白駒の池⑥~高見石の頂上へ

しっかりお昼を食べたので運動も兼ねてもう少しトレッキングを楽しもうと
白駒の池周りの遊歩道分岐から南歩道を登って高見石(標高2249m)へ。
分岐の案内は確か50分ほどの登りとだけ。いい運動と、行くことに。
ところがどっこい、これがかなりの急登。しかも石や岩と木の根が延々と。
明らか登山といえるコースで、初級者向けとも思えなかった。
足場を選ぶのに集中していたため、登り道の写真はなし。
水のない沢のような道を一枚くらい撮っておけば良かった。
針葉樹と苔の森の中の岩道から空が見え始めた時はほっとしました。
高見石小屋さん脇の展望への道を進むと、巨岩が積み上がっていて驚愕。
この大岩続きをさらに登るのかと躊躇ったけれど、
印の方へ、手足に神経を集中して登ること10分ほど。やっと頂上!
乾いた岩は案外、さきほど登ってきた道より進みやすかった。
ただ、岩の隙間は底なしに深いので物を落とさないように注意が必要。
201810061453 iPhone_1154高見石へ登山 201810061535 DSC03045高見石の上で万歳

標高2249mまで来て漸く北八ヶ岳らしいパノラマが楽しめました。
201810061526 iPhone_1155高見石頂上からのパノラマ

眼下、深い森に丸く浮かぶ湖は先ほどまでいた白駒の池(標高2115m)。
標高差134mで随分小さく感じます。
201810061531 DSC03042高見石に登頂して見下ろす白駒池
向こう、山の間に見える小さな池は、たぶん雨池かな。
その左手の雲がかかる山は、縞枯山かな茶臼山かな、
それとも両方重なって見えてるのかな。池の右の小山は八柱山かな。
201810061531 DSC03043向こうは雨池かな、その右に八柱山かな

北八つの東側の風貌と広がる扇状地の眺望を初めて望むことができました。
1時間足らずの登山ですが、登った感を味わいました。

ただ、高見石へ登るなら、それなりの装備をお勧めします。
濡れていたら滑りやすい箇所は数知れず。
今回の私は、トレッキングシューズは履いていたものの、
下はジーンズで行ってしまいました。
天候がよくて幸い濡れることはなく助かりましたが、
濡れた時や、汗をかくことを考えたら、
水分を溜めず乾きやすい素材の登山用ウェアが必要と思いました。
熊除けの鈴等もね。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
 
 
参照マップ
(北八ヶ岳苔の会さん、高見石山荘さんのネット公開されている地図を参考に使わせてもらっています。)


白駒池周辺マップ

高見石周辺の図(高見石小屋情報)

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード