⑧イワカガミ、ソバナなど(やせ尾根 in栂池自然園)

2020mの展望台を出てやせ尾根を歩きます。

花が終わってますが見覚えのある葉っぱを発見。
イワカガミ(岩鏡 学名:Schizocodon soldanelloides)イワウメ科イワカガミ属
20160812イワカガミの花後collage

急勾配の下り。この辺り、木道はそこらじゅう痛んでいて、足場を確かめながら歩きます。
20160812DSC10025痛んだ急勾配の木道

ホツツジの群生を発見。後で分かったんですが、既載のミヤマホツツジとは別種。
(穂躑躅 学名:Tripetaleia paniculata ) ツツジ科ホツツジ属
20160812DSC10027沢山咲いたホツツジ(雄蕊がまっすぐ)

ホツツジ(左)は雄しべがまっすぐ。クルンとしたミヤマホツツジ(右) と違いますね。ホツツジの雄しべはしっかりピンク、花弁もうっすらピンクです。
20160812ホツツジ(左)とミヤマホツツジ

足元にシモツケソウがふんわりとしたお花をつけています。
20160812DSC10028シモツケソウか

やせ尾根の急斜面にお花畑が広がって素敵です。
20160812DSC10030やせ尾根のお花畑
一番右側に咲いているのはクロトウヒレン(黒唐飛廉 Saussurea nikoensis var. sessiliflora)だったよう。
今気づきました。く~っ。。><;

ソバナ、やっと見つけました。綺麗です。
(岨菜 学名: Adenophora remotiflora) キキョウ科ツリガネニンジン属
20160812DSC10029ソバナ
花情報にあるのになかなか見つかりませんでした。

シモツケソウ(下野草 学名:Filipendula multijuga)バラ科シモツケソウ属
20160812.JPG

どんどん下ります。

雪の重みで倒れたのか、木道沿いにダケカンバが寝そべってます。
20160812DSC10031苔むしたダケカンバにマイヅルソウ

樹皮にむしたふかふかの苔がマイヅルソウを育てています。
20160812IMG_3304苔むしたダケカンバにマイヅルソウ

自然界の不思議な力を感じます。

line小花

余談ですが、前回話題にした白馬岳の大雪渓について今朝の地元紙からニュースをひとつ。
白馬大雪渓の雪不足で所々に割れ目があり、崩落の恐れがあるため、明日9月1日から通行止めに。春から雪が少なく、例年より2週間ほど早いペースで雪解けが進んだとか。雪不足による大雪渓の通行止めは異例のようです。安全が確認でき次第、通行止めは解除されるそうですが、このコースを登山予定の方はプランを見直さないといけませんね。

それにしても、「雪の為通行止め」というのは聞き慣れているけれど、「雪不足で通行止め」というのは、平地に暮らす凡人には何とも奇妙な気がしてしまいました。
line小花

浮島湿原につづく。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード