7月24,25日の閉会中審査を観て

2017年7月24日(月)、25日(火)の国会閉会中審査の中継、時間があったので全部観た。
新たな事実や、予想外の新たな嘘が飛び出して突っ込みどころ満載だった。
今回、ネット上でほぼリアルタイムに実況のように文字起しをしてくださる方がいるのに気づいて、中継の合間に文字で確認、復習しながら見られたので理解の助けになった。通して観たことで、ニュースに乗っかってくるのは、そのうちのごく一部だというのもよく分かった。

映像というのは怖いもので、「会っていない」「言っていない」と断言できずに、繰り返し「記憶によると」や「思います」の前置きや尾ひれが付いてくる際の表情は、どこか苦しげなのが見て取れた。和泉首相補佐官も、断言できない時の表情は、(25日、民進・桜井議員の質問の際の)断言できる時の表情とは明らかに違っていた。これは印象的だった。元首相秘書官の柳瀬氏にいたっては、席にいるときから目が泳ぎ、うろたえの表情が隠せず、日本語もまともに成り立っていないこともあった。
それに対して、前川さんは終始落ち着いていて、時系列の事実を根拠に明快に証言されていた。日時などの間違いも根拠を述べて訂正され、正確を期すことに真摯な姿勢だった。結局のところ、誰も前川さんの証言を否定するに値する証拠を示さなかった。
どちらが正しいと信じられるか、言わずもがな。

本筋からそれるところで驚いたことがある。前愛媛県知事の加戸氏が自民質問者・青山議員から質問時間の終わり間近で自由にしゃべることを求められた。一見穏やかそうな老人に見える加戸氏は、突然メディア批判を始め、勢い前川さんを延々個人攻撃した。その後、残されたごくわずかな時間での反論を許された前川さんは、穏やかな表情のまま、批判してきた加戸氏を一切非難することなく、少ない言葉で誤解を解くべく要点をまとめて述べておられた。ここは本当に感銘を受けた。こんなところにも前川さんの人間性と優れた思考力、卓越した言語能力を垣間見ることができた。もし私だったら、加戸氏の長々したつかみどころのない話に肝心な部分を聞き落とし、指名されてもろくに反論もできずあたふたするばかりで時間切れとなってしまったことだろう。きっと政権側質問者の策略にはまったことだろう。
前川氏の人間性と能力の高さを感じて、やたら無駄な言葉を加えて答弁して時間を浪費するあの大臣、あげくは質疑妨害したりするあの大臣に爪の垢を煎じて飲ませたいくらいと思ってしまった。 


本筋からは逸れっ放しだけれど、それ故にあまり話題にも乗らないので、備忘録に。
与党は政府側に有利な証言を引き出すのに必死というのは分かるけれど、公明は「加計」とは無縁の事案に集中して質問。与党なのだから何もここでやらずともできるだろうに。政府や参考人たちには休憩タイムだったことだろう。
驚いたのは維新の過激な質問だった。与党以上に規制を悪と捉える立場の、政権側の姿勢。与党の補完勢力といわれる所以をまたしても観た。維新の浅田議員の、だるそうでぞんざいに響く質問にうんざりし、過激な内容にあきれた。中立の立場で判事が裁定してくれる法廷でもあるまいに、法律家気取りで「挙証責任」を振り回していた。文科省に対して以前の審査で自民・青山議員が使った言葉を再び持ち出し、たちが悪い。4条件を満たしているかの検証が必要ないと言わんばかりに。さらに、「経済活動をしたい人を妨害するような文科省の規制は憲法違反ではないか」、のように言い出して、内閣法制局や文部大臣に答弁させていた。これには本当に驚いて目を見張ってしまった。一体全体、教育を何だと思っているのだろう。教育分野さえも儲けたい人に野放図に開放しろとでも言うようなワルな姿勢に心底ぞっとした。参考人のワーキンググループ・原氏が維新側の考えを肯定的に証言していたけれど、いかにもそういった人たちが選ばれて集められているんだなと感じてしまった。
規制と規制緩和はいつも綱引きとなり、見直しは必要だけれど、必要な条件はむやみに外すべきでないし、慎重にバランスを考えて道を開いていかないと弊害が出てくるだろう。税金を投じて教育の質の低下や国や地方の財政悪化を招くのは避けなければ。

そもそも、今回問題視されているのは規制改革そのものではなくて、「加計ありき」、「国家戦略特区を利用して、首相が親しい人物に利益を誘導しているのではないか」という疑惑の解明が重要な問題のだから、論点ずらしはやめてもらいたい。政府側に「加計」の利害関係者がずらりと揃う中、「行政が歪められた」ことを示す様々な文書が明らかになっており、その上で前川証言があって、政府側は誰一人それを否定できる証拠を示していないどころか、新たな嘘が出てきたのが今の状況なのだから。

大事なことから目をそらす為に論点をずらしたり、証言者の信用を貶めるために個人攻撃したり、意味のない言葉を多発して時間を稼いだり、質問には全く答えずに持論だけしゃべったり、延々と資料を音読して質疑妨害したり、指名されていない大臣が立ち上がって答弁始めたり、あげくは自己防衛のために過去の国会答弁を上書き修正したりと、国会軽視も甚だしく、国民はずいぶん馬鹿にされたものだと思う。
こうしたことをすればするほど余計に疑惑は強まることはあっても晴れることはない。より黒くなったと思う。

それにしても、野党が6月22日に臨時国会の要求書を衆参両院に提出して1ヶ月以上が経つけれど未だ開く気配なし。
憲法違反(53条)は今も継続中。「法治国家」が泣く現状。
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード