六道の堤~桜と中央アルプス

我が家から高遠への道中で、以前も見かけてとても気になっていた場所があり、今回は帰りに寄ってみることに。
一画の高台に密集して咲く桜がとても美しかったから。堤に上ると、たっぷりの水がそこに。
そしてあまりの美しい桜と山並みの景色に息を呑みました。

松の雄姿が柔らかな桜色を引き立てています。(写真はクリックで拡大可能)
残雪の中央アルプスがほぼ全域見られて最高!
IMG_0694六道の堤、春の絶景

絶えず流れ入っているようで小波立っていて、水面に映る桜も揺らいで。
IMG_0697桜映る六道の堤

満開。
IMG_0700桜
6種あるそうだが、ほとんどがタカトオコヒガンザクラとか。

華やかな八重咲き水仙の株を発見。
IMG_0698八重咲きの水仙

溜池の周りにぐるり点々と植えられた水仙も。数年先は足元が黄色く染まって綺麗だろうなぁ。

井月(せいげつ)の、読めないけど美しい書体の句碑が北側に。
絶筆の「何処やらに隺の声きく霞かな (どこやらにたずのこえきくかすみかな)
IMG_0701井月の句碑
もともと別の場所にあったものを、道路行政上の事情でここに移されたらしい。謎の多い放浪俳人で、郷里は越後と覚しく、北の方角を向けて建てられたそうです。

ぐるりと回ってきて、ふと振り返ると、信州の美しい田園風景!
IMG_0705六道の堤西側から見た中央アルプス
中央アルプスが広く望めます。中央左に空木岳がどっしりと。

ここは「六道の堤」と、説明書きで知りました。
IMG_0691「六道の堤」説明版

江戸末期の1851年に造られた溜池で、上伊那有数の穀倉地帯を築く礎となったそう。
160年前の築堤以来の大改修を2008年10月に着工、2011年1月に完成。先人達の苦労を偲んでタカトオコヒガンザクラの苗木を植えたのだそうです。古いけど新しい景色と言えそうです。

高遠のあふれる桜を見て感動した後だけど、なになに負けないほどのこの感動は意外な場所で絶景を見つけたからでしょうか。それと、ほどほどの花見客というのも、気兼ねなく撮れて嬉しいです。


        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード