C.プリンスチャールズ、ER.グレイスとビーズフェイバリット

ビチセラ系クレマチスのプリンスチャールズ。
去年、生協で購入した、草の芽と間違えるほど小さい苗
すくすくと成長し、初めて中輪の青花を咲かせました。

20150602クレマチス・プリンスチャールズとコンテスドブショウ

ジャックマニー系のコンテス・ド・ブショウに比べるとだいぶ小さめ。

そして、イングリッシュローズ・グレイス。

20150531グレイス


ラベンダーの蕾たちの隣で少しずつ花数を増し
外に出る楽しみになっています。

20150602グレイスとラベンダー

今年も綺麗なダリア咲きを披露してくれました。
これだけ見るとバラじゃないみたいですよね。

20150604グレイスのダリア咲き

line小花

今日は、新顔の宿根草をご紹介します。

いつもの苗屋さんで1株だけ残っていた可愛い花苗発見。
その名はモナルダ・ビーズフェイバリット。
5月10日の写真です。

20150510モナルダ・ビイー・フェイバリットの苗

とてもモナルダとは気付かない、
べロニカやネペタ、セージ類の雰囲気。
ラベル写真も、ほんとにモナルダ?ってお花。
葉っぱにはラベンダーに似た強い香り。

20150510モナルダ・ビイー・フェイバリット苗の蕾

調べたら、モナルダの仲間で間違いなし。
取り上げている人は少なく、英国サイトでようやく育て方を見つけました。
丈夫で増えるけれど侵略的ということはない、とあったのを信用して
ライラックの近くに植え穴を掘り、土を改良して定植。

2週間後、花穂が伸びてきました。

20150524モナルダ・ビイー・フェイバリット

3週間後。
花穂に間隔があいて段咲きに。
一つ一つの段に小さめのモナルダが咲いている感じですね。
草丈も40cm位に伸びました。

20150531モナルダ・ビイー・フェイバリット

ビーフェイバリットという名ほどには蜂は寄ってこないです。
ラベンダーの方がはるかにミツバチに人気なよう。

line小花

蜂といえば、最近スズメバチが垣根のレッドロビンにやってくるんです。
困ったことに、ちょうど水道蛇口の近く。
放置はまずいと思い、巣がないことを確かめて、
餌となる虫を探してるのかと、しばらく観察してみると
どうもそうではなく、幹にとまって樹液か何かをなめてる様子。
それで、今日は急きょレッドロビンの剪定をしました。
巣を作られないように、というより、作られてもすぐ分かるように。
防虫ネット付きの帽子を被って作業をしたけど、
スズメバチが1匹と、時々アシナガが1匹、目の前をブンブン。
こっちに向かって来る気配はなかったけど、あの羽音は恐ろしげ~><。

カーポートに被さり始めていた枝も鋸で切り取り、
ついでにカーポートの樋部分に溜った腐葉土状のものを全部除去。
どっさりとれました。
合わせて3時間くらいかかったでしょうか。
すごく疲れて、今日したかったことは全然できなかったけれど、
昼下がりには雨が降り出したので大正解でした。
これでカーポートの屋根に落ちる雨水は気持ちよく地面に流れそうです。

先週の金曜はやドングリの木やキモッコウを1/3程に枝を除く剪定。
このところ毎金曜、脚立に登って力仕事してる気がします。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード