35年ぶり登山③~木曽駒を目前にして

見えなかった木曽駒ヶ岳の山頂が見えてきました。
20181002 IMG_9399木曽駒ケ岳山頂を見上げて
眼下に頂上山荘とテン場。中岳西側の足場悪い下り道ももう少し。
20181002 IMG_9400山頂小屋とテント場
目の前には大きく広がるなだらかそうな木曽駒の山容。
そして登りへと転じて1歩2歩。。足が止まった。再び腹痛。
20181002 IMG_9401木曽駒ケ岳
これ以上行程を伸ばすのはまずいと、今回は諦めて引き返すことに。
残念ながら、木曽駒ケ岳のこの先の景色は次に機会に。
降りたばかりの中岳の登りは、腹痛をなだめながら青色吐息。
情けないけどだいぶポールに助けられました。
宝剣山荘で再び休憩。気持ちを整え、乗越浄土から八丁坂を下山。





見慣れた千畳敷カール。サギダル頭周辺の紅葉のなごり。
朝とは違う光に照らされて、また違う美しさにうっとり。
20181002 DSC02980サギダル周辺の紅葉なごり
漸く気分が復活。しばし景色に見入っていました。
10月2日13:20頃の太陽光はかなり傾いてますね。
ついこの間まで真上から照らしていたのに。
20181002 DSC02981八丁坂下山途中の休憩お母さん

八丁坂に続く千畳敷の遊歩道と赤い駅が眼下に。駒ヶ根市街地も。
南アルプスは、雲がある辺り、南端近くまで見えてるかな。
20181002 DSC02982八丁坂下山中の千畳敷カール風景
伊那前岳山腹の向こうに白い甲斐駒ケ岳と摩利支天。南に駒津峰、双児山。
20181002 IMG_9403山腹向こうに白い甲斐駒ケ岳と摩利支天
富士山と塩見岳。仙丈や白根三山をすっとばしてます。
20181002 IMG_9402富士山と塩見岳
八丁坂から望む南アルプス、甲斐駒から赤石岳までの山並みと富士山との位置関係。
20181002 DSC02985南アルプスと富士山の位置と名前(from八丁坂)
↓の写真をクリップして山名と標高を記入してみました。
20181002 DSC02985駒ヶ根市街地と富士山
千畳敷に下りて、剣ヶ池と周辺の紅葉を望遠で。
伊那前岳山腹、標高2,600m周辺もまだ紅葉残ってます。
20181002 IMG_9405伊那前岳中腹の紅葉

時系列遡って、朝8時頃、ロープウェイ窓から撮った紅葉。
標高1,662~2,612mの山腹のうち、上層部が真っ盛りの鮮やかさ。
fc2blog_20181005225625654.jpg
台風の後とあってか、滝の水量もいつもより大分多い。
fc2blog_20181005225833d11.jpg

35年ぶりの登山は、目的地に届かず残念な下山となりました。
今にして思えば中岳山頂の反対側に回っていれば
360度パノラマを見れたなぁ。
御嶽、乗鞍、ひだ状に連なる北アルプスや、戸隠、浅間山、八ヶ岳。。。
まぁでも、近いし、次の機会に。

既に、乗越浄土は昼間でも氷点下のようなので
来たとしても、来夏までは千畳敷まででしょう。
雪山景色とコーヒーを楽しみに、
もしくはスノシュー散歩かスキーに来るかもしれませんが。
木曽駒登山は来夏までお預けです。
コマウスユキソウが咲く頃に是非、咲き乱れる高山植物と
次こそ360度の大パノラマを楽しみたいと考えています。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード