剣ヶ池と草木(中央アルプス・千畳敷)

千畳敷カール散策のつづき。

遊歩道を巡って行くと、下方に小さな広場と、広めの水溜りのような浅い池に遭遇。剣ヶ池です。

剣ヶ池と、向こうに聳えるは 'サギダルの頭'。
20161016DSC00999剣ヶ池と宝剣岳
草紅葉は終わっていますね。
よく見ると、細い窪地が池に続いています。
20161016IMG_4666剣ヶ池
上から見た剣ヶ池周辺。流れ込む小川が見えます。
20161016IMG_4612剣ヶ池周辺
水はとても澄んでいます。
20161016IMG_4660剣ヶ池の水の輪
時々場所を変えて、水の輪が広がっています。
わずかながらプクプクと底から何かが出ているようです。湧水でしょうか。
20161016IMG_4660剣ヶ池の水の輪clip

遊歩道を遮るような中央斜面の薄茶色のベルトは
20161016DSC00969中央斜面のダケカンバ群落
這うように茂るダケカンバの群落。
20161016DSC00970中央斜面のダケカンバ群落
葉をすっかり落としたダケカンバの樹皮が陽光を浴びて光っています。
実物はもっと幻想的で美しかったのですが、上手く撮れません。
20161016DSC00988陽光とダケカンバ
拡大すると、めくれた樹皮が陽光を反射していたのが分かります。
20161016DSC00989
標高2600m以上あるこの辺り。普通なら森林限界を超えていると思うのだけど、ダケカンバが沢山茂っています。ただし、雪のためか押し曲げられ、高木にはなれません。生き残るためには曲がれるしなやかさが必要らしく、太い幹は見かけません。
20161016DSC01014皮のめくれたダケカンバ
10日ほど前だったらしい紅葉時にはダケカンバの群落が一面黄色く染めていたことでしょう。
真っ赤になるナナカマドもあるらしいですが、葉を落としていて分かりませんでした。

でも、落ちずに残った赤い実を発見。何の実でしょう。
20161016DSC01012赤い実
ナナカマドとは実の付き方や大きさが違う気がします。

ドライフラワー化したヤマハハコグサ。
20161016DSC01015ヤマハハコグサ
脇の白い木もダケカンバでしょうか。太くて堅くなると折れちゃうんでしょうね。

光沢のある丸葉はコイワカガミでしょうか。白い花崗岩と対照的な銅色は紅葉かな。
20161016DSC00975コイワカガミ

標高2800mはありそうな所までハイマツの緑が広がります。
20161016DSC01010ハイマツと宝剣岳
このハイマツ、北東アジア特有の植物らしいです。

反対方向、ハイマツの向こう、東側に南アルプスの山並みが悠然と。
20161016DSC01013ハイマツと雲出始めた南アルプス
こちら中央アルプスと向こうの南アルプスの間に、駒ヶ根市街地が静かに生活を営んでいます。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード