ER・ヘリテージの開花

今年来た子、
イングリッシュローズ・ヘリテージの開花です。


line小花


5月26日、いつもの苗屋さんに寄せ植え用の苗を見に行った時

20,130,526グリンファームから将棊頭山
苗屋さんの南西側にみえる将棊頭山。
中央アルプス、木曽駒ケ岳に続く山です。まだ白いキャップかぶってました。



前から気になっていたけど出会いのなかった品種を発見。
弱々しい大苗の隣で1鉢だけ元気にいくつも枝を張り蕾を沢山持っていて。
「見るだけよ~」のつもりで入ったバラ苗コーナーなのに、
つい手が伸びてました。^^;

20130627ヘリテージ大苗

大きいコンテナに植え替えて
養生のため移動したER・スキャボロフェアのあった場所に。

6月13日には、立派な蕾が。*^^*
玄関側から、手前の寄せ植えのラベンダーと一緒にパチリ♪

20130613ヘリテージとラベンダー

庭側から見るとこんな感じ。

20130613ヘリテージ

そして14日、膨らんできましたよ~♡
蕾はわくわくしますよね♪

20130614ヘリテージ

15日、雨上がりの朝、開花です。

20130615ヘリテージ

優しくて爽やかな、良い香りです。
雨に当てない方がいいのだけど、
どこかしっとり良い表情に見えます。

20130615ヘリテージ

そして17日、つまり今朝。
黄色いしべが見えています。
日差しを浴びるとまた表情が変わりますね。

20130617ヘリテージ
             アルバムはこちら


ERの代表格…丈夫だといいなぁ。(¨*)
信州とはいえ、高温多湿気味な日本の気候に負けませんように。
四季咲きなので楽しみです。(^-^)

写真はないけど、昨日17日、
ERスキャボロフェアのブラインドを切り、
根鉢を崩さないように一回り大きなテラコッタに植え替えました。
新芽が上がって来てるので期待です。
ほんとは冬にしなくちゃいけなかったんだけどね。^^;




       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~^^

ER・ヘリテージ・・・ぶるどねーじゅさんと出会って良かったね^^)/

そう思えるほど、優しいガーデン作りですよ、とってもとっても^^

お花の一本一本が、ご主人の意を汲んでみんな優しい~可憐です。

でも、害虫退治は大変でしょ?うちも無害だったシソの葉にポツポツ穴

が開き始めました。まだ、少しですけどね。なにか、虫退治の秘訣はあ

りますか? 

名前をメモφ(゚-゚=)メモニャン

わぁ~、ぶるどねーじゅさん また買っちゃった!

でも吸い寄せられて手が伸びる気持ち よ~く分かります。

蕾のわくわく感もたまりませんね♪
優しい色!香りも素敵なんですね。

スキャボロフェアの名前を聞いて、
昨年サイモン&ガーファンクルの歌を思い出したことを
今思い出しました!
確かあれもピンク色。

よくもこれだけのバラの名前と違いが判るものだと
感心することしきりです。

大切なバラたちがうまく成長しますように。


優しい色!

開花おめでとうございます!
『ぶるどねーじゅさん、私を連れて帰って!』って聞こえました? ふふふ

優しいお色で花びらの枚数が多い事!
黄色いしべもかわいいな〜。
蕾もたくさん見えますね、四季咲きってのも嬉しいv-254
ラベンダーとの相性もバッチリです。

スキャボロフェアってどんなバラなんでしょう。

ご紹介

またまたこんばんは!

次回コメントするときに ぶるどねーじゅさんにご紹介したいブログを見つけていたのです。
なのに書いている途中で すっかり忘れてしまって…
次回と言ってたら また忘れそうなので、今ご紹介を!
バラ好きの方のブログです。
よかったら ご覧くださいね。

  http://atelierlumiere8.blog.fc2.com/

No title

さすがですね!
ぶるどねーじゅさんのかかれば、
どんなお花も、そこを居場所に変えてしまうようです。
こんな風に選んでもらって、そして花開かせて幸せなヘリテージ♪
まだまだ目を楽しませてくれそうですね。
この優しいサーモンピンクがいいです。
そして一緒にいるラベンダーと色合いがいいですよね。

タクママさん♪

ありがとうございます。^^

色あいも形も、そして香りも素直な感じのERって気がします。
支柱なしでも咲いてくれてるのが嬉しいです♪

害虫はね~、気が付くころには…ですよね~。><
玄関先にあると見つけやすいのが利点ですが。
毎朝、観察して補殺するのが確実のようです。

シソの葉にポツポツ穴があくというと、
その虫はまだ小さいので小さいうちに見つけられるといいですね。
毛虫だと、辺りに糞が落ちてるはずなので
その上辺りを探すと見つかること多いです。
我が家は、アルケミラモリスがよく毛虫に食べられます。^^;
見つからないなら、ヨトウムシの可能性もあるので
夜見つける、もしくは明るい時間なら、株元の土を少し掘ってみると
案外簡単に見つかります。
飛んでいくタイプの甲虫だとちょっと捕まえにくいけど、
コガネムシみたいのだったビニール袋に落とすようにして入れて
集めると案外簡単です。
バッタの赤ちゃんみたいのは捕まえにくいから困りますね~。
(捕まえたことないです。^^;)

うちも、バジルの葉っぱが大きくかじられてました。
誰の仕業やら。ε-(´o`;

egao44さん♪

そう、買っちゃったんです。^^;
大好きなイングリッシュローズ、地植えのがエヴリン1つ
鉢植えがスキャボロフェア1つだけで、
ちと寂しいなぁという気持ちもあったんですね。
枯れちゃったキャサリンモーリーのあった所に地植えしようか
鉢で持とうか、迷いながら、手が伸びてました。
でも、もう今年は買わないぞ~~っと、(怪しいもんだって?^m^)

スキャボロフェア、
そう、サイモン&ガーファンクルの名曲ですよね。
花弁が少なめの、ゆるゆるカップ咲きのERです。
良かったら、去年のですが見てやってください。
http://dogwithflower.blog55.fc2.com/blog-date-201205.html

特徴的な薔薇や自分の育てたことのある薔薇は分かるけど
知らないのの方が断然多いですよ。


そしてすてきなブログを御紹介下ってありがとうございます。
絵画教室をなさってる方のブログなんですね~。
センス抜群でうっとりです。*^^*

コトコトさん♪

ありがとうございます。*^^*
はい、そんな風にしっかり聞こえちゃいました~。
この出会いはきっと運命かと。^m^

1996年のオースティンのコレクションカタログをいまだに大事に持ってるんですが
ヘリテージは1984年作出で、そこには
「弊社がERに求める特質のほぼ全部を具備したバラ。
現在までの弊社育種バラのうち最上のものの一つ」とあります。
そのイメージがしっかり頭のどこかに残っていたみたいです。

スキャボロフェアは、ゆるゆるカップ咲きの可愛いバラです。
雨が降ったり、暗くなるとコロンとすぼむのがまた可愛いんです♡
なかなか丈夫みたいですよ。
強健種のNo2に挙げている人のサイトをみつけました。
去年の記事ですが、写真載せているので
良かったら見てやってください。

http://dogwithflower.blog55.fc2.com/blog-date-201205.html

すずママさん♪

褒めてくださってありがとうございます。*^^*

イングリッシュローズは日本の気候で
素人栽培はなかなか難しい気がしますが、
四季咲き強健種で、花の姿も香りもいいのを選べば
素人でもなんとか長く楽しめるのではと。^^
玄関先にあると目に留まるので世話がしやすいです。
肝心なのは花の後。
ついつい放っちゃうんですよね~。^^;
今年はちゃんと世話をして
来年も同じように咲いてくれるといいなぁ~。(^-^)
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード