6月末の庭風景

6月も最後となりましたね~。
今日は過ごし易いお天気となっております。

昨日は夫と北信地方へ出かけて楽しかったのですが、
その反動やら、キジバト雛ちゃん事件やらで
今日は、ちと、へこんでおりましたが、
気を取り直して、庭写真アップしまーす。^^


line小花



玄関から見た庭の景色です。
もうしばらくラベンダーが楽しめそうです。

20130625玄関から見た庭

左へ目線を移すと、アナベルは広範囲に花盛り♪
赤葉のメギと銀葉のサントリナ、
黄色いアルケミラモリスの花との景色。
お気に入りです。*^^*

20130628アナベルとアルケミラの景色

咲き進んだ白花と、グリーンの残る咲き始めの花。

20130628アナベル1

爽やかな色の組み合わせが好きです♪

20130628アナベル2

枝垂れ気味のアナベルに隠れて
実は、山アジサイ「紅(くれない)」がひっそり咲いています。
咲き進むと白から紅色へ。
でも、日が当たらないからどうかな~?
この秋にでも、別場所へ移植しようっと。

20130628紅

メギの新芽は鮮やかな茜色。
赤系の葉が晩秋まで楽しめる低木ですが、
棘は長く鋭いので、触る時は要注意です。^^;

20130627メギ


ちょっと場所を変えて、一番南側にある夏椿。
蕾が一杯ついていますよ~♪
葉が落ちた後の冬の波打った樹形や
成長とともに樹皮がめくれて現れるなめらかな樹の表面。
そして春の芽吹きが美しい樹木です。

20130628夏椿の蕾1

別名はシャラとか沙羅双樹(サラソウジュ)とか言われていて
昔、学校で暗記させられた「平家物語」冒頭の、あの植物です。
『祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす・・・』
ただ、仏様の沙羅双樹は別物で、
本物はインド原産の熱帯樹、日本では育たないそうですよ。^^;
なので、夏椿と覚えておいた方が無難ですね。

眼の高さの蕾も少しずつ膨らんでます。

20130628夏椿の蕾2


木の上の方から花が開くので
今はちょっと撮りづらいです。
でも、清楚な白いお花はとても素敵なんです♪


20130627夏椿の花

このお花、一日花ゆえ「無常」を連想させるのでしょうね。
椿の花のようにポトリと落ちてきます。


東側、イチイの垣根の近くに色んな花形のルトベキアが。

もともとはこちらの、「グリーン・アイ」を購入したのですが、
実生で違う方が増えてますね~。

20130630ルトベキア・グリーンアイ

増えすぎて大分取ったのですが、元気です。^^
こっちの方が可愛いかな~*^^*

20130627ルトベキア

なんと、八重咲きのもあるんですよ~。
去年はなかったような(¨*)。

20130627八重咲きルトベキア

庭の隅に追いやられてますが、
元気なビタミンカラーもいいですよね~。^^




     読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

素敵っ!

玄関から見たお庭の風景、とっても素敵ですっ!
ナチュラルな感じがすごく好みだわ〜。

アナベルコーナーのお花の組み合わせもいいですね。
アナベルだけでももちろん素敵だけど、下草のシルバーと黄色やお隣の赤葉がアナベルの美しさをいっそう際立たせてますね。
この景色がお気に入りって分かります〜。

沙羅双樹って夏椿のことだったのね。
まんまるな蕾も可愛いし、お花はやはり気品がありますね。
お茶花として使ってもいい感じ。

いろんなルドベキアがあっていいですね。
夏はこんなビタミンカラーのお花から元気をもらえそうです。

アナベル

素敵なお庭ですね♪
アナベル、私も欲しいです。
こんもりと丸く、薄グリーン~白…その変化を見てみたい!

夏椿もたくさんの蕾ですね。
私ん家、今年は花数が少なかったです。

春から初夏にかけて庭が1番輝きますね。
素敵な写真をshareして下さり感謝です。

 ↓ キジバトの雛、可哀そうなことになってしまいましたね。
とても残念です。親鳥も元気出してくださいね。

No title

かわいいお花がたくさん咲いてますね!
色の組み合わせの感じがとっても好きです。
うちもこんな感じにしたいのに、気づいたら全然違う感じになってます。
おかしいなぁ^^;

メギ欲しいんですよー。
こちらでも人気があるようで、いろいろ見かけます。
庭の整備が進んだら、うちにもお迎えしたいです!

キジバトのヒナ、残念でしたね!
どこかで元気でいてくれたらいいのですが。
すごくショックでしょうね・・・。
うちも毎日ロビン君がくるので、もしロビン君に何かあったらと思うとすごーく不安です。
でも野生の動物だからどうしようもできないですもんね。
親鳩が元気そうだから次に期待ですね!
あまり落ち込まないでくださいね^^

No title

ぶるどねーじゅさん おはようございます(〃'▽'〃)ノ☆

キジバトのヒナちゃん可哀想に、残念でしたね~~(ノ_・。)
またどこかで元気なヒナが育ってくれますように♪

お庭のアナベルが大きく育っててスゴイッ★'v'*ノ)ノ
グリーンから白の色合いがとっても爽やかで、美しいですネ^-^v
夏椿も綺麗ぃぃ~~♪
一日で終わってしまうお花なんですね。
儚いお花。。( u_u)

ルドベキアは元気いっぱいですね(*'-^*)
八重咲きもあるんですか~~!
ビタミンカラーのお花は パッと目に飛び込んで来ますよネ^-^v

コトコトさん♪

ありがとうございます~*^^*。
今年はラベンダーが頑張ってくれて嬉しです。
アナベルはものすごい勢力で広がって、
紅や、墨田の花火を覆ってしまっているけれど、
花期が長く、秋にはドライフラワーにもできるので
イメージの広がる楽しいお花ですね~。
どこで切っても来年確実に咲くという楽さもね~。^^
そして、これと他の植物の葉や花の色合わせが
偶然、しっくりいってお気に入りのコーナーなんです♪

そうそう、平家物語でいう沙羅双樹はこの夏椿なんです。
はい、確かに和の上品さがあって
お茶花に良さそうですよね~。(¨*)(..*)ウンウン

ルトベキアからすると庭の隅っこで待遇悪いけれど^m^
色んな形の黄色い花は、パッと気持ちが明るくなります。(^-^)

egao44さん♪

ありがとうございます。*^^*
アナベルは最近結構、お値打ちで出回ってるように思います。^^
そう、グリーンホワイト→白→グリーンと変わるんですね~。
何が楽って、他の紫陽花みたいに、
花芽を気にしながら剪定しなくていいんですよね。
ローメンテで「可愛い」が長いとくるから、お勧めですよ~(*^-゚)v。

おや、egaoさんとこの夏椿は花数少なかったんですね。
去年がすごく多かったとか?
当たり年とかあるんでしょうかね?

ほんと、春から初夏が一番輝きますね。^^
ついつい調子に乗って沢山写真を撮ってしまいます。^m^

キジバトの雛は。。悲しかったです。
でも親鳥は無事だから、次はどこかできっとと願ってます。

ちょしっちさん♪

ありがとうございます。*^^*
色の組み合わせは、ここに落ち着くのに結構年数かかりました~。^^;
庭を作り始めた当初、欲しいお花の顔だけで選んでたら
色の洪水のようになってしまって。。w(*゚o゚*)w
花の時期は限られてるし、葉っぱが意外と重要みたいです。

いやいやでも、ちょしっちさんおお庭、
とっても素敵ですよ~。(^-^)
それに、ガーデニングの家元のようなお国柄だから
お洒落な素材や仕立て方、色々楽しめそうですよね。 (*'▽'*)

メギ、アクセントになる葉色ですよね。
確か、別の色のもあったような。(¨*)

キジバトの雛は可哀想なことになっちゃいました。(TT)
そうですね、ロビン君と毎日会えると、
もうお友達というか、家族というか、
大事な存在になってるんでしょうね。
毎日元気に来て欲しいですよね~。^^

お気遣いありがとうございます。
昨日はちょっとへこんでいましたが、
考えてもどうにもならないし、
今日は午前中から薔薇を2鉢植え替えて
身体を動かして気分がすっきりしましたよ~。(^-^)/

miyaさん♪

miyaさん、こんにちは~~♪

そう、キジバトの雛ちゃんはすごく残念でした~。(TT)
でもまたどこかで、ちゃんと育ちますよね~。
何度もトライする種類の鳥らいしので、
そっと祈ってます。^^

アナベル、すごいでしょう~。 (*'▽'*)
最初の挿し木苗からは想像もつかない旺盛ぶりです。
当初3年くらいはちっともだったんですけどね。^^;

夏椿は和の雰囲気が清楚なお花ですよね~。
そう、一日花というのが儚いけど。
今朝見たら、沢山根元の芝桜の上に落ちてました~。^^;

ルトベキアは元気な色ですよね。
ビタミンカラーはなんか力をくれますよね~。
そう、実生でなぜか八重が出たんです。
面白いですよね~。^^
どんな花にせよ、育種をする人って、こういうのが楽しくて
ハマって行くんでしょうね~。*^^*

残念・・

キジバトは残念でした・・。
やはり自然は厳しいですよね。
みんながみんな育っちゃったら、そこらじゅうキジバトだらけになっちゃうだろうし、
多分これでバランスがとれているのだろうと思いますが・・、
やっぱり巣立ちまで見たかったですね。
巣は同じのを何度も使うのでしょうかねえ?

HALさん♪

ありがとうございます。

ほんと、厳しいですね~(〃´o`)=3。
でも確かに、おっしゃる通り、
100パーセント育てば
そこらじゅうキジバトだらけですね~(¨*)(..*)ウンウン。
それはまた、困りますよね。
率が悪くても、種の保存に足りるために
ほぼ年中繁殖できるすべを得てるわけなんでしょうしね。
残酷にみえるけど、
他の生き物と持ちつ持たれつしてる訳なんでしょうしね。

ただ、そう、巣立ちまで観られるかと
つい有頂天になってた自分のアマチャンぶりが、なんとも。。

巣は、小枝を集めただけの、かなり簡素で小さなものでした。
どうも、そういう習性らしいのですが、
同じ巣や、モズやヒヨドリの使ったものを
再利用したりもするらしいです。^^;
今のところ、戻る様子はなさそうですけどね。^^

No title

何時もお庭の手入れが行き届いていて素敵!
何時も拝見していて思うんですが
一体何種類の花達を育てているのかと・・・
管理だけでも大変ですもの
花の名前もちゃんと覚えているし~
私なんか植えるのはいいけど
その後は・・・・なんてねi-182i-203

雉鳩 残念でしたね!
でも、子育ての様子や雛も見られたし
きっと他の場所でまた巣作り始めていますよ!

tibikarinnさん♪

褒めてくださってありがとうございます。*^^*
何種類あるか、数えたことないので分からないです。
整理してみようと思いつつ、なかなか。
結構、植えっぱなしなんですよ、実は。^^;
名前はここで思い出すので覚えるとも言えるかも。^m^

そう、キジバトの件は残念でした~。
そうですね、子育ての様子を見られたのは
ラッキーと言っていいですよね♪
貴重な経験をさせてもらいました。
ありがとうございます。(^-^)
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード