一人静(ヒトリシズカ)

学名: Chloranthus japonicus
センリョウ科 センリョウ属 多年草
別名:吉野御前(よしのごぜん)、眉掃草(まゆはきそう)
花期:4月 草丈15cm前後。
白い花の一本一本は雄蕊。花弁なし。
こぼれ種で増えるも、雑草化するほどの侵食力はなし。

つやつやした、鋸歯のある4枚の輪生した葉が開き
中央に1本、白いブラシ状の花が現れる。
20180412 IMG_7973ヒトリシズカ開花clip
2018.04.12

隣家の庭から種が飛んで増えたらしい、
植えた覚えのないヒトリシズカの群生が庭に3ヶ所。
まるで萼のように蕾を覆っていた葉が開いて
次々、もじゃもじゃしたユニークな白花が数を増し存在をアピール。
20180412 IMG_7974ヒトリシズカ開花
2018.04.12

最初の、隣との境界に近い2ヶ所の群生から
5m以上離れた場所にも小さな群生ができ始めて2年ほど。
赤みの強い茎の直線がプリムラたちの明るく丸い花葉に良く映える。
花軸が伸びて、花の頭が禿て見える子もちらほら。
20180416 IMG_7981ヒトリシズカとプリムラたち
2018.04.16

2枚目の写真の6日後の4月16日。
4枚の葉がずいぶん広がって、なるほどセンリョウ属。
白い花が赤い実だったらセンリョウと見間違うかも。
20180416 IMG_7998物干し下の一人静の群落
2018.04.16
ただ、センリョウは硬葉・低木のイメージ。
ヒトリシズカの方が葉脈くっきり、軟葉で草のイメージ。

2枚目の写真と比べ、花軸が伸び、よりブラシらしく。
20180416 IMG_7999物干し下の一人静の群落とムラサキハナナ
2018.04.16

スプリング・エフェメラルではなく、
ずっと葉が残るので、間違えて掘ってしまう心配もなし。
隣家と風に感謝のお花。
気づいてから毎年楽しませてもらってます。

line小花

次の写真は、2014.04.20のブログより、始めて気づいた時の一人静。
↑2枚目の写真と同一の株。

20140418一人静
2014.04.18
4年前は10本足らずの小さな株。
4年で直径40cmほどの群生に成長。
なかなかの強健種だと分かります。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード