ピアノなひととき

今日は音楽ネタで。

中2の時にようやく買ってもらったピアノ。
(小2からオルガンで始めていて、鍵盤が足りなくなっていたのです。
 進度の遅い子供でした。^^;)

だいぶガタがきてるのだけど
11月に調律してもらって、まだまだクリアな音が楽しめます。

この冬、ある本の影響で
J.S.Bachのインベンションとシンフォニアを
その日の日付の番号で弾いていこうと思い立ちました。

例えば、今日は24日だから、インベンションの4番とシンフォニアの4番
あるいは14番、とか言う風に。
(それぞれ、15番まで、30曲あります。)

もちろん、時間のある日の、気持ちが乗る時だけなんですけどね。^^;

「バッハ・インベンション」と言えば昔は
チェルニー30番あたりと並行して習う教科書みたいな存在で
当時、暗譜までするのがなかなかしんどかったし、苦手だったけど、
振り返って見なおすと、なかなか味わい深い曲が多いんです。


こちらは子供の頃にレッスンを受けていた教本、音楽の友社版。
かなりの年季ものです。(^▽^;)

20130224音楽の友社版


こちらは10年ほど前に買った、原典に近い、ヘンレ版。

20130224ヘンレ版


昔の教本、その値段はなんと、230円 w(*゚o゚*)w。
今では考えられない値段です。
年がばれますね~。(^-^;)

20130224音楽の友社版40年位前の値段

ヘンレ版は1800円。
まぁ、輸入版だからかなり高めですが、それにしたってすごい違い。

20130224ヘンレ版10年位前の値段

今日はシンフォニア4番(インベンション3声の4番)。
音楽の友社版は、デュナーミク(強弱の変化)や
アーティキュレーション(音の区切りやつなぎ方)、
指使いなど、かなりの指示があります。

20130224音楽の友社版シンフォニア4

ヘンレ版にはわずかな指使いしかありません。

20130224ヘンレ版シンフォニア4

今はヘンレ版を使っていますが、
当時の先生の書き込みが懐かしいやら、面白いやらで、
古い教本も見ています。^^
かなりおできの悪い生徒だったんだなぁと、笑えてきます。^m^


そしてこちらは、グレン・グールドの弾くインベンション(2声、3声)のCD。
大好きなバッハ弾き、名演奏家です。
haha、このCD、昨日まで持っていることを忘れていました。^^;
絶品と称される「ゴールドベルク変奏曲」はよく聴いているのですが。

20130224グールドのCD
               アルバムはこちら


録音は少し悪いけど、
グールドの卓越した技術と醸し出す特有な音の美しさにうっとりします。
とても自分が弾く同じ曲とは思えない、
お手本には成りえないのですが、触発されます。


この方、鼻歌まじりで弾くのが特徴のようなところがあるんですが、
聴き馴染んでるせいか、そこもまたいいんです。

むか~し、初めて自分で買ったLPが、偶然グールドの「フランス組曲」。
当時は鼻歌が入ってるのにびっくりしたのを懐かしく思い出します。^^




       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード