7月の庭風景より

関東甲信越もようやく梅雨明け。
でも、昨日今日はどんよりした空気。入道雲と雨雲、薄い青空が混在したような空模様。
連日のような悲しいニュース。世界でも日本でも。重苦しい心模様とこの混沌の空が重なります。
誰もがお互いの生を尊重し合える世界でありますように。

line小花

今日はお花いろいろ。

レウイシアが真っ白な花を次々と咲かせています。その向こうに粒々の花を持ち始めてるのはカルーナ。
20160720IMG_2923レウイシアとカルーナの開花
昨秋寄せ植えにしてあったカルーナですが、初めて無事冬を越せたので、夏の暑さから退避させていたら花がつき始めてびっくり。 こんな時期から咲くのですね。秋にも花が上がってくるのでしょうか。晩秋の寄せ植えに、今年は買わなくてよさそうです。

オレンジピンク花のレウイシアも仲良く開花中。この2種は購入したときの小さなポット植えのまま、植え替えもせず2年は経っていると思うのですが、室内より明るい外の方がよく咲いてくれます。
20160720IMG_2922レウイシア
昨年、冬近くにも咲いてました。性質をよく調べて、もっと大事にしてあげたら、もっと沢山咲きそうな予感。

こちらはアンティーク・レース。バラたちも入れ替わり開花中です。
20160720IMG_2921バラ・アンティークレース


今年仲間入りの斑入り葉ガウラ 'フリーフォークロージー'。白い花弁の縁にローズ色がにじむように入ってます。
20160720斑入り葉のガウラcollage

鉢のエリンジウム・ブルーホビットが青く色づいてきました。
20160720IMG_2918エリンジウム・ブルーホビット
庭に下ろした方はゲラニウムに隠れて日照不足か、花無しです。

大好きなゲラニウム。こちらは四季咲きのロザンネイ。パラパラと、でも次々咲き続けてくれてます。
20160720IMG_2919ゲラニウム・ロザンネイ

今年新入りの大輪種ダリア '黒蝶'。どちらかというと苦手な赤系ですが、シックな黒赤に挑戦です。
20160720IMG_2920ダリア・黒蝶
大きな菊鉢に鉢増しして涼しくなるまでハナミズキの木陰に退避中です。ギンギラ太陽が好きそうなのに、日当たりでは葉っぱがダラリ。日陰が居心地良いらしく、意外です。秋の花のためには今咲かせない方が良いのだけど、なかなか切れません。

オリエンタルリリーのマルコポーロ。日当たりが大幅に改善したブランコ横で開花中です。
20160720IMG_2909マルコポーロ

大きく育って、2mはあるでしょうか。隣で咲いているのはノワゼットローズのアリスタ・ステラ・グレイ。
20160720IMG_2910マルコポーロとアリスタ・ステラグレイ
奥で垂れている花は柏葉アジサイ。

足元にはホスタ・ゴールデンティアラが薄紫の花を。
20160720IMG_2924ホスタ・ゴールデンティアラの花

北側、ほとんど人の目に触れない場所のゴールデンティアラ。数年前に移植したもの。
20160720IMG_2927裏のゴールデンティアラの花
夏場はこちらの方が日当たりが良いらしく、花が上がるのが早い。向こう側が畦でなければ、バラを植えたいくらいだけれど、棘のあるものは迷惑ですね。それと、用壁を乗り越えて茅類が進出してくるので草取りが厄介な場所でもあるし、冬の雪かきを考えると狭くしない方が賢明でしょう。

東側の半日陰では、八重咲きのアジサイが開花中です。ガクアジサイよりずっと遅咲き。
20160720IMG_2925八重のアジサイ
白っぽい花弁が水色、そしてさらに青みが増す様が清清しくて、嬉しいアジサイです。

我が家一番の遅咲きのアジサイは、ピラミッドアジサイで、北側で大株の枝先に今、沢山蕾を見せています。

明日はすっきり晴れてほしいです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード