジ花(ブルドパルファムトアフロディーテなど)

クレマチスはアフロディーテ・エレガフミナ、アラベラとロウグチ。
アフロディーテは本来もっと大きな花なのですが盛りを過ぎてかなり小ぶり。
でも、カップへのアレンジにはむしろ小さい方がいい塩梅かな。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

庭バラ&クレマチスのアレンジ

 剪定や花がら摘みの際、プチ・アレンジをしたくなりました。
 挿し木苗のグレイスの咲きだした花や、クレマチス・アラベラを中心に。
  20170713 IMG_6970バラとクレマチスのアレンジclip2

 パレードやアンティーク・レース、
  ロウグチ、アスチルベやラベンダーも少し。
20170713 IMG_6970バラとクレマチスのアレンジclip120170713 IMG_6971バラとクレマチスのアレンジ20170713 IMG_6969バラとクレマチスのアレンジ
 子どものお土産だったカップに。
 かけができて使えなくなったけれど、 
 深さがテーブルアレンジにちょうど良い。
 トトロが笑ってるかな。^^

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

冬のリースづくり~松ぼっくりと庭素材で

久しぶりに手作りリースで冬の玄関を華やかに。
20161209DSC01250玄関リース

材料:
松ぼっくり3種 (ドイツトウヒ、赤松、落葉松…いつもの森で拾ったもの
落葉松以外は70℃の湯で洗浄。3種とも日光と床暖房で2週以上乾燥済み)
コノテヒバの葉と実、南天の実、フラワー用ワイヤー。
白樺の剪定枝、麻ひも、麻布(リース土台として以前作ったものを再利用)
     
fc2blog_2016120919065461d.jpgfc2blog_20161209190750931.jpg
ドイツトウヒを4箇所に。
巨大なのでワイヤーでそれぞれ2箇所固定。可動なので後の調整が便利。
今回グルーガンは一切使わなかった。
土台にコノテヒバの葉を差し込む。
実付きのコノテヒバと赤松の松ぼっくりをバランスを見ながら配置。

fc2blog_20161209190815498.jpg
fc2blog_20161209190127751.jpg
落葉松の枝付き松ぼっくりもワイヤーで固定。可動域があるので微調整がしやすい。赤い実が残った南天の枝を適当な長さに切って土台に挿し挟む。実が落ちやすいので要注意。
fc2blog_20161209190229b19.jpg
バランスを見てコノテヒバの葉を足す。
おおよそ完成。
    
fc2blog_20161209190329f05.jpgfc2blog_20161209190406af9.jpg
吊るしてバランスを見る。松ぼっくりの位置を調整して
裏側のワイヤーを固定。

ほぼ完成。
20161209 DSC01243松ぼっくりとヒバでリース完成

コノテヒバを少し足して玄関へ。

実は、子供のフランス人のお友達に頼まれて松ぼっくりをどっさり送ることになり、普段ならそのまま使ってしまいそうな松ぼっくりを、衛生上の心配から2,3回湯洗いしたのです。乾燥させるのにも日数がかかりました。
ダンボール箱に入りきらない余った松ぼっくり。もったいないので私もと、久しぶりに作ってみました。^^
豊かな自然と、きっかけをくれたマドモワゼルに感謝です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (5)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード