氷河由来の扇状地と木々の景色

太田切川散策のつづき。

橋を渡り北岸の宮田村側へ。
岸辺の散策路を歩いて下ると公園やらモニュメントやら、はたまた植込みの植物と、色々と目に留まって楽しい。
(私のカメラが故障し始め、撮ったはずのお花など、一部撮れてなかった(*・_・)。一昨日、ついに壊れて一切撮れなくなった。即日修理行き><。)
川原へはあちこちにある石の階段で下りられるのがまたいい。夏の光景が目に浮かぶよう。
振り返ると川面は白く光り、雑木たちの枝の赤みが彩を。

2016-03-13 石垣と赤い木々の川原

赤っぽいのは柳の仲間かな。穂がぶら下がってる木は樺の仲間かな。
20160313赤っぽい雑木と光る川面IMG_0419
駒ヶ根ファームスの屋根も光って見える。

こんな面白い説明プレート発見。真似して写真になぞってみた。
201603132万年前の扇状地面

2万年前に氷河が作った扇状地を削ってきた川の今の景色。なんか不思議。
その川が本流の天竜川を押し出す大きな扇状地を作っている。
2016-03-13 二万年前の扇状地面と川岸の景色

そういえば、太田切川の他にも中田切川とか与田切川とか、面白い名前の川が多いなぁと思っていたけど、「田切」が特定の地形を表す言葉とは30年以上信州に暮らしていて初めて知った。^^;

葉がなくても木々がきれい。芽吹きの頃はもっと綺麗だろうなぁ。

散策路ところどころで可愛い冬芽をみっけ。
20160313ヤナギの木と冬芽IMG_0435

2種類見つけたけど、どちらも柳の仲間かな。
20160313ヤナギの冬芽比較

だいぶ歩いてきたら橋が先にはないことが判明、岸辺に下りて砂防用?の石板の渡り場を歩いて南岸に。
キャンプ場やらキャンプファイヤー場やら、景色がちょっとずつ違うのにキョロキョロしながら川上に戻る。

川が狭く見えると思ったら大きな中州。しかも赤松の綺麗な並木が!治水の関係かな。
20160313中州の松並木と太田切川IMG_0431

駒ヶ根ファームスの近くのこまくさ橋のたもとに福寿草。可愛い。
2016-03-13こまくさ橋の福寿草

あっちこちひっかかりながらの川辺ウォーキングは気づくと2時間近く経っていてお腹ぺこぺこ。
まっすぐファームスのレストランへ。
頂いたランチ・セットも格別美味しくて綺麗に平らげて満腹。^^
運動量と比較して、カロリー的には完全にオーバーかな。^^;

割合近い所に住んでいるのに、歩いてみないと分からない発見がいっぱい。
満足な休日となりました。

        Thank you for coming~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード