薔薇たち~ スキャボロフェアの名の由来

庭から


路地植えの方のピエール・ドゥ・ロンサール。
咲かないかと思ったら、結構沢山咲いてくれました♪

20140630ピエールドロンサールとアナベル1

花の重みでアナベルにもたれるようにしなってます。

20140630ピエールドロンサールとアナベル2

修景バラのラブリーメイアン。
1番花はほぼ終わり、カットしました。

20140630ラブリーメイアン全体

去年より枝ぶりが良くて次の花が楽しみです。

20140630ラブリーメイアン

オールドローズのブラッシュ・ノワゼット。
小さな八重の房咲きは、とてもよい香り。
でも、今年は虫食いがひどくて今一つです。

20140630ブラッシュノワゼット

棘が少ないし、
ノワゼットと言っても伸び過ぎることがないので誘引が楽です。

line小花

ER(イングリッシュローズ)のスキャボロフェア。
玄関先の鉢で2番花を見せてくれてます。
出入りする時、見るのが楽しみなバラなんです。*^^*

20140711スキャボロフェア

この薔薇の名前、ちょっと調べてみました。
'Scarborough Fair' は日本ではスキャボロフェアで通っているけど
サイモン&ガーファンクルで有名なあの曲と同名。
そちらは「スカボロフェア」で通ってますよね。
David Austin のオフィシャルサイトを辿っていたら、
このバラの名前の由来がこの歌だったことがはっきりしました。

このバラ、アルバローズを祖先に持ってたんですね~。
どうりで茎にはザラザラした棘が多く、そして丈夫なんですね。
サイトによると年数が経つほどオールドローズ香がして、
それが時々ムスク(麝香)に似た香りが入る傾向があるとも。
うちのはまだ年数が浅いから無理かな。^^

一方、歌の方は、ウィキによると、
16~17世紀に生まれた英国の伝統的なバラードとか。
タイトルのScarboroughは北海沿岸の
中世末期から商人が集まる交易の拠点だったそうで
8月15日から45日間もの間、Fair(市)が開かれ、大陸からも大勢の人が。
そんな背景に吟遊詩人が伝え歩くうちにできた歌が'Scarborough Fair'。
サイモン&ガーファンクルの曲は19世紀末の編曲が元らしいです。

”パセリ、セージ、ローズマリー、タイム” が繰り返し入る歌詞、
4種のハーブに意味合いがあるらしいのですが
私には、フレッシュな香りが混ざったり、
時々ソリストのようにどれかが主張したり、
そんな香りが漂ってきそうな
ちょっと不思議なイメージの歌です。

オールドローズの名残豊かなこの薔薇と
’古くて、懐かしい香り’ のする歌。
そんなところからこの名前が付けられているのでしょうか。
やっと私の中で歌との繋がりがイメージできました。(^-^)


line小花

ERのグレイス 'Grace'。
これ、1番花の写真なんですけどね。

20140617グレイス柔らかい色


今は2番花の蕾がいくつか上がって来ていて楽しみです。
葉っぱが明るいグリーンで爽やかです。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Are you going to ScarboroughFair? Parsley,sage,rosemary,and thyme.
昔々、S&Gが好きで、この歌はギターもコピーしてよく歌ったものです。
関係あるのかなと思っていたら、やはりあったんですね^^
うちの庭にはカクテルと名前の分からないピンクの八重が咲いてますが、
バラってホントに優雅なお花ですね。

HALさん♪

おぉ、HALさん弾き語りされるんですね~ (*'▽'*)。
S&Gの柔らかな歌声とアコースティックな弦の響き、いいですよね。
懐かしい想い出が蘇ってくるようです。
CDが主流になってしばらく後のことなのでかなり前ですが
ふっと欲しくなって購入、今も持ってますよ。*^^*
バラの方の'Scarborough Fair'にもさらに愛着が湧いてきました。

カクテル、うちにもありますよ~♪
うちで唯一の赤バラ、一重がすっきり綺麗な花ですよね。
名前がなくてもバラには優美さがありますよね。(^-^)

No title

どれも素敵なバラですねぇ。
ぶるどねーじゅさんの雰囲気にぴったり♪
優しい色合い、やっぱりバラって好みが出ますね!
新入りさんのグレイスもほんとかわいいです。

バラの由来って調べると面白いですよね。
それが自分の何かにつながってるって感じるとまた特別な思いが加わって。

庭のデザインが決まるまでバラは買わないと決めていたのですが、いつまでたってもデザインが浮かばないので、やっぱり買うことにしました。
まずは土作りをしようと思ってます^^

うちの庭でも早くきれいに咲いてくれるといいなぁ♪

ちょしっちさん♪

ありがとうございます*^^*。
淡色とかゆるゆるが多くて、確かに好みがばれちゃいますね~。
グレイス、買って良かったです。
蕾から開花まで、色も形も変化して
どのステージのお花も可愛いいです♪

由来が分かって、それがまた別の好きなものと繋がるとイメージが広がって嬉しくなります。

おぉ、バラ買われるんですね~ (*'▽'*)。
どんな品種を選ばれるか楽しみです~。
私の場合、まず好きなバラを植えて、
足元の植栽から周辺へと考えていくの、好きですよ。

(¨*)(..*)ウンウン、土作りは大切ですよね~。
以前、オープンガーデンで見せて頂いて、
同じ品種でもうちのとは別物の様な立派な花が咲いていてびっくり。
土がフカフカでしたよ。
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード