原種系クレマチスなど

庭から


去年庭に下ろしたクレマチス・ジュイニアナ・プレコックス。
原種に近いもので、クサボタンの仲間だったかな。
木立性。自立せず、結えています。

20150711クレマチス・ジュイニアナ・プレコックス

10日程前の庭桜。

20150710庭桜の実

実が色づきました。
食べられるけど、あまり美味しくはないかな。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

空気のような、とても大切なもの

訪問ありがとうございます。
ここにお花を見に来てくださってるとしたら、ごめんなさい。
いつものような写真アップの意欲が湧いてきません。

健康面は問題ありません。庭の世話もできております。
ただ、綺麗に咲きだしたお花たちを見ても見惚れる気分になれないのです。

笑われちゃうかもしれませんが
不調の理由はあの11本もの法案の強行採決。
2015年7月15日の委員会強行採決と16日の衆議院通過。
予測してたことなのに、立ちくらみがする衝撃でした。

首相の言う「丁寧な説明」(アソ ーサンと歩いていたら・・・の話)には戦慄が走りました。
まさしく憲法(9条)が放棄している「武力による紛争の解決」そのものだからです。合憲な訳がない。
そして先にあるものは破滅・・・それしか見えてこないんです。
運よく戦争を免れたとしても、計り知れない負担を誰が負うのでしょうか。
超高齢化の拍車と経済の疲弊しか生まないと思うのです。

これまで社会が多くのジレンマに悩みながらも
平和の恵みを享受してこられたのは今の憲法のおかげ。
まるで空気のような存在で、いつもは全然意識しないのだけれど
ないと生きられないほど、とても大切なもの。
これが危うくなると、暴走する権力に生きる自由をじわじわ奪われる。

「存立の危機」って言葉が何度も聞かれたけれど
私には今まさに民主主義の「存立の危機」の真っただ中。
そんな空気に固まってしまっていたのです。

でも、世代を超えて意思表示をしようと、国会前や各地で集まる人々
立ち上がる学者や文化人たち。

特に、若い人は右傾化していると思い込んでいたので
SEALDsの若者たちの合法的な活動にも一筋の光を見る思いです。
むしろ問題なのは、きちんと直視してこなかった私たち世代なのかもしれません。


ガーデニングがメインテーマのこのブログで
こんなこと書くのはどうかとも思ったのですが
今のもやもやした気持ちを整理しようと思い、綴りました。
ハンドルネームで、なんとも微力ですが、
「微力は無力ではない」って、どこかで見つけた言葉に刺激も受けて。

「連休が明けたら国民は忘れるだろう」って言われて平気でいられますか?

主権在民、立憲主義、平和主義・・・紙切れにしたら大変。
中学校で習うようなごく普通の事でも、こうして書いていられるのは、
憲法が保障する表現の自由(第21条)のおかげなんですね。
だから、紙切れ同然にしちゃいけない。

デモや議論の苦手な私にできる唯一の意思表示は投票。
20歳からこのかた選挙をさぼったことはないのですが、
正直、しっかり向き合ってきたかと言えばかなり怪しい。

だから時々、おえっと吐き気を催しながら、少し勉強もしようかと。
理解できるかは分かりませんが。


松本市で39歳の主婦の方が法案と憲法の関係を学ぼうと信州大大学院の成沢孝人教授(憲法学)に依頼して
連続講座を始められ、動画にして公開してくれています。(信濃毎日新聞7月18日第一社会面より)


7月11日分の講座を動画で視聴しました。
国連憲章の成り立ちの過程で生まれた独特なキーワードなど、眼から鱗の内容でした。おおまかな歴史背景や現在までの法整備の流れなどもざっくりとですが押さえられそう。最初はとっつきにくいけど興味深い内容でした。次回が楽しみです。

まったく無縁ですが、地元の国立大も動いておられます。
「信州大学人の会」の憲法学集会も同じ先生の講座のようです。


報道ステーション
憲法学者に聞いた~安保法制に関するアンケート調査の最終結果

憲法学者の方の見解がリンクされていて全て読むことができます。



読んでくださってありがとうございます。
訪問やコメントはしばらくできないかもしれませんがお許しください。

挿し木バラ苗の開花

昨年、晩秋にクレマチスと薔薇の挿し木をしました。
今日はそのうちの薔薇の話。

剪定したものから適当に挿し穂をとって
バーミキュライトを入れた容器に挿しておいたら
5割ほど根付いたんです。
着かないだろう思っていたので、品種名のラベル無し。^^;

とりあえず極寒の冬を迎える前に、1本ずつポリポットに鉢上げしました。
寒さに耐えられるように土の入った鉢に埋めたり

12月2日
20141202バラの挿し木苗5792

大きめの苗は1つずつ素焼き鉢と2重にしたりと。

12月2日
20141202バラの挿し木苗5793

カーポート脇に置きっぱなしで、5つが無事冬を越せました。

晩春に鉢増しして薔薇用の肥料を入れ、
しばらくは日当たりのよい場所に置いていました。
そして梅雨に入って、カーポート内の雨の当たらない場所に移動。

そのうち一番大きい鉢の苗の
新芽が伸び出してるなぁと思っていたら
な~んと、蕾が上がって来ました♡
グレイスかな、スキャボロフェアかな、それとも・・・?

7月3日
20140703グレイス挿し木苗の蕾

本来なら咲かせない方がいいのだけど
品種が分からないし、見てみたくてそのままに。
そしたら、主はグレイスでした♪

7月10日
20150710グレイス挿し木苗の開花

親株のより一回り小さいかな。
でもグレイスそのものの色形が綺麗です。

20150710グレイス挿し木苗の開花

蕾もエレガント♪

20150710グレイス挿し木苗の蕾

こんなに増やしてどうするのって思うのですが
新芽が出てきたり蕾が見えたりすると
な~んか、にんまりしちゃうんですよね~。

はてさて、ちゃんとした苗に育つのはいくつかな。

昨日はようやっと、アフロディーテ・エレガフミナの挿し木をしました。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

エルダーフラワーの飲み物とプチアレンジ

部屋から

琥珀色に透き通るボトルは英国産エルダーフラワー・コーディアル。
手摘みの西洋ニワトコの花から作られたシロップ。
レモン果汁ときび砂糖、天然水で仕上げられています。
雑貨屋さんで見つけ、お店の人が試飲を勧めてくれたんです。
花粉症や風邪など、粘膜の炎症を抑えてくれるとか。

20150710エルダーフラワー・コーディアル

2年ほど前、ブログのお友達が
煮たてた砂糖水に丁寧に小花をつまんで入れて
レモンやオレンジととも作る様子を紹介されていて、憧れていたんです。
更新が途絶えているけど、お元気かなぁ。


手前には、プチアレンジで遊んでみました。
使っていない小さなカップに庭から採ってきたお花たちを。
朝霧草と薄ピンクのカスミソウをベースに
イングリッシュローズ・キューガーデン、
スィトピーとハニーサックルを1つずつ。

20150710プチアレンジ

10倍希釈とあり、ミネラルウォーターで10倍くらいに薄めて
氷を浮かべて飲んでみました。


20150710エルダーフラワー・コーディアルを薄めて

どこか懐かしい、優しいけど爽やかな香りにほんのりした甘み。
付いてきた小さな冊子には「マスカットの香り」と。
確かに近い気がします。

長雨と低温が嘘のように、昨日今日と、晴れて暑くなってます。
水分補給に、これ、時々いただこうかな。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

あじさい寺~散策続き

20150705遂道近くのガクアジサイ7858

遂道近くに咲くガクアジサイ

20150705遂道近くのガクアジサイ7857


参道

20150705参道

竹林と紫陽花

20150705竹と紫陽花

20150705竹と紫陽花


20150705ランの様な白い花


遂道に続く紫陽花

20150705遂道と紫陽花

遂道の上の紫陽花と楓

20150705遂道出口から見上げた紫陽花7859

20150705遂道出口から見上げた紫陽花7860

涼やかな楓

20150705楓と遂道

遂道を抜けると閻魔界

20150705遂道から

紫陽花庭から戻り、池の庭へ

20150705池庭7863

20150705池庭7864

20150705鯉

表の石臼の庭へ。
江戸時代以降、使えなくなった石臼が奉納され敷かれてるとか。

20150705石臼の庭園7866

その数2000とか。

20150705石臼の庭園7867

紫陽花庭順路の方角は比叡山や中国天台山、
さらに、この寺が開創された権現山と記されてます。

20150705方角7868

権現信仰(東密系)の密教が元で
1299年に日蓮宗に改宗され、
700年の間、法華経の道場として栄えてきてるのだそうです。

20150705方角7869

1600年にこの地に移されたのだそうです。

20150705建物と紫陽花

駐車場近くには蓮池が。
写真にはありませんが、この右隣には小さな睡蓮の咲く池も。

20150705蓮と寺

水面から立ち上がり清らかに咲く蓮の花。

20150705蓮の花7873

「泥より出でて泥に染まらず」

20150705蓮の花7876

法華経が「白い蓮の花の経典」の漢訳であったとは
初めて知りました。

あじさい寺
感応山深妙寺の園内を巡らせていただきました。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

あじさい寺にて

青花のガクアジサイが涼しげ。
斑入り葉に、白に近い飾り花の組み合わせが粋です。

20150705斑入り葉の紫陽花

あじさい寺として名の通った伊那市の深妙寺(じんみょうじ)。

週末の午後、初めて訪ねてみました。
続く梅雨空ですが、この日は幸い傘も要らず、
若いカップルからお年寄りまで、賑わっていました。
丸い石臼が敷かれた石庭というのも初めてです。

20150705あじさい寺

順路に沿って西側に入ると見渡す限り紫陽花の咲く庭。
あちこちで皆さん、カメラを向けていました。
奥で三脚を立てて撮っておられますね。
重装備カメラを携え矍鑠と歩かれる年配の方も見かけました。

20150705あじさいの路

ヤマアジサイの'くれない' が赤くなり始めてます。
真っ赤になるのも、そう先ではないかな。
それにしても立派に育って大きいです。
お隣の観音様が隠れるほど。

20150705くれないと観音様

観音様があちこちに。
心落ち着く散策路となっていました。

高台の一画に宮沢賢治の詞碑が。
ぎょっとしましたが、
賢治の言葉としてなら素直に受け止められ、
純粋な悲しみが伝わって来ます。

20150705宮沢賢治の詞碑

ですが、どうも違和感が。
これ、他者が発した言葉となると意味が全く変わります。
特に政治家が発したら。利用したら。
空恐ろしい気持ちさえ湧いてしまいました。

なんとも場違いな妄想を振り払い、
紫陽花の咲く道を下りたり上ったり。
心落ち着かせるのに少しかかりました。

大きな樹木の足元一面、紫陽花の回廊のよう。
散策路は綺麗に整えられて歩きやすかったです。

20150705あじさいの回廊

白いヤマアジサイ風の。
大きくして見ると分かりやすいのですが、花柄が青くて綺麗です。

20150705花柄の青いヤマアジサイ

赤みのある紫のは西洋アジサイでしょうか。
モダンです。

20150705赤紫の紫陽花

200種類2500株の紫陽花は圧巻です。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

星に願いを

庭から


まるで天の川。
星の数ほど咲いているのは矮性・匍匐タイプのカスミソウ。


20150704矮性カスミソウ


浮かび咲く黄色いしべの大きな白花は

20150704カスミソウと夏椿もよう7835


ここをクッションにして毎日落ちてくる夏椿の一日花。
受け止めるかすみ草のグレーグリーン葉が優しげです。

20150704カスミソウと夏椿もよう7834

この上には枝を広げる夏椿が
6月中旬から咲き始め、

20150616夏椿

7月に入って実を結ぶように。

20150704夏椿

でもまだ咲いてますよ。
明日もまた天の川にふんわり浮かぶのでしょう。

空の天の川は雲の上。
足元の星に願いをかけてみましょうか。
今日は七夕ですね。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

ベゴニア2種とバラなど

なでしこジャパン、決勝は完敗でしたね~。><。。
だけど、立派な準優勝。誇らしい活躍でした。
なかでも、
リトル・マナさんのドリブル&シュート、また見てみたいな。

line小花

庭から

去年苗を買った球根ベゴニアのアプリコット・ファンタジー。
冬場、部屋に置いていて葉が無くなりダメにしたかと思っていたら
6月に入る頃から葉が見え始め徐々にその数が増え始め
6月下旬には蕾が上がり始めました。

20150627ベゴニア・アプリコットファンタジー

7月に入り開花です♪

20150703ベゴニア・アプリコットファンタジー

農○の苗売り場で全サン○リー花苗が3割引きというのについのせられ、
寄せ植え用に購入したベゴニア・キャンディフロス・ピーチピコティ。
銅葉が欲しくて選んだのですが
これが、お花がコンペイトウみたいで可愛いんです♪

20150614ベゴニア・キャンディフロス・ピーチピコティ

ベゴニアは丈夫ですね~。
梅雨時がお得意なのか、あっという間にこんもりとして
花数も増えてきました。

20150703ベゴニア・キャンディフロス・ピーチピコティ

プチ畑のボーダーに植えてある宿根スィトピー。
わんさか茂ってを高い所で咲いています。
一年草のとは違って華やかさと香りは無いですが、可愛いです。
でも、ピーマンが日陰になっちゃうので少し刈り込みました。
ピーマン、そろそろ収穫できそうです♪

20150616宿根スィトピー

ニコル。

DSC07832ニコル


今年は薔薇・バレリーナが大きく茂って来て
南側は特等席のジプシーホワイトに垂れ下がり

20150703バレリーナとジプシーホワイト

北側はメギの間に垂れ下がり
2m強×2m強の範囲を陣取ってます。
蕾も次々上がっていて楽しみです。

20150703バレリーナとメギ

雨上がりのイングリッシュローズ・キューガーデン、

DSC07824キューガーデン

開いたばかりのお花はとても良い香り。
顔を近づけるのが楽しみです。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

雨粒をまとう百合、風露、薔薇

北西の空が夕焼け。かなり北側まで赤い。
この日の日の入りは300度の方角。(真西270度)
「綺麗だなぁ。明日は晴れるんじゃ?」と思いつつ撮ってみました。

20150702夕焼け

期待は外れ、翌日の天気は予報どおり。
降ったり止んだり。
でも、咲き時を待つ蕾なら雨粒もまた素敵です。
オリエンタルリリー・マルコポーロ

20150703マルコポーロ7814

ずいぶんと昔に植えて
この場所に移植後は消えてしまったと思っていた百合。
2年前から咲くようになり、喜んでいたんです。
今年はすくすくと伸び、見上げる背丈。
去年まで1つだけだった花も今年は7,8つ期待できそう♪

20150703マルコポーロ7813

大きくなったのには2つほど要因が思い当たります。
近くにあったムクゲがダメになり日当たりが良くなったこと。
近くに長尺薔薇苗を植えて、その肥料分が効いたこと。

今、その薔薇(アリスタ・ステラ・グレイ)よりノッポさんです。
香りも花色もとても好きな百合。
しかも、最近あまり売られていない品種なので大事にしたい。
ステラと一緒に咲くところ、楽しみ~。


line小花

次は風露草。ゲラニウムです。
早くに花期を終えていたダルマティカムが数日前、再び蕾を。

20150627ゲラニウム・ダルマチカム

最近終わったばかりのジョンソンズブルーも返り咲きへ。(*'o'*)。
ジョンソンズブルーって返り咲いたっけ?
初めてな気がします。
向こう側で花数を増しているロザンネに誘われるように
いくつも花茎を伸ばし蕾を上げています。

20150627ジョンソンズブルー返り咲きの蕾

7月に入り、
ダルマチカム、再び開花。
ピンクの、小さい方です。それ以外は四季咲きのロザンネ。

20150703ダルマチカムとロザンネ

ジョンソンズブルーも再び開花。
自立できず、剪定枝で支えています。
手前まで伸びて雨雫に光ってます♡

20150703ジョンソンズブルー

近くでラベンダードリームが2番花を。
ベイサルシュートがいくつも出ていて頼もしいです。

20150703ラベンダードリーム

可愛い可愛いスキャボロフェア。

20150703スキャボロフェア

日暮れや雨降りはコロンとしぼむのだけど
薄日を求めるように蕊を覗かせてます。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プチダリアと銀葉カゲロウソウの花壇

庭から

サンデッキ前の場所、
春先からスギナが茂りだして酷い状態でした。
古いチェリーセージがあるのでなかなか手が出せずにいたのですが
5月中旬に重い腰を上げて可能な限り取り除きました。
できるだけスギナの根茎を切らないように少しずつ掘り進んでは除け、
残った土をフルイにかけて・・・なーんてしてたら3日もかかりました。
ぜーんぶ土を入れ替えられたら楽なんでしょうけどね~。

苦土石灰や堆肥を入れて花壇に。
冬の間保管してあったプチダリア・ハミングピンクの球根を奥に
中央に白いジニアリネアリス、手前に銀葉カゲロウソウを植えました。
ジニアとカゲロウソウはいつもの苗屋さんでそれぞれ80円、100円。
沢山植えるのにリーズナブルでありがたいです。

<5月中旬>

20150512サンデッキ前の整備


<6月上旬> ダリアの葉がしっかり展開。
陽が良く当たって乾燥するせいか、
ジニアが枯れ出したのでレッドロックでマルチング。

20150604サンデッキ前の花壇

6月中旬頃からプチダリアが咲きだし、6月末にはすっかり賑やかに。
マルチングが功を奏したのか、銀葉カゲロウソウがマット状に広がり
また黄色い小さな花を沢山咲かせるようになりました。

<6月下旬>

20150627サンデッキ前の花壇

別の場所にあった敷石を端まで並べてみました。

<7月3日> 雨が降ったり止んだりの今朝の様子。

20150703サンデッキ前の花壇7811

2013年に買った1球苗のプチダリア。
2年で20球近くに増え、今年は分球せずにまとめて植えたせいか、
かたまって咲いちゃってるかな。^^;

<7月3日>

20150703サンデッキ前の花壇7810

咲き始めは少しきついピンクのこのプチダリア・ハミングピンク。
植え場所に困ってましたが、この場所で満足。
すぐに褪色して和らぐので、サンデッキの焦茶色に合ってるかな。


チェリーセージも根が張り易くなったのか、
今年は花が早い気がします。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

6月中下旬の森の花たち

昨夜からずっと雨。
今朝は寒くて袢纏が要りました。
気圧のせいか体調がいまいちです。
昨日は頭痛に加えて腹痛まで。
一昨日、圭くん・ウィンブルドン1回戦の夜更かしが影響したかな。
今朝はパン粥、お昼は煮込みうどん。
でも、もう大丈夫そう♪

雨、収まって来ました。

line小花


6月の森から

ウォーキングの時は何も考えずにただ歩こうと、
カメラを持たずに行くようにしてるのですが
それでも眼にとまってしまうと携帯でパチリと。^^;

中旬頃見つけたアスチルベに似た植物。
複葉は似てるけど、ずいぶんと丸い葉です。
背丈は40cm足らずだったかな。
アカショウマ (Astilbe thunbergii) でしょうか?

20150615アカショウマ

ふわっふわ。綿菓子みたい。

20150615アカショウマ

余談ですが、アワモリショウマは学名がAstilbe japonicaなんですね。
アスチルベは日本やアジア地域自生のこうした植物が
主に欧州で園芸種に育種されたものだったんですね~。
因みに同じ「ショウマ」でも、
トリアシショウマ、アワモリショウマはユキノシタ科、
サラシナショウマ、レンゲショウマ(花がだいぶ違う)はキンポウゲ科、
ヤマブキショウマはバラ科。
そっくりですが、分類がこうも違うのはさっぱり分かりません。^^;

森を出て広場の方へ行くと予想外に白い花が咲く木々を発見。
近づいてみるとヤマボウシ。
何十回と眼にしているはずなのに花を見るまで気が付きませんでした。

20150615ヤマボウシ白

ピンクが入るのもあったんですね~。
秋の実も楽しみです。

20150615桃色のヤマボウシ

下旬の森の中。
スッと伸びた花茎に白い可憐なちょっとランの様な花。
葉っぱは根元の小さくて丸っこい照り葉。

20150625森の不詳の花

何だったでしょう?
見たことあるような気がするのですが分かりません。


そして小豆色のほたるぶくろ♪
可愛いですね~。
ちょっとした群生になってました。

20150625ホタルブクロ

なのに森の何処に咲いていたか思い出せません。^^;


いつもと違うコースに出て池の方へいくと
芝生をのっそのっそとお散歩中のカメくんと遭遇。
そんな顔をすっこめなくても。。
写真撮る以外、何にもしないよ。^^

20150625亀がお散歩

line小花

6月3日記事で載せた森の不詳の植物。
5月下旬に出会った小さな野草です。
今日、偶然判明したので訂正したのですが、
可愛いので、ここでももう一度。^^

「オオヤマフスマ」(別名、姫誰袖草ヒメタガソデソウ)みたいです。
「大山衾」 学名:Moehringia lateriflora ナデシコの仲間。

20150523森の白い小花7349

「白い小花が可愛い。
花弁に切れ込みがないので、ミミナグサの仲間ではなさそう。」
と言っていたのですが、
これとお花がそっくりの切れ込みのないタガソデソウはミミナグサの仲間だそう。

20150523森の白い小花7350

見た目だけでは判断できないですね~。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (4)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード