木曽路つれづれ

先週の金曜日、2月20日のこと。
春節で帰ってきた夫が「出かけよう」と
急きょ二人で決めた温泉1泊&帰省。

今日はその道中を回想。

この日は高速を使わず、国道361号線、権兵衛トンネルを抜けて木曽側へ。

2006年に開通したこのトンネルは高速道路のように快適、でもfreeでありがたい^^
昔は峠の狭いうねうね道がきつくて、車酔いして以来寄りつかなかったけど。
トンネルを出ても路面には雪はなくスムーズでしたが、道の脇には雪、結構残ってました。
少し進むと面白いループ橋・・・きつい勾配を抑えるためとか。
だけど雪が積もったり、凍ったら怖そ~。


トンネル出た所は塩尻市…なんかピンとこない。
平成大合併以前は木曽郡楢川村
中央アルプスの将棊頭山から湧き出し、
ここの南北に細長い山あいに流れる奈良井川が北へ、信濃川…つまり日本海側へと。
同じ山から西へ流れる水は木曽川へ、東は天竜川へ。
どちらも太平洋に注いでいるから、すっごく不思議。
分水嶺って面白い。


国道19号(中山道)に出たところは木曽町かな。
そして南下。
ナビで蕎麦屋を探して、「くるまや本店」さんに行こうとしたら
「くるまや国道店」さんを先に発見。そこで昼食。
私はかき揚げ付きの温かいのをいただきました。
かき揚げをお箸でさくさく切ってはお蕎麦にのせていただきました。
美味しかったです。
お腹が空いていたので写真無し。^^;

さらに南下して「道の駅木曽福島」でちょっと休憩。
御嶽が見えるという展望エリアに立つと
眼下に流れる木曽川の向こう側、北西、空の下に白く輝く山が。

昨秋の胸の痛む映像がよぎり、
カメラを向けることにためらいましたが、
景色そのもの、山そのものは美しいのですから。
手を合わせつつ。

20150220木曽川と御嶽山

真っ白な御嶽山、白い噴煙を少し上げています。
警戒レベルは3、入山規制は続いていますが
「警戒域・火口から4㎞」だったのが1月19日に「3㎞」に縮小され、

20150220木曽からみた御嶽山

大滝村のスキー場’おんたけ2240’がようやく、
写真の6日後、一昨日2月26日にはオープンできたようです。
TV見ていたら、今朝、ずらりと並ぶ2,000人ものお客さん。
スキーやスノボのウェア姿は色とりどり。*^^*

5月上旬まで楽しめるそうです。



川岸、向こう側に神社が見えます。

20150220御嶽神社

展望エリアの案内看板によると
御嶽山木曽本宮さん。


20150220道の駅にあった説明書き(御嶽神社)

「御嶽」の付く神社を検索したら
全国各地、あちこちに沢山あることにびーっくり。
繋がりがあるのか、それぞれの地の「みたけ」なのかは分かりません。


土産屋さんにはいって、木曽のお土産を物色。
かぶ菜を乳酸発酵させた塩無しの漬物「すんき」が欲しかったのです。
見つけたと思ったら、
「すんきと野沢菜の混ざった、塩分入りのすんき漬け」ですが、と
親切にレジの人が教えてくれました。
でも、3袋ほど購入。
他にも御嶽山の薬草が入った健康茶と歯磨きを買いましたよ。
そして美味しそうなクッキーを発見。
「松の実焼」と称するこのお菓子、
和風な名前ですが、お味は洋風。
サクサクとしてなんとも美味しかったです。
クッキー類を好まない夫も「美味しい」といくつも続けて大きな口へ。^^


なんだか、つれづれというより、
つらつらと、とりとめなく書いてしまいました。^^;

旅は続きますが、
続けて載せられるかどうかは不明です。(*^▽^*)


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード