閉会中審査を観て

2017年7月10日の国会閉会中審査。
NHKのTV中継と、中継されない分はネット中継で観た。
(NHKさん、全部中継して~!受信料払ってるよ。
ネット放映してくれた方ありがとう~。)
約7時間だったそうだが、ほぼ全部観た。

参考人招致されていた前・文科事務次官の前川さんは終始、理路整然としていた。
国家戦略特区の一つが「加計ありき」&「首相官邸が動いていた」という大疑惑に対して、前川さんが自身の見聞きした明確な事実をもとに、そうであると明言していたのに対し、否定する大臣や政府・官邸側はそれを覆す証拠を全く示すことがなかった。
どちらが正しいことを言っているのか、おのずと、前者だと思うのは自然なことだ。


それにしても、山本大臣の答弁は酷かった。午前の衆院・閉会中審査では、「加計」が「石破4条件」を満たしていないことの指摘を受けた後だったと思う、論理的に分が悪くなった途端、何故か用意されたペーパーを延々と棒読みし続けて時間稼ぎのような態度をとった。
午後も酷かった。市場原理に任せて獣医学部を増やせばいいというような、酷くいいかげんな答弁に受けて取れた。儲けたい法人に好きに任せて大学を作ればいいということか。たとえ獣医師になれないような人をたくさん輩出する結果になっても、そうした若者をカモに儲かればいいということか。
ある専門に特化すればするほど、他の分野で身を立てるのは難しい日本社会。若者の人生を一体どう考えているのだろう。そして、子どもたちの学費や生活費を捻出する為にどれだけ日本の親たちは苦労をしているか、知っているのだろうか。私自身、あの苦しい時期を思い出しつつ、この答弁内容を噛み砕くと、本当に本当に腹が立つ。だいいち、こんな決め方をしていたら、この国は本当に低レベルな国になってしまうだろう。

質問する側も、与党の自民・公明と維新議員のは醜く、前川さんを貶める個人攻撃か「規制改革」への論点ずらしが中心だった。規制改革そのものではなくて、そのプロセスに重大な疑惑があるから国民が注目しているというのに。公平公正に進められていないことが問題になっているというのに。
なかでも自民のはひどかった。的外れな為、前川さんの的確な論述に一蹴されていた。午後の参院・閉会中審査では自民側の参考人の前愛媛県知事・加戸氏の「12年間加計ありき」発言まで飛び出した。「お友達の何が悪い」とまで、しゃあしゃあと。なるほど、そういうことかと、背景がぼんやり見えた気がした。だから最初から「加計ありき」なわけだ。疑惑はそのまま、より真実に近づいたという印象を強く受けた。

逆に、はっきり分かったことは、政府も与党も真摯に説明する気がなど無いということ。求められた、首相や和泉補佐官などの重要キーマンの出席を拒絶し続けるらしい。都議選前の、首相の「丁寧な説明」宣言はまたしても嘘となるらしい。
憲法53条*の規定の1/4以上の議員の要求があるのだから、臨時国会を開かなければならないはず。でもその気配なし。
自分らがする憲法違反は全然平気らしい。自分たちの改憲草案には「20日以内に臨時国会を開かなければいけない」としているにもかかわらず、野党が6月22日に要求書を衆参両院に提出して20日経過するも、開く気はないらしい。本当に腐っている。

 首相は昨日7月11日、つまり閉会中審査の翌日、G20から帰国。九州の甚大な豪雨被害があったのにも関わらず、G20終了後もすぐ帰国せず、旅を続けて喫緊ではなさそうな北欧訪問へ。批判をかわす為か少しだけ予定を縮めて帰国。ハンブルグからすぐ帰って来れば閉会中審査に間に合ってしまうのを恐れてということか。それだけ追求が怖い?…図星だから?…ととられても仕方ないと思う。結局のところ、可愛いのは自分とお友達だけ。説明責任から逃れたまま、ただ「恋々と地位にしがみついて」いたいのだろう。

*憲法53条
<内閣は、国会の臨時会を召集することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。>
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (5)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード