松川渓谷の雷滝

6月29日の遠出の最終回です。

小布施を15:00前に出発して最終目的地、高山村の雷滝へ。
友達から穴場と教わって、今回一番行きたかった目的地。
松川渓谷(紅葉と温泉で有名と後で判明)沿いにある滝です。

カーナビによると、約20分の予定。
県道66号線を東へ、なだらかに上りしばらく行くと山間へ。
赤い大橋(高井橋)が現れました。
橋の下には清流松川が流れます。
渡って少し、山田温泉が現れました。
信州高山温泉郷の7つのうちの1つだそうです。
ひなびた温泉街だと聞いていたのだけど
何件かお宿が並び、落ち着いた感じ。
老舗らしき、どっしり立派な趣の旅館や庭も。
ちょうど御到着らしき湯治客を迎える様子が車窓から伺えました。

後から分かったのだけど、ここは200年余り前に開湯され、
江戸時代には小林一茶、明治大正時代には森鴎外、与謝野晶子らが滞在していて
そのときに詠んだ句や歌の碑が点在してるんだとか。
大湯(共同浴場 男女各内湯)は
どっしりした構えの、全木造、檜風呂の名湯らしいです。
(6:00~21:00、大人300円、毎月第三水曜定休)
いつか試してみたいです。^^

さらに行くと、右手に小さな小屋風の土産物屋の左隣に
10台くらい停まって満車の駐車場があり、雷滝の案内が。
通り過ぎてしまったので、少し先でやっとこさユータンして
土産物屋の側道脇に停めさせてもらって
いざ、滝の方へ。

DSC01037雷滝説明

案内板をそのまま引用します。^^

『高山村指定名勝  雷滝(かみなりだき)

松川本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので
「雷滝」といい、滝の裏側を通り見れることから
別名「裏見の滝」とも言う。
この奥142メートルにあり、落差約30メートル川幅29メートル
左の岸壁の高さは約40メートルである。
この滝は、珪化されて硬くなった凝灰角礫岩で
松川の浸食によってできたものである。
滝口は流路の変化によって変わっており
浸食されていく様子を見ることができる。

平成十六年三月設置
     高山村教育委員会』



山道を谷の方へどんどん下って行きます。

20130629雷滝への下り道1

綺麗に整備されていて歩きやすいです。
木々の匂いが本当に爽やか♪
滝の音も聞こえます

20130629雷滝への下り道2

急こう配の階段になってきました。
ひんやり気持ちがいいです。
足場も湿ってきました。
そして階段阪の下にしぶきが見えてきました。

20130629雷滝への下り道3

名前通り、轟音が鳴り響き大量の水が落ちています。
松川本流がそのまま30m落下してるわけですから迫力です♪

20130629雷滝をを横から

40mの岸壁と岩の屋根に守られて裏側から滝を望めます。
でも、足場は濡れているし
ポタポタ天井から水が滴ってくるので、カメラは要注意です。

20130629雷滝の裏側から

柵に守られて滝の裏側を通って向こう岸へ。
ちと記念撮影、はいお父さん。

20130629雷滝裏側にて

向こう岸の階段を下りたところで、
はい、今度は私、パチリと撮ってもらいます。

20130629雷滝向こう側から


向こう岸階段下の踊り場から見上げて撮りましたよ~*^^*
霧がたちこめて、マイナスイオンたっぷり~♪

20130629雷滝落ちるさま

同じ場所から滝つぼを見下ろすと、
その向こうは何事もなかったかのように
清流松川は下って行きます。^^

20130629雷滝から川へ

滝の雄姿を満喫したらユータンです。
滝の裏を人が歩いているでしょう。
人を避けて撮っていたから写ってないけど
こんな穴場的な場所に結構な観光客が来てました。
外国人(東南アジア系?)さんもいましたよ~(*゚o゚*)。
シャッター押すのを頼まれました(*'-^*)。

20130629雷滝の勢い


似たような写真をスクロールして見るより、動画の方が早いですね。^m^
後だしですみません。^^





森のフィトンチッドと、滝のしぶきのマイナスイオンたっぷり浴びて
最高に気持ち良かったです。


駐車場の御土産屋さんでお茶petを買って、
(180円はちと高~い、けど、駐車料金と考えれば...^^)帰路につきました。


早足だったけど盛りだくさんの
なんとも幸せ一杯な一日を過ごせましたとさ。(^-^)


いつか小布施でのんびり1日散策、
いい季節だったらもう1日、中野でバラの庭を堪能、
そして松川温泉郷のお宿に泊って
のんびりお湯に浸かって旅を終える、な~んて、いいかも。
って勝手にツアー、空想してしまいました。( ^^)T



line小花


たった1日のプチ旅行を3回に分けてご紹介しました。
長々とお付き合いくださってありがとうございました。




       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ご主人との、プチ旅行、楽しそう。

いやあ、すごい滝ですね。
これは涼しそうだし荘厳です。

小布施の街も良いですね。

確かに。ゆっくりできると良いですよね(^^)v

アルパパさん♪

はい、楽しかったです。*^^*
この日はとても天気も良くてラッキーでした。

ほんと、名前通りの迫力の滝でしたよ。
滝の裏側を通るなんて経験は初めてだったし
面白かったです。

小布施の街は魅せられました~♪^^
他にもゆっくりまわってみたいです。

『ピーナッツの唐辛子炒めって珍しい~(*゚o゚*)。
四川料理は中華料理の中でも辛いんですよね?
坦々刀削麺、食べてみたいかも。^^
中国人のお客さんが多いってことは
祖国の味に近いってことなんでしょうね~。
でも、ビールはもっと冷やしておいて欲しいですよね。^^;

ネジバナ、咲いてますね~。
可愛いですよね。
うちの芝生もネジバナ花盛りです。
シジミチョウかな?こちらも、可愛い。
でも、見上げるアルちゃんはもっと可愛いです♡

お天気よかったんですね。
こちらは月曜からずっと、よく降りました~。^^;』

こんばんは~^^

小布施の旅。。。良かったですね~♪
服装からしてそれ程暑くなかったようですね。こちらは蒸し暑くてたまりませんよ。 そして、滝の画像は迫力満点! 動画もバッチリです^^
見てるだけでも涼しさが伝わって来ました!
私も、チョロチョロした滝の裏側を通った事があります^^; 迫力無しでしたが...(@@;)

またいつか、のんびりゆっくり、小布施を楽しんで来て下さいね~^^
温泉。。。外せませんよ~♪

タクママさん♪

タクママさん、こんばんは~*^^*

はい、小布施は予想外に良かったです。
そして、お目当ての滝も楽しめました。^^

ずっと半袖でちょうど良かったのですが
この雷滝の駐車場で車を降りたら、
すこしひんやりする気がして
持っていた麻の上着を着て行ったんです。
木陰に入るなり涼しくて
滝の近くはミストでさらにひんやり。
着てて正解でした♪

そちらは蒸し暑いんですね~。
こちらは今週ずっと雨で、肌寒い日も。^^;
晴れると暑いし、調子狂います。><

はい、温泉はいいですよね~(^-^)
信州は温泉天国(*^-゚)v。
いつもは近場ばかりだけど、
いつか、ここも利用したいです♪

いいな〜!

おぉ〜、ほんと轟いてますね。
迫力ありますね〜、人が一緒に写ってると滝の規模の大きさが良くわかります。
山道も涼しげで気持ち良さそう!
でも、行きはよいよい帰りは怖い じゃなかった? 

水がとっても綺麗で、清流ってのがわかります。
フィトンチッド&マイナスイオンを全身に浴びて身も心もスッキリでしょうね。
ここはプチ旅行の最後にふさわしい場所でしたね。
さぁ、また明日から頑張ろうって気になれそうです。
温泉に行きた〜い!

コトコトさん♪

迫力ありました~。*^^*
そうですね、人が写った方が規模が分かるんですね。
綺麗な景色だけ写そうと人を避けて撮ってたけど
滝だけの画像だと、規模が分かりにくいですね。

山道、ひんやりでしたよ。
かなりの勾配だったので、帰りの上り階段はきつかったです。^^;
10分もかからない距離で助かったけど。^m^

フィトンチッド&マイナスイオンをたっぷり浴びて
清々しい気持ちでプチ旅行を終えることができました~♪
次回は泊りたいな~。
日帰りでも、タオルや着替えを用意して
是非とも、温泉入りたいでーす。(^-^)
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (5)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード