南国の旅 2日目 美ら海・最終回 (大水槽の動画あり)

イルカの補足です。
ショーの時、説明があってびっくりしてたんですが、
前記事で載せ忘れました。^^;

イルカを含むクジラの仲間は哺乳類ですが、
5500万年前、カバに近い、蹄のある4つ足動物が
海に戻って進化したそうなんです。
エサを求めてか、環境に順応して5500万年、
イルカたちの様なハクジラ、
巨大なシロナガスクジラのようなヒゲクジラに分岐していったんですね~。
スケールの大きさ、生命の神秘を感じます。

line小花

イルカ・ラグーンの北隣はウミガメさん。
沢山いましたよ。
砂場もあって、産卵もできるみたい。

ウミガメ

そして次はマナティ。


マナティ館

人魚伝説のモデルのアメリカ・マナティ。
メキシコから贈られたそうです。
その子供のユマちゃんはこの水族館生まれ。

水が濁っていて見えづらかったのだけど
お母さんと娘の2頭がゆっくり寄って来てくれました。*^^*
動きゆっくり、おっとりさんですね。

マナティ親子

ご飯はキャベツやニンジンなど色んなお野菜をもらってるとか。
運がいいと食べてるとこが見られるそうです。

説明のプレート、読みやすいので、大きいままで失礼しまーす。
50~70歳の寿命というのは長くていいですね。^^
祖先は「歩く人魚」という、カバみたいな4足草食獣。

マナティ説明

ジュゴンとはずいぶん違うんですね。
尻尾がまるいのがマナティ、三角のがジュゴン。
どちらもカイギュウ目で、絶滅危惧種なんですね。
下の地図から種類によって生息域が違うのが色分けで分かります。
ジュゴンの方は、アジア・アフリカのインド洋域が多いのかな。
良かったらクリックして大きくして見てくださいね。

マナティ説明2

マナティ館を出たら、北の方のエメラルド・ビーチへ。
知らなかったけど「海水浴百選」に選べれてるそうですよ。
ただ、私としては、前日のあざまサンサンビーチの方が綺麗だった様な。

もし泳げたらと、水着も持ってたのだけど、
海水は冷たいし、水着姿の修学旅行生たちの歓声には引いてしまって。
それに、レンタカー運転する人のこと考えたら疲れても困るしね。^^
海水浴は速攻諦めて戻りました。

エメラルドビーチ

沖縄に来てからよく見かけたトロピカルな不思議な木。
ドリアンみたいな実が沢山ぶら下がっていて。
そうしたら、分かりました。

タコノキ1

「タコノキ」って言うんですね。
ここのは、ビヨウタコノキ。
品種、色々あるみたいです。

タコノキ2

帰る前に総合休憩所に入ってみました。
大きなマッコウクジラの骨格が目に飛び込んできたんです。

マッコウクジラの骨格模型

休憩所とは思えない、水槽展示もあったりして
ちょっとブラブラ見て回りました。

最後にザトウクジラの大きな口に入って記念撮影♪

ザトウクジラの口で記念撮影

外に出て、花マンタと一緒に記念撮影♪

花マンタと

この先南の方へずっといくと植物園もあったのだけど、
そのことに気づいたのは、帰ってからでした。><

最後に、ジンベエザメとマンタの大水槽の動画をお楽しみください。



ここは是非、また来たいです。

これで、美ら海水族館とはお別れです。
次の目的地、古宇利大橋へ。

.....................

しばらくは505号線海沿いを走り、少し内陸に。
ナビにお任せなので、私はどこを走っているのやらさっぱり。^^;
途中、まださほど大きくないトウキビ畑やパイナップル畑が。

そして到着。
長い古宇利大橋と海と島が綺麗です♪

古宇利大橋

大橋を渡って古宇利島へ。
ダイビングやグラスボートなどが手軽に楽しめそうでしたよ。
ちょっと寄っただけなので、今回は全てパス。

古宇利ビーチに降りて記念撮影♪

古宇利島から大橋をバックに

中国系の家族が、小さな娘さんに
ピアノの演奏会か、スタジオ撮影に着そうなドレスを着せて
大橋をバックに写真をパチパチ撮ってました。
その後その子、そのドレスのまま砂遊びしてました~。w(*゚o゚*)w
向こうの人達の、モデルの様な写真の撮り方は耳にしていたけど
実際見てみて、なるほどとうなずいてしまいました。^^

そしてホテルへの岐路に着きました。

朝食もランチもかなりヘビーでお腹がもたれていたので
この日の晩御飯は、ホテルから5分ほどのショッピングモールに出かけ
そこのレストラン街で、軽めのを選びました。
フーチャンプルーと、ゆし豆腐(おぼろ豆腐のことらしい)の味噌汁が
なんとも美味しかったです。
ファーストフード店とは思えない、いい味の定食でした♪♪

そして、ホテルの大浴場、ジャグジーでのんびり温まって就寝でしたとさ。^^


完全に独りよがりの旅日記というか、
修学旅行まとめみたいになってますが、ごめんなさいね。m(..)m





       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン




テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

マナティーとジュゴンの違い、知りませんでした。
てっきり、ジュゴンも人魚かと・・・(笑)

すごい水槽ですね。
ジンベイザメとマンタ、ぶつかりそうに泳いでる。

確かに、これはまた行きたくなるかも。

泳げなくて残念というか、でも、見ているだけでもきれいですしね。

・・・・・・・・・

この展示場で一番小さなモデルハウスっていうのが売り(笑)
それでも、うちよりも十分に大きいです。

うち、幸い趣味がかなり近いので、そういう意味では恵まれたかもしれないですね。

アルパパさん♪

定かではありませんが、
東洋ではジュゴン、西洋ではマナティが人魚のモデルとか
言われてるらしいです。

ね~、すごい水槽ですよね。^^
そうなんですよ、ニアミス遊泳してますよね。
コメントくれるフレンドさん、
ここでジンベエザメとマンタがぶつかるのを目撃したそうです。

もう少し水温が上がる、梅雨明け頃が
海水浴にはいいんでしょうね~。
シュノ―ケリングの体験とかも魅力的です♪


一緒に楽しめることが多いって羨ましいです。
モータースポーツが好きな主人は
「いつか一緒にF1観に行こうよ」と言ってくれますが
困ったことにまーったく興味が湧いてきません。┐(^-^;)┌

『何の世界遺産を食べたんでしょうと思ったら、
富士山メロンパンだったんですね。
面白いこと考えますよね~。*^^*
話題性もあっていいですよね♪』
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード