山の名前(北アルプスなど)

前々回の続きです。
いったいいつのよ~って、つっこまないでくださいね。^m^

写真を見ながら北アの山の名前を調べてみました。
備忘録にも。^^

どなたか間違いに気付かれたり、
見えているのに分かっていないものがあったら教えてくださいね。
(安曇野市や信濃毎日新聞社系のサイト、山好きさんの個人サイトなど参考にさせていただきました。)

山の形は見る方角によって全然違うので覚えきれませんが、
名前が分かると面白いです♪

名前を入れた4枚は安曇野SAの展望台から見た写真です。
展望台と言う割には煙突などが大きく目に入って邪魔ですが
でも、案外目印になって調べやすかったりしました。

まずは、パノラマ写真。
一番近くに大きくそびえる常念岳から白馬三山と右の小蓮華山(大日岳の別名も)まで望めます。
左から有明山、餓鬼岳までを常念山脈と呼ぶそうです。
そして奥に見える針の木岳から右端までは後立山連峰です。
北アルプスは長く連なって稜線が白く美しいのがなんとも魅力的♪

20140315梓川SAからの展望

でもこの場所から見えているのは、3,000m越えのは一つもないんですね~。
一番高い山は白馬岳の2,932mということにびっくり。
もちろん見えていないだけで、奥には3,000m越えの槍ケ岳や立山など、
左方面奥には穂高連峰が聳えてるんですけども。

山一覧を見ると
日本の最高峰はもちろん富士山ですが、
2番目は南アの北岳(3,193m)3番目が北アの奥穂高岳(3,190m)…
て、順番なんてどうでもいいネ。^^

この場所から一番近くに迫力で望める山は常念岳。

20140315常念岳と横通岳


燕岳は昔から松本周辺の中学が学校登山に選んでいる山。
家の辺りで言えば、中央アルプスの西駒(木曽駒ケ岳)のような存在でしょうか。
そう、信州で育った人ならほとんどが
3,000m級の山を遠足のように登ってるってびっくりなんですよね~。

燕岳、大天井岳から槍ヶ岳を目指す表銀座が一般にも人気のようですね。
私も若い頃、登山をする友人に連れて行ってもらったんですが、
天候が悪くなって燕岳だけで下山しました。

有明山も常念山脈に数えるようです。
地元では有明富士として親しまれてるとか。

20140315燕岳と有明山

爺ヶ岳より向こうは麓にスキー場が一杯あります。
鹿島槍はそんな中でもとても懐かしい名前のひとつ。
昔は、上の方のゲレンデ以外は急斜面が多く、
すり鉢状の細長いコースと、確か「月の灘」とか呼ばれた急斜面を
初心者は無理をして転がり降りるか、
リフトに乗って降りるしかないという場所だった記憶なのだけど。
私も、転がり降りた部類でした。^m^
今はすっかり様変わりして充実してるようですね。

20140315蓮華岳から鹿島槍ヶ岳

白馬方面は連なる峰がまた綺麗ですね~。*^^*
こちらもスキー場が一杯。
なかでも八方尾根っていうと、かなりな人気だったけど今もそうかな。
白馬村はソチ五輪で感動をくれた上村愛子選手や渡部暁斗・善斗選手の故郷ですね~。
冬はスキーやスノボ、
夏は登山やゴンドラリフトを使ったトレッキング、高山植物観賞、人気の避暑地です。

20140315五竜岳から白馬乗鞍岳

なんか、いつの間にか宣伝になってる?^m^

梓川SAを出て安曇野IC方面に向かう高速からの写真。
雲がかかってるのが五竜岳、赤い前々車の正面に白馬三山が仲良く並んでいます。
ほんとに綺麗!! 助手席で良かった。^^

20140315安曇野ICの少し手前の景色

そして、帰り道、松本南辺りかな。
チェーン着脱場の看板の左側に見えてきてるのは高ボッチ方面かな。

20140315高ボッチ方面1

よーく見ると向こうに白い山並みが…八ケ岳??
看板が邪魔だけど、ちょうど左脚辺りにも…南アルプス??
この位置から八ケ岳は変かも・・・??(・_・*)??
いつかはっきりするまで宿題かな。

201403152高ボッチ方面

もう少し南に進んで左手に見えてきたのは雪をのせた鉢伏山。
美ヶ原も含めた筑摩山地の一つらしいです。
ここも高ボッチも八ケ岳中信高原国定公園の内に入ってるって知らなかった~。

20140315鉢伏山
               アルバムはこちら



ちょっと疲れてカメラをしまったのですが、
岡谷ジャンクションに入る頃、諏訪湖の向こうに八ケ岳と
富士山が一瞬だけど、はっきり見えましたよ~。

なんだか山レビューになっちゃいましたが、
またいつかの楽しみができました。*^^*




       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

お久し振りですね^^

お嬢様、大学院のご卒業おめでとうございます。
成人過ぎていても、学生というのはまだまだ親がかり(我が家の場合だけかもしれませんが^^;)なもの・・・ご心配なこともおありでしょうが、ひとまずは一息つけますね^^
ご両親そろっての卒業式。。。我が家も次女の卒業式はそうでした^^

山の名前・・・写真をクリックすると大きくなって、より山並みがハッキリ!
そのなかで、白馬は長女の高校の修学旅行で登山した山です^^
懐かしかったです~(#^.^#)


タクママさん♪

ありがとうございます。*^^*
はい、まだ当分親がかり…心配の種はつきません。
でもとりあえず一息、記念すべき日の嬉しい時間となりました。

クリックして大きくして見て下さったんですね。 (*'▽'*)
おぉ、長女さん、白馬岳に登られたんですね~。
中京地域や関西方面からスキーの修学旅行というのはよく聞くけれど、登山ってすごいですね~。
タクママさん、心配されたでしょう。
高い山なので長女さんはちょっと自慢できますよね。(*'-^*)

No title

お元気そうで何よりです!

娘さん、大学院をご卒業されたんですね。
おめでとうございます!!

山の数がすごいですね~。
こんなにたくさんあったら名前を覚えるのも大変そう。
信州の方ってやっぱり山登りされるんですね。
3000m級なんて私には想像がつきません^^;
高山病とかにはならないんですよね、きっと。
高山植物を見に山登りしてみたいです!

ちょしっちさん♪

ありがとうございます。*^^*

信州は山だらけですよね。^m^
ポコポコとピークがあるのに、名前のあるのとないのと…^^;
面白いのは、春先の雪形から付いたものが結構あって
例えば、お坊さんの「常念坊」が現れて常念岳とか、
「代馬(しろうま)」が現れて白馬岳とか、農作業開始の合図だったみたいです。

学校行事に登山って、私もびっくりしました。
それも、ジャージで行っちゃいますからねぇ。w(*゚o゚*)w
こちらの遠足は文字通りで、小さい頃から足は鍛えられていて、
保育園の頃から遠足の距離が徐々に伸びて、
小6ともなると登山口まで車で30分かかるような高原
(標高1,200m、高低差は500mくらいかな)を全部徒歩で行って登って帰って来ます。

高山病は怖いので、
体調が悪くなる子は先生が引率して即刻下山してくるようです。
無理せず降りればすぐ治りますからね~。^^

私も、そう、高山植物は見に行きたいんですよ。
なかでも白馬周辺は気になります。
↓は去年のだけど、今年、行ってみたいなぁ。
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/privilege/hanazanmai/
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード