酷すぎる

本当に腹が立つ。何が反省だ。

ソーリー会見から 
---
「印象操作のような(野党)の議論に強い口調で反応した私の姿勢が、政策論争以外の話を盛り上げた。深く反省する。」
「建設的な議論とは、かけ離れた批判の応酬に終始した。国民の皆さまに大変申し訳なく感じている。」
---
よく言うわ。きちんとした議論に応じず、論点をはぐらかし、無意味な文言を並べて時間を稼ぎ、「印象操作」を連呼するばかりで説明責任を放棄してきたのは誰か。それを、あたかも「悪いのは野党ですよ」と言わんばかりのこれのどこが反省か。
挙句には国会を会期延長せず、「共謀罪」という、国民に網をかけ、基本的人権を容易に侵害しうる悪法の疑念も一切払拭しないまま、「中間報告」を利用し法務委員会採決省略という禁じ手を使ってまでして本会議で強行採決。これは議会制民主主義を破壊する最悪の行為。目的のためなら手段を選ばない姿がまた露呈した。
一番腹が立つのはここ。加計疑惑の追及を逃れる目的で、早く国会を閉じたいがために、国民の権利に関わる法案を道具としたことだ。本当に最低。国民の人権などどうでもよく、ただ自分らを守ることだけ。見ているのはおそらく目前の都議選と、「改憲」だけ。

「共謀罪」はテロ対策にはならず、国際組織犯罪防止条約(パレルモ条約)批准に必要というのも大嘘というのは各種報道でバレバレ。国連の条約立法ガイドを執筆したニコス・バッサス教授が条約は対テロ目的ではないと明言し、国連特別報告者ケナタッチ氏が強い論調で「共謀罪」の危険性を指摘し問題視している。表現の自由やプライバシー保護のための歯止めが皆無と。 

再び、ソーリー会見より
---
「指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしていく。国会の閉会、開会にかかわらず、分かりやすく丁寧に説明していきたい。」
---
似たような言葉は安保法案強行採決後にも聞いたけれど、一度も丁寧な説明など聞いた覚えがない。
会見後、加計疑惑の真相を示す新証拠がでてきても、また否定。野党の求める国会閉会中審査も拒否。早くも言行不一致。
改憲という目的の為には手段を選ばないこの人物。嘘と「印象操作」こそ政治の技術とでも思っているのではないか。

公明と維新の加担も忘れない。
森友8億円値引きの疑惑、防衛省日報問題も未解明のまま。
公文書の扱いのでたらめさも露呈。

もう一つ、最近知って恐ろしいと思ったのは、お抱え記者の犯罪揉み消し事件。
被害者の女性が顔と名を出し記者会見までして告発していたのはレイプ犯罪の逮捕状がもみ消されたということ。
性犯罪は週刊誌が好むスキャンダルとして矮小化されがちなのか、あまり報道されないけれど、逮捕直前で取り消されているだけに、事は深刻だと思う。
権力者やその近しい人々なら何をしても許されるような、そんな無法な国になってほしくない。三権分立が正しく成り立つ国であってほしい。
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード