プロバンスの植物~石楠花の実とフレデリック・ミストラル

9月の南仏旅行より
プロバンス・コートダジュールで出会った植物を時々気ままに。
ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド(マルセイユ)の石楠花 
20160924 DSC00043フレデリック・ミストラルの記念碑と石楠花の実20160924 DSC00043石楠花の実clip
フレデリック・ミストラルの訪問記念碑。
1910年と1930年の8月15日の2回ここ、
La Basilique Notre・Dame・de・la・Gardeを訪れておられますね。
この方はプロバンスの詩人。
1909年にプロバンス語の「ミレイオ」でノーベル文学賞受賞。その賞金でアルルにアルラタン博物館を創設されているそうです。フランス・プロバンスの誇りでしょうね。
実は気になったのは碑文よりもこちら。
なんの実だろうと。
葉に見覚えがあるのに思い出せず。
ずっと後になって分かりました。
石楠花(シャクナゲ)ですかね。
花を見てないので確信はもてませんが。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード