常緑樹のレースフラワー

我が家ではめったに咲かない珍しいお花。今年はひとつだけ。
20170529 IMG_5977レッドロビンの花

レースフラワーのようなお花の主は

20170529 IMG_5979レッドロビンの花

レッドロビン
学名: Photinia × fraseri ‘Red Robin’
英名: Christmas berry
和名: ベニカナメモチ 
<カナメモチ(Japanese photinia)と オオカナメモチの交配種>
バラ科、カナメモチ属  萌える新芽が赤く美しい常緑低木

生垣利用が多い常緑樹。我が家もそう。
遠目にはアイボリーの地味なお花だけれど
近づくと可愛らしい白い小花が一杯。
英名のクリスマスべりーは見たことがないので、
今年は花をこのまま残して実が付くのを見てみようと思う。
 
        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

ドクターラッペルとサルビア 'カラドンナ'

早咲き大輪、パテンス系のクレマチス、ドクターラッペル。
我が家では5番手の早咲きさん。
サルビア・ネモローサ・カラドンナの葉の間、
低いところで開花の瞬間。
20170523 IMG_5967クレマチス・ドクターラッペル
2017.05.23

高い所は既に揃って開花。
20170523 IMG_5968クレマチス・ドクターラッペル
2017.05.23

サルビア・ネモローサ・カラドンナの花穂も色づいて。
20170523 IMG_5969サルビア・ネモローサ・カラドンナ
2017.05.23

去年あまり咲かなかったカラドンナ。
株がしっかりとして、
今年は沢山咲いてくれそうな気配です。

20170529 IMG_5987ドクターラッペル満開
2017.05.29
5月末の盛りを過ぎたドクターラッペルと、これから見頃のカラドンナ。
コラボの終焉です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ビオラ寄せ植えとエリゲロン

昨秋植えたビオラ、神戸ビオラなどの寄せ植えたち、
5月に入って勢いを増し、中旬にはこんもりと花盛り。
20170515 DSC01627寄せ植え
2017.05.15
中央の八重ヘレボルス、葉が茂ってつやつやです。
花は褪色しきってますが、まだ楽しんでます。

色の悪くなったカルーナは取り出し、
開花苗のヒドコート・ラベンダーや銅葉のキンギョソウに入れ替えて。
20170515 DSC01628寄せ植え
2017.05.15

2週間ほども経つとビオラは溢れ
エリゲロンデージーが足元で咲き出しました。
20170530 DSC01645寄せ植えとエリゲロン、キャットミントなど
2017.05.30

20170530 DSC01646玄関の寄せ植え風景
2017.05.30

気温や室度が上がってくると、
ビオラたちも傷んで終盤となってくるでしょう。
6月上旬までもってくれるのかな。
今日は予報では33℃まで上がるとか><;


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

パレードとアラベラ

クライミングローズのパレードが開花。
キモッコウ、カクテルの次の3番手と、今年は早い。
20170529 IMG_6002ツルバラ・パレード

インテグリフォリア系クレマチスのアラベラも。
20170529 IMG_5999クレマチス・アラベラ

去年小苗でやって来たアラベラは、
植え替えた大鉢ですくすくと伸び、私の背を越すほどに。
おかげで高いところで咲き出したお花がよく見えません。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

オオアマナの白花~ひと時のコラボ

シャーロックの庭に咲く4種のビオラと2種のアジュガと
20170516 IMG_5873ビオラとオーニソガラム・ウンベラータム

5月中旬だけの咲き時短いオーニソガラム・ウンベラータム。
20170516 IMG_5875オーニソガラム・ウンベラータム

別名オオアマナ、またはベツレヘムの星(Star of Bethlehem)
20170516 IMG_5874オーニソガラム・ウンベラータム
2017.05.16
星型の純白花と、濃いグリーンの蕾の対比が美しい。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

次々と分かる嘘

「共謀罪」問題について、重要なことが次々と分かって来ている。
国際組織犯罪防止条約(パレルモ条約)の締結に「共謀罪」は全く必要ないことがまたしても判明。

政府がパレルモ条約の締結に必要という国連の「立法ガイド」を外務省が誤訳していると!
立法ガイドを正しく訳せば、「共謀」の概念の犯罪化は求めておらず、日本は既に批准の要件は整っていることが判明しているそうだ。

翻訳者の勝見貴弘氏がパレルモ条約の立法ガイドを詳しく解読されてTwitterで公表されていることに、外務省の立法ガイドの誤訳が指摘されている。
either~or で重要な誤訳をしているというから驚愕。

"The options allow for effective action against organized criminal groups, without requriring the introduction of either notion - conspiracy or crimnal association - in States that do not have the relevant legal concept."

引用させていただくと、
正しくは( 勝見氏訳 )
「 これらのオプションは、関連する法的概念を有さない国において、共謀又は犯罪の結社の概念のいずれの概念の導入も求めることなく,組織的な犯罪集団に対する実効的な措置の実施を可能とする。」
https://twitter.com/tkatsumi06j/status/867000304385929216

勝見氏曰く、
”外務省が根拠とする「共謀又は犯罪の結社の概念のいずれかについては」という,いずれかを導入しなければ批准・履行要件を満たせないというこの箇所は,私が訳しても,やはり「いずれの概念の導入求めることなく」としかならない。”と。

「共謀罪」は不要であることが、ここでも明確に分かります。


既に5月5日付朝日新聞で、
パレルモ条約の立法ガイド執筆のニコス・バッサス教授が「条約はテロ防止を目的とするものでない)」と明言する記事があった。
さらに5月16日の報道ステーションで、
ニコス・バッサス教授は条約の批准条件を満たすかどうかの国連の審査機関はないことや、批准してから法整備することも可能であると語っていた。
この時点でまず、政府の言う「パレルモ条約に批准するために”共謀罪”は必要」というのは

そして極めつけなのが今回分かってきたこと。

さらに、
国連の人権理事会から任命され、プライバシー権の保護を任務とするジョセフ・ケナタッチ氏が「共謀罪」を「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れがある」欠陥のある法だと懸念する公開質問状を 送ってきていることに対し、「一個人」だの、「不適切」だのと、答えにならない意味不明な言葉でただ抗議する官邸。情けない限り。

結局、「国連」を根拠に進めた「共謀罪」は、根底が崩れ、その根拠が全くなかったということ。
これが明確になったと思う。

因みに、
国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏の、個人の資格(in individual capacity)とは、国連で言う場合、「国の代表の資格ではない」という意味だとか。つまり、とても重要な資格であるということ。単なる一個人などではない。

引用ですが、
<国連人権理事会決議によりその責務範囲の実施を全権委託されている特別報告者には,人権理事会及び国連人権高等弁務官事務所の名に於いて,独自に,対象国の人権実績が国連の各種条約に照らしてどうかを調査し,その一環として政府機関等に情報提供を求めることができる。 >


では、何故「共謀罪」を政府や2与党と維新は急ぐのか。
’言えない’本当の理由は、やはり、自分たちに不都合な人々の口を塞ぐのが目的だからではないか。
つまり、「民主主義」のふりだけして、実は民主主義の根幹を壊そうとしているのではないか。

小さなキッチンガーデン

今年の我が家の適当キッチンガーデン。
20170523 DSC01643小さなキッチンガーデン

スギナや他の雑草を取り除き、土をよく耕す。
冬の間に生ゴミ堆肥を埋け、石灰をまいてあるので、よく混ぜながら。
土が流れ出ないように、連結仕切りでぐるりと囲う。
この日はとても暑かったので早く終わらせたかったけれど
野菜苗を植えるまでに、予想以上に時間がかかってしまった。

越冬できたイタリアンパセリ(左端)はそのままに
新たに植えたのは
接木苗の中玉トマト’シンディスウィート’、ピーマン’京みどり’
スウィートバジル、パクチー、一番手前にリーフレタス。
枠の外れ右側には丈夫なニラが今年も出ています。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

キモッコウのトンネル

5月9日にはわずかに蕾がほころびはじめたキモッコウバラ。
20170509 IMG_5849キモッコウの開花

5月21日あたりから、一気に満開へ。
お気に入りの風景です。
20170523 IMG_5964キモッコウとクレマチスの通路

ソフトイエローの小さなブーケが幾重にも。
20170523 IMG_5957ふんわり咲くキモッコウバラ

狭い通路には旺盛すぎて剪定に疲れ、
根元から切ってしまったこともありましたが
復活しているのを見たら嬉しくなって、今は大切にしています。
20170523 IMG_5959溢れ咲くキモッコウバラ

部屋の窓からみえる景色もまた格別。
狭い場所では、一年を通して剪定が必要ですが
棘も病害虫もなく、確実に咲いてくれる優れたバラです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

モンタナ・エリザベス

5月18日、まだ蕾が見える咲き始め。
20170518 IMG_5882モンタナ・エリザベス開花

21日を過ぎて一気に満開へ。

5月23日。近づくとほのかに良い香り。
20170523 IMG_5950香しいモンタナ・エリザベス

よく見ると、もう花弁を落としている子も。
20170523 IMG_5946満開のクレマチス・モンタナリザベス

アーチの子達はもう終盤です。
20170523 IMG_5961アーチのモンタナ・エリザベス

連日の真夏日にお花たちもびっくりです。
昨日の最高気温28℃が涼しく感じたのにもびっくりです。
さて、今日はどうでしょう。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

国連に心配されて

国連の懸念をつっぱねて「共謀罪」採決をごり押し
この国はどこへ行こうとしているのでしょう。

昨夜の報道ステーションの「共謀罪」関連ニュースを観た。
与党が採決を強行して「共謀罪」法案が衆院通過。
衝撃的だったのが小川さんの国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏へのインタビュー。

国連の人権理事会から任命され、プライバシー権の保護を任務とするジョセフ・ケナタッチ氏が「共謀罪」について安倍総理宛に書簡で「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れがある」と懸念。「新法案では、犯罪を立証するため国民への監視を強化する必要がある場合に、適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と指摘。

日本政府はすぐさま抗議の文書を送ったらしく、菅官房長官の抗議の会見も観た。ただ怒って一蹴しているだけ。うんざりするほど毎度の、ただ高圧的で空っぽな会見。

文書を受け取ったケナタッチ氏は「受け取った“強い抗議”は中身のあるものではなかった。私の懸念に答えていない」と反論を発表。さらに、我々の取材に対し「法案の文言を見て驚いた。私が送った書簡や日本政府からの回答を含め、すべて人権理事会に報告する」と。

「国連の『パレルモ条約』批准のために共謀罪が必要と」安倍政権は根拠の一つに言ってきたけれど、その国連から心配されているありさま。

そもそも、そのパレルモ条約。政府が批准の根拠とする「立法ガイド」を執筆した、パレルモ条約を最も知るニコス・バッサス教授が「条約はテロ防止を目的とするものでない」(5月5日朝日新聞、5月16日報道ステーション)、と既に明言されているわけで、そのことに対する説明も聞いたことがない。

紫の庭もよう

アリウム・パープルセンセーションは満開、まん丸。
直径12cmもの大きな球状花は不思議と落ち着いて感じます。
20170522 IMG_5934アリウム・パープルセンセーション


夕刻の釜山菖蒲、満開です。
日曜日からの真夏のような天気にびっくりしていることでしょう。
20170522 IMG_5937ほぼ満開の釜山菖蒲

今朝のパープルセンセーション。
20170523ん丸のアリウム・パープルセンセーション

こちらの方が、実際の色に近いです。
最初の2つは、うっかり「白色蛍光灯」のままで撮影。
ホワイトバランスひとつで空気が変わりますね。

それにしても、暑いので
アリウムがどんどん盛りを過ぎていっています。
日本桜草などは、21日の暑さで一気に終わってしまいました。
イングリッシュ・ブルーベルも、もうお終い。
種がつかないように花茎を手折っておきました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

姫ライラック

学名: Syringa microphylla
別名: 矮鶏丁香花(ちゃぼはしどい)
モクセイ科 ハシドイ属

我が家の姫ライラックは約20年前に実家から挿し木苗でやってきました。
葉も花も、ライラックよりずっと小ぶり。

20170518 IMG_5887姫ライラック少し開花
2017.05.18

80cmほどの高さを保ち、樹形も暴れず
開花時にはアプローチに良い香りをもたらしてくれます。
ライラックより20日ほど遅咲きで、ようやく満開です。
20170522 IMG_5947姫ライラック満開
2017.05.22

満開になると、近くを通るだけで香ります。
派手さはありませんが、可愛い花木です。
我が家のは5月だけの1季咲きですが、
秋も咲く2季咲きの品種もあるようですね。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

釜山菖蒲の開花

20170518 IMG_5881釜山菖蒲とアリウムの紫

20170518 IMG_5890釜山菖蒲の花

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

極小な来客

アリウム・パープルセンセーション
日に日に丸く大きくなり、そして色鮮やかに。
20170518 IMG_5888アリウム・パープルセンセーション満開

ん? アブくんかな。
20170518 IMG_5889アリウム・パープルセンセーションとアブclip

蜜は美味しいかな?

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

空に浮かぶ花

アトラゲネ系のクレマチス、プロペルティウス。
今年は低いところにわずか一つ、と思っていたら
頭上に咲いているのを発見。
20170518 IMG_5883アーチのクレマチス・プロペルティウス

そういえば、伸びた蔓をアーチに絡ませていたのを忘れていました。
20170518 IMG_5884アーチのクレマチス・プロペルティウス

根元近くに、モグラの通路があったので心配でしたが大丈夫そうです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

日本桜草咲く庭

我が家で一番の遅咲きプリムラの日本桜草。
満開です。青い勿忘草と一緒に。

20170515 IMG_5860日本桜草
24年前、我が家にやって来た数株がこんなにも増えました。
別場所にも増殖中。
植え替えで株が増えたというより、実生で増えたような気がします。

アプローチ沿いのプリムラ・ブルガリス、
花は終わり、葉が茂ってきました。
でも隣列の白ビオラはまだまだ活躍中。ロングランです。
20170515 DSC01624日本桜草とビオラ咲く
アプローチ脇の土が見えているところには
去年咲いたアリッサムの枯れ枝から種を叩いておいたら、
沢山発芽して育ってきています。楽しみ。

アルケミラモリスが畳まれた葉を開いてきました。
IMG_5842アルケミラモリスの葉と水滴
前日の雨粒をのせています。
花も大好きだけれど、
葉っぱも、ふんわりして可愛い子です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

シラー・カンパニュラータ


20170509 IMG_5831シラー・カンパニュラータ(桃
2017.05.09

20170516 IMG_5871シラーカンパニュラータ(ピンク)
2017.05.16
20170516 IMG_5872シラーカンパニュラータ(青)
2017.05.16
20170516 IMG_5876巨大なシラーカンパニュラータ(ピンク)
2017.05.16

イングリッシュ・ブルーベルの開花

なかなか増えないイングリッシュ・ブルーベル。
今年は去年より少し花数が増えたかな。

20170516 IMG_5863イングリッシュブルーベル

2017.05.16

葉も花も、スパニッシュ(シラーカンパニュラータ)よりスレンダー。
華奢な印象です。
20170516 IMG_5865イングリッシュブルーベルの花姿
2017.05.16

スパニッシュより後から咲いて、先に終わる
わりと儚いお花です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

赤紫の球状花

今日、今年初めてカッコウの鳴き声を耳にしました。
もう初夏の扉が開いているのでしょうね。

アリウム・パープルセンセーションの大蕾がはじけて赤紫の球状花に。
小さな蕾が沢山現れ、その蕾も開いて星型の花が登場♪
20170515 IMG_5858開いてきたアリウム・パープルセンセーション
ちょっと、スターマインが上がってるようにも。

ハナズオウの赤紫が褪色し始める頃、
選手交代と言わんばかりに鮮やかなレッドパープルに。
20170515 DSC01622アリウム・パープルセンセーション咲く庭

草丈は60~90cm。ギガンチウムほど大きくないけど存在感あり。
一般の庭の限られたスペースにも使いやすいサイズな気がします。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

共謀罪反対

「平成の治安維持法」とも呼ばれる、内心を処罰する希代の悪法「共謀罪」(テロ等準備罪)は要らない。

自白、盗聴、密告、スパイ捜査員ゴロゴロ…そんな日が近い? それって、かつての破滅への道。
何の罪もない人が突然拘束され、自白を強いられ、冤罪が沢山つくられる、そんな社会になってほしくない。
政権側にとって不都合な人々を陥れるための「罪」さえ故意につくられうるのでは。
国会で参考人として意見陳述していた小林よしのり氏が言っていたように、普段は物言わぬ人であっても、家族などが被害に遭うなどして切羽詰まれば異を唱え物言う人に変わらざるを得なくなる。それが保障されない社会というのは、民主主義とは言えないと思う。


それと、政府が国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結のために必要な法案だと言ってきたけれど、5月5日付の朝日新聞に、国連の「立法指針」執筆者ニコス・バッサス教授が「テロ対策はTOC条約の目的ではない」と明言している。つまり、国民を騙すために条約を利用してきたということか。
とにかく、説明責任を全然果たしていない。


共謀罪は、憲法が保障する基本的人権を侵害しうる。違憲だと思う。


憲法 
第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第21条
① 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
   これを保障する。
② 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、
   これを侵してはならない。

一日遅れのマザーズデイ

5月15日月曜日
大箱の贈り物が届いてびっくり。
20170515 DSC01631大きな箱の母の日プレゼント

淡色の生花のブーケ! (〃'▽'〃)
20170515 DSC01633花束

東京にいる家族から母の日プレゼント♪♪
ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ Merci beaucoup, ☆~chan!

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

シェードに咲く花たち

西洋石楠花プレジテント・ルーズベルト。
北側だけど春以降は午前中陽が当たり、日陰になっても割と明るいおかげか
放任でも毎年それなりに咲いてくれる。
20170509 IMG_5847西洋石楠花プレジデント・ルーズベルト

南側の庭
大きなイチイの木陰に、昨秋植え替えたブルンネラ
マクロフィラ ‘スターリー・アイズ’(Brunnera macrophylla ‘Starry Eyes’)
初めてお花を見せてくれました。
勿忘草を小さくしたようなお花は、よく見るとブルーの縁取り。
20170504 DSC01586ブルンネラ

その隣にはングリッシュ・ブルーベル。
20170509 IMG_5826イングリッシュ・ブルーベル
蕾を上げ始めています。
スレンダーな青いベルをぶら下げて咲くのが楽しみです。
20170509 IMG_5840イングリッシュ・ブルーベルの蕾

こちらはライラックの木陰に咲くピンクのスパニッシュ・ブルーベル。
シラー・カンパニュラータの方が名前が通っているかな。
20170509 IMG_5831シラー・カンパニュラータ(桃
よく見かける、ゴツイ感じのシラー・カンパニュラータと違って
わりに華奢なイメージ。色合いも気に入っています。

最後はドウダンツツジの木陰で咲いているティアレラ。
ヒューケラの仲間で、葉の色形も魅力的な植物です。
20170509 IMG_5819ティアレラの花
このお花、線香花火みたいで可愛いんだなぁ。
20170509 IMG_5832ティアレラの花
大株になってくれるといいな。

最後はアイフェイオンの青花。
結実した、早咲きのムスカリ・アズレウムと一緒に。
20170509 IMG_5823アイフェイオン
ずいぶんと昔に植えた覚えがあるやなしや。
今は日向、いずれアナベルの日陰となる場所で咲いています。


line小花

今週は天候が不安定で、気温が乱高下。
先週土曜は暑いくらいだったのが、水曜の夜には暖房を入れるくらい。
暑くなる予報を裏切って、木曜日もすこし肌寒かった。
でも昨日は陽が差して気温が上がり、久しぶりに腰を据えて庭仕事。
バラの蕾が上がってきたと思ったらバラゾウムシが出始めたので
細かく見回って牛乳パックに袋を内側に被せ、そこに落とし集めました。
昨日は用事がなく、次々見つかる作業につい夢中に。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

遅咲きのプリムラたち

早咲き八重のプリムローズやプリムラ・ブルガリスなどにつづいて
遅咲きのオックスリップ(プリムラ・エラチオール)が開花中。
20170509 IMG_5839オックスリップ

すっかり株数が減ってしまったので昨年株分け。
徐々に増えています。
20170504 DSC01588プリムラ・エラティオール(オックスリップ)
背後のピンクはプリムラ・日本桜草の群生。

アプローチには6種類のプリムラとビオラたち、
銀葉のアサギリソウ、白花のイベリスなどが低く彩ってくれてます。
20170509 DSC01620アプローチ・ボーダー庭

派手色のプリムラ・ベリス・サンセットシェードが
賑やかにおしゃべりをしてるよう。
20170509 IMG_5856赤花プリムラ・ベリス・サンセットシェード
楽しげです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

クレマチスたち、開花へ

のびのびと両手を挙げているこの子は
20170509 IMG_5833アラベラの蕾
去年やって来たクレマチス・アラベラ。
蕾が見えてきました。
20170509 DSC01617クレマチス・アラベラ、オベリスクの高さに
もうオベリスクの高さにまで伸びています。

これはもしやと思ったらやっぱり。
我が家一番の早咲きさん、
アトラゲネ系のピンクプリンセスの花がすでに。
20170509 IMG_5850クレマチス・ピンクプリンセス

アルピナウゥリーも。
20170509 IMG_5851クレマチス・アルピナウィリー

モンタナ・エリザベスももうじきです。
20170509 IMG_5852クレマチス・モンタナエリザベス

大輪のドクターラッペルも準備万端ですね。
20170509 IMG_5830クレマチス・ドクターラッペルの蕾

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

紫花の庭風景

蕾がほころんできました。
我が家の新顔、アリウム・パープルセンセーション。
20170509 IMG_5820アリウム・パープルセンセーション開花へ

ゲラニウム・ビルウォーリスの小粒な赤紫花と一緒に。
20170509 IMG_5835ゲラニウム・ビルウォーリス

庭全体としてはまだ目立ちませんが
20170509 IMG_5822パープルセンセーションの庭

中型のアリウムですが、なかなか大きいです。
20170509 DSC01613蕾見えてきたアリウム・パープルセンセーション

赤紫のハナズオウも最盛期。
20170509 DSC01614ハナズオウ咲く庭風景

シャーロックの庭は冬を越したビオラたちが活躍中。
奥には淡色の紫花菜が陣取っています。
20170509 DSC01619シャーロックの庭
今年のバレリーナは勢いが良い気がします。
楽しみ。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ハナミズキ(花水木)

学名: Cornus florida
別名: アメリカヤマボウシ 英名: flowering dogwood
ミズキ科 ミズキ属 ヤマボウシ亜属  落葉高木

2017.05.09 庭より
20170509 IMG_5854ハナミズキ(白)
 
白いのは総苞で、本当の花は中央の黄色い粒々に見えるもの。
20170509 IMG_5855ハナミズキ(白)

白花ハナミズキが最盛期です。
赤花種に比べて早く、葉も大分展開してきました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

キョウジョシギ(京女鷸)

子どもの日、穏やかな海。
20170505 DSC01603常滑の穏やかな海

伊勢湾に面する浜辺。
水は意外にも澄んでいる。
20170505 DSC01600澄んだ海水

鴨に似た羽色の水鳥がテトラポットに群れて飛来。
20170505 IMG_5812キョウジョシギ(京女鷸)

鴨にしては細身で嘴が細長く尖り、足が細長い。
調べていたら、キョウジョシギ(京女鷸)と判明。
20170505 IMG_5812キョウジョシギclip
春と秋にやってくる渡り鳥らしい。
お腹の白にオレンジの足がよく目立つ。
首と顔の黒い模様が特徴的。
遠目に眼光鋭い印象を与えている。
頭が白いこの姿は夏羽らしい。

チドリ目シギ科 
英名はRuddyTurnstones
石を嘴で返して餌を探すことから付いた名。
Ruddy は足の色から?

続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ため息

フランスが極右を選ばなくて良かった。マクロンさん、これから多難そうだけど。とりあえず、ほっ。
翻ってこの国は。ナショナリストが牛耳る狂った現状。。

雪柳の剪定

今日、暑いくらいの陽気のもと、雪柳の花後の剪定をしました。
すっかり花が終わって新梢が伸び、鬱蒼とし始めていたのですっきりと。
ヒコも抜いて。
近くの植物にも影響するので
広がる地下茎を早めに取り除かなねば。


line小花
写真は4月28日撮影。

4月中頃には、他所の白花種より先に咲き出していた薄ピンクのユキヤナギ。
品種はおそらく 'フジノ・ピンク '
20170425 IMG_5668雪柳

蕾は赤味のあるピンク。花弁の縁は薄ピンク。
20170425 IMG_5665雪柳

開ききると遠目には白。
20170425 IMG_5666雪柳

南庭の方は北のより開花が早い分、終わりも早い。
今年も、色の変化を楽しませてくれました。
20170425 IMG_5654雪柳

line小花

近くのバラ 'ラブリーメイアン' に侵出しつつあったので、ある程度除去。
これから開花を迎える他の植物を痛めてしまいかねないので
根を切る作業は晩秋以降の方がいいかもしれない。

遅い昼食の後、
黄砂が気になったので、夫のと私のと両方手洗い洗車。
ついでにカーポート周りの植物の手入れ。
私の身長ほどに伸びたクレマチス・ロウグチをバラ枝の手前に引き出し
ブラッシュノワゼットの花と一緒に咲くように誘引。
草取りや、乾いた庭への水遣りやら、
家に入ったのは18時を知らせる夕時メロディの鳴った後。
ほぼ終日、良い汗かきました。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

ベニバナトチノキ

時は2016年5月初旬。
とある所に見たことのない樹木がピンク色の花を。

ベニバナトチノキ(紅花栃の木) または ベニバナマロニエ
北米原産のアカバナトチノキと欧州のセイヨウトチノキ(マロニエ)との交雑種らしい。
学 名: Aesculus x carnea Heyne
科 名: ムクロジ Sapindaceae
20160506 IMG_1222金沢駅前のベニバナトチノキの花

放置していた昨年の写真を整理中、ようやく判明した花木の名前。
見たことのない植物を撮っておくと、
時が経っても色々と分かることがあって面白い。
20160506 IMG_1223金沢駅前のベニバナトチノキの花
葉はまだ広がりきっていないけど、
上部の方は開いて大きな掌葉にみうけらる。
場所は駅構内の植栽。
20160506 IMG_1220金沢駅前のベニバナトチノキの花

向って鼓門の左側。
タクシーの車列が見られる辺り。(↓は前日、快晴の時)
20160505 IMG_1064金沢駅東口

夕刻を示す表示板は、
20160506 IMG_1224噴水表示板

なんと、噴水。「いいね、金沢」。
20160506 IMG_1226駅前の噴水「いいね金沢」

金沢駅前植栽のベニバナトチノキ(ベニバナマロニエ)
一年前の写真でした。^^


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (1)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード