⑥ミヤマホツヅジ、ミソガワソウなど(楠川~モウセン池 in栂池)

楠川が見えてきました。
景色の変化が行く手にわくわくさせてくれます。
地図を見ると栂池自然園のほぼ中央を横切って流れるこの清流は、白馬乗鞍岳に源を発し姫川に注いで日本海に向う。数百万年もかけてできた高層湿原を合わせ考えると、ふとその時空の広がりに感動を覚えます。

岩ゴロゴロの楠川と川上の霧立つ山。(13時頃)
楠川と霧立つ山collage
帰りには川辺で靴を脱いでちょっと休憩。足を浸けてみた。(15時半頃)
20160812楠川にてcollage
北アルプスの雪解け水は冷たすぎて写真を撮るほんのちょっとの間さえ痺れて痛い。

行き道。川を越えてさらに坂を上る。しばらくは木道のない山道。

マイヅルソウの実を発見。
(舞鶴草 学名Maianthemum dilatatum) スズラン亜科マイヅルソウ属
20160812DSC09975マイヅルソウの実

この辺りから、青黒い松ぼっくりを付けたオオシラビソによく出会う。
(大白檜曽 学名:Abies mariesii) マツ科モミ属 別名アオモリトドマツ。日本特産種らしい。
20160812オオシラビソcollage
この地域でこの木のことを「つがの木」と呼び、そのためここの湿原全体を栂池と呼ぶのだそうです。
信州人暦、長いつもりでいたし、好きな地名の一つなのに全然知りませんでした。
オオシラビソはシラビソより葉が密。実もこちらの方が大きくて丸っこいようだ。
独特の姿と青い果球が面白くて何枚も撮ってました。

途中、道の中央辺りに葉の白いササのような植物を発見。
まるでハケでサッと、白く塗られたよう。
20160812葉の白いササcollage
未だこの植物の正体が分かりません。

3枚の白い花弁がくるんとカールして、雌しべも弓状に曲がっています。
ミヤマホツツジ(深山穂躑躅 学名: Cladothamnus bracteatus (Maxim.) T.Yamaz.
Tripetaleia bracteata Maxim. )ツツジ科ミヤマホツツジ属
20160812ミヤマホツツジcollage
別名ハコツツジ。
ツツジと言われてもピンとこないけど、そういえば葉がそれらしい。

アザミの隣に青系ペンステモンのような花の群生を発見。
20160812DSC09983ミソガワソウ
ミソガワソウ(味噌川草 学名:Nepeta subsessilis )シソ科イヌハッカ属
20160812DSC09985ミソガワソウの青い花
日本固有種で、名は木曽川の源流部である長野県の味噌川に由来するそう。

花弁が開いたオヤマリンドウを発見。
20160812DSC09986開いたオヤマリンドウの花
あちこちでこの花は見かけましたが、その中で開いていたのはこのひとつだけでした。

またまたオニシオガマ。名に似合わない優しい色合い。
201650812DSC09989オニシオガマ
その向こうの葉が黄変してるのはコバイケイソウかな。

ずいぶん登ってきました。中央、遠くに赤屋根やヒュッテ、山荘が。
20160812DSC09998来た道と遠くに見える赤屋根
クリックと+で拡大しないと分かりませんね。全周5.5kmのうち、まだ2kmほどですが、標高差もあるせいか遠くまで来た気がします。

モウセン池が見えてきました。
20160812DSC09999モウセン池が見えてきた
20160812モウセン池collage
モウセンゴケには気づかなかったけれど、池の中、周辺あちこち涼しげに直立するイグサのような群生は
ミヤマホタルイ( 深山蛍藺(Scirpus hondoensis) カヤツリグサ科ホタルイ属
20160812DSC10002ミヤマホタルイclip
池の端にはミズバショウがぐるりと生えていることに、写真を拡大していて気づきました。
20160812IMG_3270モウセン池端のミヤマホタルイとミズバショウclip

展望湿原まで300m。あと一息。
20160812IMG_3267モウセン池道標

上っていくと山間のお花畑にチングルマの果穂がたくさん。
2010812チングルマの群生collage
奥にはイワイチョウや、セリ科の花が咲いています。

つづく。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード