強く響いた言葉

最近、すごく感動した言葉。

あったものをなかったことにはできない。

「私の座右の銘は面従腹背なんですよ。今は面背腹背。
表現の自由を100%享受できる喜びというのは大変な事ですよ。」

どちらも前川喜平氏、ついこの間まで文科省事務次官だった方のことば。
内容も表情も本当に清々しい。時系列に沿って事実を裏付け、一つ一つ頷ける説明。
複数の新聞や雑誌(買ったことのない「文春」なんて週刊誌も) の記事も読んだ。清廉潔白そのものといった印象。公正な教育行政に熱意を持った官僚だった方のようだ。退職後に名を伏せて「キッズドア」でボランティアをされていたことにも驚きました。

ご自身には何の利益もないどころか、もしかすると身の危険さえあろうに、
カメラの前で、丁寧に事実を話される真摯な姿に本当に感銘を受けました。

ゴールデンレトリバーおすわり
line小花


一方で、前川氏に対し根拠のない人格攻撃を繰り返し、「出所が分からない」「怪文書」を繰り返すだけで、調査を拒否するあの人。
読売新聞なんて大手全国紙まで利用して。
読売も成り下がったものだ。
そして国会で「印象操作」を連発し、はぐらかし、なんら説明できず(する気ない?)、調査を拒否するあの人。
その後も明らかになっている文書や、実存したと言う複数の現役文科官僚の証言ニュース。
国家戦略特区を特定の人物(しかも首相に近しい人物)への利益供与に利用しているのではないか、という疑惑はますます深まるばかり。

行政は公平公正に為されるべきで、国民の税金を食い物にしているとしたら許せない。
こんなことに使われる多額の資金、補助金があるなら、今すぐにでも教育無償化に使ったらいい。
何も改憲など必要なく、今の憲法のもと、矛盾なく合憲でできること。

        Thank you for coming 

野の花ライン野の花ライン
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード