高遠のさくらさくらの3

今日も高遠ですが、
少し桜以外のこと。

高遠城址の丘を下って南側に
歴史博物館と「絵島囲み屋敷」があります。
ちょうどさくら祭りとあって、
入場無料で開放されていました。
(城址公園は大人500円です。)
その絵島囲み屋敷を観てきました。
というか、ガイドさんが誘導する団体観光客の後を
なんとなく付いて歩いていたんですが^^;
以前から耳にしつつ、どこにあるのか知らないでいたのです。

20110418江島囲み屋敷1

絵島という女性は、徳川六代将軍家宣の愛妾である月光院に仕えていましたが、
不義の発覚で高遠に遠流の刑が下されこの地で一生を終えました。

大奥を巻き込んだ幕府内の権力闘争によって
当時かなりの地位にあった大奥の女中、絵島が排除されたということらしいです。
61歳で亡くなるまでの28年をこの地で質素に暮らしたそうです。

多くの文人がここを訪れて碑文を残しているそうです。
この石碑もそうなんですね。

お相手の人気歌舞伎役者、生島新五郎は、三宅島に流された、という縁で
伊那市と三宅村と友好盟約を結んでいるそうです。

なんだか、観光案内みたいになっちゃってますね。^^;

20110418江島囲み屋敷2


また、坂を上って高遠城址公園に戻りました。
券があれば、出入りは自由で、お気軽でした。^^

城址内は戦略上なのでしょうね、
くぼ地になっているところがあり、
ひっそりとした感じがしました。

20110418高遠の桜5

木陰の斜面、湿った感じのところには
たくさんのアズマイチゲ(東一華)が咲いていましたよ。
純白の清楚な一輪草です。
関東地方に多くみられることから東と付いてるそうです。
花に見えるのは、ガクだとか。
すぐ近くで撮れなかったのがちょっと残念。

20110418高遠の東一華(アズマイチゲ)

学生風の若い3人が、
コスプレ衣装で撮影会みたいの、してましたよ。
男の子たち、新撰組みたいに見えちゃったのは
ちょっと想像しすぎかな?^m^
真似したいとは思わないけど、
ちょっと楽しそうでした。^^

20110418高遠の桜9

沢山歩いて、いろいろ観てきて
楽しめましたよ(^-^)。
あんなに食べたのに、
車に戻る直前、駐車場の出店で
桜アイス買ってしまいました。^m^

私は平気なんだけど。。
夕ご飯は野菜とキノコたっぷりメニューで
バランスとることにしました。

20110418高遠の桜4


これで、高遠のさくらさくらはおしまいです。
長々とお付き合いしてくださってありがとう~♪(*'-^*)/



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード