ピエール・ド・ロンサールの開花

庭から

Meilland家の薔薇、
マリー・ルイーズ・メイアン氏作出の名花、
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)。
5月末から蕾がゆるみ始めました。
最初はくすんだような白い色。

20140529ピエールドロンサールの蕾

翌日にはふっくらと。
萼も美しいですね~。
ワクワクします。*^^*

20140530ピエールドロンサールの蕾

6月に入ってさらに膨らんで
花弁の縁にピンクに見え始めて
ピエールらしさが出てきました~♡

20140602ピエールドロンサール2つの蕾

最初の蕾から1週間後の昨日、
幾重にもなる花弁がロゼッタ状に♪♪☆(*^^☆)♪♪

201406005ピエールドロンサール開花

同じピエールの別の花。
昼に近い光が、少しアプリコット色を引き出しています。
光のなせる技でもあるけど、個体差がありますね。

201406005ピエールドロンサール開花2

夕刻のピエールと、背景の青花はクレマチス・ヘンダーソニー。

20140605ピエールドロンサールとヘンダーソニー

大きな花を支える茎は、今はまだ自立してますが、支柱が必要かも。
一つ、細い茎の先の花はうつむき始めています。


1988年に作られたこの薔薇は
みるみる花好きや薔薇好きの心をとらえて
あっというまに、何処でもみられる品種になりましたね~。

丈夫で育てやすいのもあってか、名花アイスバーグに並ぶ広まり方。
ホームセンターで花が付いてても1,000円ほどで今は買えちゃうんですね~。

うちの、路地の方のピエールは今年は花無しだけど
こうして、鉢で、深く剪定しても、しっかり咲いてくれて嬉しい品種です。(^-^)
蕾から開くまで、幸せ感がありますね~。
花の大きさが同じくらいのヘリテージに香りではとうてい及びませんが、
蕾から開花までの長さと花持ちでは優っている気がします。



       見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード