エブリンとフェアリーテイルなど

庭から。

我が家のイングリッシュローズの古株、
エブリンが今年は沢山咲いてくれました。
アプリコットから薄ピンクへと咲き進む、香りの良いバラです。

20150531225001ab2.jpg

近くに咲くチャイブ。
酢漬けにしたいと思いながら、まだ摘んでいません。

20150528チャイブ

クレマチス・デュランディの手前の花穂は、
4月に苗を植えたベロニカ・フェアリーテイル。

20150531デュランディとフェアリーテイル

いいなぁと思っていたら
偶然、ホームセンターで見つけて大喜びの品種です。

20150531ベロニカ・フェアリーテイル

アンジェラも咲きだしました。

201505030アンジェラ

コノテヒバの足元のセラスチウムは盛りを過ぎ、
代わりにカンパニュラ・アルペンブルーが時期を迎えています。

20150528カンパニュラ・アルペンブルー

その左側のコノテヒバには
ジャックマニー系クレマチスのコンテス・ド・ブショウが開花です。

20150531クレマチス・コンテス・ド・ブショウ

気が付くと、5月もお終い。
まだ雨の季節は来て欲しくないなぁ。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

焼バナナと自家製コンフィチュール

食卓から。

パンを切らしていたある日の朝、
小さめホットケーキと、
生食の適期を逃しボケてしまったバナナを1本
ココナッツオイルで焼いてシナモンシュガーをかけて朝食に。
キッチンガーデンから採って来たイタリアンパセリを
火を止める間際に入れてできあがり。

20150522シナモンをかけたココナツオイル焼バナナ

これ、予想以上に美味しかったです。
トロピカルな果物だからか、ココナッツオイルが良く合う気がします。

自家製カスピ海ヨーグルトには
これまた、庭で採れたワイルドストロベリー。

20150522焼バナナとワイルドストロベリー入りヨーグルト

普通のイチゴよりずっと小さいし粒々感はありますが
香りがとってもいいんです。

5月中旬には実が成り始め
最近、沢山実が赤くなってきました。

20150527ワイルドストロベリーの実と花

前記事の物干しエリアの奥はワイルドストロベリー畑状態。
あちこち勝手に増えてるんですが、ここだけはそのままに。
敷石を敷いたお陰で収穫がしやすくなりました。

20150527ワイルドストロベリー

朝、赤い実を摘むのが楽しみなんです。
ヨーグルトに生で入れるには余るほど採れたので

20150530ワイルドストロベリーの収穫


お鍋に入れて、レモン汁少々とグラニュー糖を入れてグツグツ。*^^*

20150530ジャム作り

コンフィチュール作ってみました。
今年の1号です。
まだまだ採れそう。
何号まで作れるかな。

ヨーグルトに入れたり、
ドレッシングにも利用できそう♪


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

敷石施行その2(物干し台周辺)

4月の末の庭のペービング作業その2。
ザックリ言えば、土方ですわ。^m^
下書きのまま忘れてたのを手直しして解放~。^^

4月の通路の敷石作業と並行して行っていたんです。
草がはびこり、ワイルドストロベリーやアップルミントが混在して
見た目にも酷い状態だった物干し台の周り。

これは、草取り途中の状態。
芝生をめくりながらの作業は数日を要しました。
嫌になったりしたので、続けてした訳ではないけど。

20150426物干し台周りの除草

一番醜い状態は、勝手なもんで、撮り忘れました。
撮っておけば良かったなぁ~。
でも、左の方、タンポポが咲いちゃってるでしょ。
どんなに酷かったかはご想像にお任せです。

次は、もともと置いてあったレンガ色のペービングストーンをどかして
はびこりだしてたスギナとミントを可能な限り除去。

20150424物干し台直下のスギナとミント取り

土も数センチ分掘り出しました。
底を鍬で水平になるようにトントンとしてから、防草シートを敷いて
その上に砂利を敷き、砂を入れて、また鍬でトントン。
道具は使ってないので、水平さは適当です。^^;

20150424物干し台下に防草シートと砂利、砂を敷く

端っこを見ると、シート、砂利、砂 の順番が分かります。

20150424鍬と、防草シートの上の砂利&砂

そこへ元あった敷石と、今回買ってきたベービングストーンを並べ、


20150424物干し台下、砂利の上にプレートを敷く

周りに同材質の、レンガサイズのストーンを並べました。
ちょっと波打って見えますが、気にせず。

20150424物干し台下、プレートとレンガ敷き

つまずかないように、
手前側周辺に、通路で使った化粧砂利をしいてとりあえず終了。

20150429物干し台下化粧砂利を敷く

その後、隙間に砂を入れてガタつきがなくなりました。
洗濯干しの度に私の体重で圧され、
あとは雨降って地固まるってことで。^m^

向こう側に見える白い小花は、ワイルドストロベリーです。
今、そこはベリー畑状態になってます。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ピエールドロンサールとデュランディの開花など

庭から。

5月27日、ピエール・ド・ロンサールがゆるりと開花。

20150527ピエールドロンサール開花

左端のカップ咲きはイングリッシュローズ・ヘリテージ。


3枚翼を広げたヘリテージと少しずつ膨らむピエール。

20150526ピエールドロンサールとヘリテージ

1日ですっかりカップ咲きになったヘリテージと
丸みを帯びるピエール・ド・ロンサール。
ピコティがかった花弁の色変化も楽しみです。

20150527ピエールドロンサールとヘリテージ

インテグリフォリア系クレマチスのデュランディ。
咲き始めました♪

20150528デュランディ開花

クレマチスらしい自然な濃青紫が美しいです。
昔、旧友&先輩夫妻から挿し木苗を頂いたうちの一つ。
大切なお花です。

そして、
イングリッシュローズ・グレイスも今朝開花しました。
このお花は咲き方の変化が楽しみです。

20150528グレイス開花

似た色の、ミニバラ・カフェも元気です。

20150526ミニバラ・カフェ

蕾は名前を彷彿とさせる色ですが、開くとオレンジ系。

line小花

玄関先の寄せ植えコンテナの中の1株の古ラベンダー。
た~っくさん蕾を上げて水を欲しがります。*^^*

20150522蕾をあげるラベンダーの寄せ植え

ビオラもまだ咲いてますが、
傷みのきたのを移動して、夏向けの寄せ植えを。

20150528フランネルフラワーの寄せ植え

左下に見える小花たちはエリゲロン・デージー。

20150521エリゲロンデージー

5月中旬には咲き出し、白から薄桃の色幅で
秋遅くまで足元を彩ってくれます。


オルラヤ・グランディフローラ・ホワイトレース
Orlaya grandiflora 'White Lace' も。

20150528オルラヤ・グランディフローラ・ホワイトレース

水仙の咲いた場所に
去年のこぼれ種であちこちに咲いてます。

20150528オルラヤ・グランディフローラ・ホワイトレースの庭

みかけよりずっと丈夫で世話要らず。
白花はどこか、ほっとします。


脈絡ないですが、最後にもう一度今日の主役のピエールさん。
ちょっと小さめ、曲がってる子。

20150526ピエールドロンサール開きだした蕾

朝日を浴びて誇らしげです。
お花は見てあげると、嬉しげに咲く気がします。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

初めて咲いた芳香アイリスと仲間たち

庭から。

おそらく20年近く庭にあって今年初めて咲いたアイリス。
たぶん、ご近所さんからホイッといただいて
どんな花が咲くかも知らずに植えてあったもの。

まだ、クレマチス・モンタナ・エリザベスが咲いていた5月中旬には蕾を上げ
そして、大きな花を咲かせてくれました。
花友さんと話しながら顔を近づけると、ふわ~っと柔らかな香りが。
アイリスがこんなに良い香りがするのがあるなんて初めて知りました。

5月21日の写真。夕刻とホワイトバランスの影響で実際より青いです。

20150521薄紫の芳香アイリス

5月26日の朝、大きさと色が分かるように再度撮影。
草丈は、大きいもので1m近くあります。

20150526芳香アイリス7421

上から見た様子。
色はこちらが昼間実際見える色に近い、藤色です。
一つの茎から同時に2つ以上咲くのは釜山菖蒲と様子が違います。
ぽってり感がありますね。

20150526芳香アイリス7423

株全体の様子わかるでしょうか。
かなり頭でっかちな、大ぶりのお花です。

20150526芳香アイリス7426

大きいけど、割とすっきりとした顔立ちに思えます。

20150526芳香アイリス7427

美しい花姿を切りとってみました。

20150526芳香アイリスのアップ

下弁の付け根の髭と網目模様、自然の造形美ですね~。
この特徴は、アヤメでも花菖蒲でもなく、イチハツでもなし。
ジャーマンアイリスの仲間かその原種に近い、欧州由来の品種でしょうか。

20150526芳香アイリスの髭部分

名前が分からないので、「藤色の芳香アイリス」と呼ぶことにします。

このお花が長年の沈黙を破って急に咲いたのは、
① 近くにあったムクゲの大木が剪定の後枯れてしまって日当たりがぐっと良くなったこと
② 早春、近くにバラ長尺苗を植えた際、周辺の植物にも施肥をしたこと
これらが偶然、このアイリスに良い影響があったように思います。
でも、①が一番大きいかな~。
ムクゲが枯れたのは残念だったけど、
長年、剣型の葉っぱだけを楽しんできたので
思わぬ美花に出会えて嬉しいです。

次のも、たぶん、↑のと一緒に頂いたアイリス。草丈60cmほど。
こちらは朝日のあたる場所で毎年咲いてくれます。
施肥もせず、放任ですが。

20150524黄と紫咲き分けのアイリス

顔を近づけたら、かすかだけど芳香がありました。
来年はニオイイリスもちゃんと確かめたい。

line小花

こちらはお隣との境界にある擁壁の際に咲いた
草丈20cmほどの小さなアイリス。
昨春、植えた覚えのないこのお花を見つけました。

20150519小さいアイリス

下段になるお隣さんのお庭に同種のアイリスがまとまって咲いているで
種か、種の入った子房が、雪かきの際にか、
何かの理由で我が家側に上がって発芽したのでしょう。
ウェルカムです。^^

そして、さらに小さいアイリスの仲間も開花中。
白いビオラと一緒に咲いているのはニワゼキショウ。

20150522ニワゼキショウとビオラのアプローチ

アヤメ科ニワゼキショウ属なので、アイリスの親戚ですね。
そう言えば、平べったい葉っぱや花柄の出方が似てる気がします。
お花は全然違うけど。

20150524ニワゼキショウ7394

開花の瞬間。

20150522ニワゼキショウ 開花の瞬間

こうして見ると、花弁にいくつも筋が入ってますね。
左側上に萎んで丸まりだしたのも見られます。
下側には、コロンと丸い実も。

20150524ニワゼキショウ7393

実家近くの原っぱから1株頂いてきたのが最初で
毎年、芝生のあっちこっちに実生で出てきます。
だいぶむしってますが、可愛いので数株は残すようにしてるんです。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

選手交代のバラと白花たち

部屋の中から
カーテン越しに見えるのはキモッコウバラ。

20150525中から見たキモッコウバラ7398

カーテンを開けて、ガラス&網戸越しに。
盛りをだいぶ過ぎました。
そろそろ剪定かな~。

20150525中から見たキモッコウバラ7397

窓から外を見てると、外に出たくなります。
キモッコウは終わりでも、
他のバラたちはこれからが本番。

イングリッシュローズ・エブリンが
若葉と共に、萼がめくれて蕾の色が見えてきました。
香りも楽しみなバラです。

20150525エブリン蕾

ポートランド系オールドローズのジャック・カルティエ。
オールドらしい濃厚な香りを既に放ってます。

20150525ジャックカルティエ蕾

line小花

メギに絡まって咲くダッチェスオブエジンバラ。
緑を帯びて菊咲きだったお花たちは
開いてクレマチスらしい形に。

20150525メギに絡むダッチェスオブエジンバラ

真っ白な花弁の重なりが軽やかです。

20150525ダッチェスオブエジンバラ

ゲラニウム・サンギネウム・アルバも少しずつ花数を増してます。
でも、花持ちが良くなくて、もう散ってるものも。

20150525ビオラとゲラニウム・サンギネウム・アルバ

足元の白いビオラたちは昨秋植えたもの。ロングランです。
銀葉のアサギリソウがふわふわ茂って来ました。

line小花

最近、白花のハナミズキの花後の剪定をしました。
葉が密になってうどん粉病が出始めたので
全体は、高枝切りで飛び出ているのを付け根から切り、
足元に脚立を置いて、今度は中から剪定バサミで
内側に向いた枝や交差枝などを切ってすっきり。
足元の日陰も明るくなりました。

ただ、もう1本の方は、どうも形が変で。
パッツンパッツンになりそうで、途中で放置。
どうなるやら。^^;

ついでに椿も剪定しちゃいました。
勢いで切っちゃったけど、今時で良かったのかな~。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ロウグチ&バラ(キューガデン他)~ブルーフォンテンなど開花

庭から。

インテグリフォリア系クレマチスのロウグチが開花しました。

20150524クレマチス・ロウグチ

支えてもらっいるオールドローズの蕾はまだ固い。
でも、ブラッシュノワゼットの新芽の赤と良いコラボ♪
どちらも四季咲き。一緒に咲くのが楽しみです。

20150524クレマチス・ロウグチとブラッシュノワゼットの蕾

今年は、このブラッシュノワゼットにすごい数のバラゾウムシが発生。
1回で20匹以上捕獲したことも。
今日は数匹。だいぶ落ち着いたかな。

我が家一番の古株のバラ、カクテルが開花。
垣根の外、朝日に向かって咲いています。


20150522カクテル

5月中旬には咲きだしていたかな。
うちではキモッコウの次に早咲き。
株は弱りがちだけど、パラパラと秋遅くまで咲いてくれます。

ラベンダードリームも咲きだしました。
秋、冬に剪定したため、低い位置で。
蕾は赤に近いようなローズピンクで、開くと青味を含む濃いピンク。
春の花は色がきつい気がします。

20150524ラベンダードリーム

1,2日過ぎると白みが出てソフトに。
ラベンダードリームらしい花の色と形に。
ジョンソンズブルーと一緒に咲いてくれて嬉しい~♡

20150524ラベンダードリームとジョンソンズブルー


5月19日のピエールドロンサールの蕾。
殿堂入りしているバラですね。

20150519ピエールドロンサールの蕾

今日、24日の蕾。
だいぶ膨らんで花色が分かるように。*^^*
向こう側のボケてる方はイングリッシュローズ・ヘリテージ。
もう強い芳香がしました。

20150524ピエールドロンサール蕾7386

こちらもピエールドロンサールですが
ちょっとアプリコットがかってて色味が違います。

20150524ピエールドロンサール蕾7387


次は新顔のキューガーデン 'Kew Gardens' がポツポツと開花。
いつもの苗屋さんで奮発して購入したイングリッシュローズです。
バラゾウムシをやっつけた後、開花 …その傷穴がちょっと悔しい。

20150519イングリッシュローズ・キューガーデン

一重白花が房となる四季咲き、トゲ無しの薔薇。
英国のNIABコンテストで金賞を受賞。
キュー王立植物園の250周年記念にこの名前が付けられたそうです。
本当に茎はツルンとして棘が皆無なのです。
触っていると、葉裏の小さいのが手に引っかかるので
キモッコウほどの完全さではありませんが。

20150521イングリッシュローズ・キューガーデン

拡大して見ると分かるのですが
雄蕊の根元に浮かぶソフトなレモン色ローが優しげです。

20150521イングリッシュローズ・キューガーデンのアップ

大きめの鉢に植え替えてありますが、
庭に下ろしてあげないと良さが発揮できないかな~。



修景バラのラブリーメイアンの近く広がるセラスチウム。
その奥、バラの根元近くに青いお花。

20150524ベロニカ・ブルーフォンテンとセラスチウム

ベロニカ・ブルーフォンテンが開花しました。
今朝の様子です。

20150524ベロニカ・ブルーフォンテン開花

コノテヒバ下のセラスチウムの間に
・・・近づいてみると

20150524セラスチウムの中のカンパニュラ・アルペンブルー

こちらは、薄紫のお花。

20150524カンパニュラ・アルペンブルー開花

星咲きの可愛いお花。
カンパニュラ・アルペンブルーが開花です。

20150524カンパニュラ・アルペンブルー開花アップ

セラスチウムに押されて見えますが
こちらの方が古くからいる住人。
丈夫なお花なのできっと負けずにいてくれるでしょう。v(*'-^*)b


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ゲラニウム・ビオコボと新顔クレマチス2種の開花

庭から。


ゲラニウム・ビオコボ。
冬場も紅葉した葉が残る丈夫な品種。
大株というより、匍匐するかのように広がって
今年も花を沢山咲かせてくれそうです。

20150521ゲラニウム・ビオコボ

ゲラニウムはこれから咲く予定の品種があと4種ほど。
楽しみです。
うちにあるゲラニウムは9種となりました。

ビオコボの南側に咲いているチャイブ。
今年はお花を酢漬けにしてみようかな。

20150517チャイブ


そして、今回は我が家の新顔クレマチスをご紹介します。

冬の間にタキ○さんに注文していて4月1日に届いた苗。

20150401アフロディーテエレガフミナのラベル

待望のクレマチス、
インテグリフォリア系のアフロディーテ・エレガフミナ。
立派な苗が丁寧に梱包されて届きました。
その日のうちに、鉢に植え、オベリスクを立てておいたんです。

20150401アフロディーテエレガフミナ到着

すくすくと伸びて、蕾をあげ、ついにお花が開きました。
5月21日の夕刻の写真です。

20150521クレマチス・アフロディーテエレガフミナ

ヘンダーソニーと比べると、濃い色です。

20150521ヘダーソニーとアフロディーテの色の違い

翌日、朝日を浴びるエレガフミナ。
赤みのある紫、花芯も同じ色なのが特徴的。
全体シックな色合いの細めの花弁にうっとりです~♡

20150522クレマチス・アフロディーテエレガフミナ

そしてこちらは、いつもの苗屋さん由来のクレマチス。
原種系のレクタ・パープレアの開花です。
小花が房咲きに近い咲き方をします。
葉っぱが紫がかった銅葉なのも魅力かな。

20150521クレマチス・レクタパープレア

蕊がひらくと可愛いです。

20150521クレマチス・レクタパープレアのアップ

ハナズオウの枝に絡める予定。
花期は9月までと、長いので楽しみです。


白花ついでで、終わりかけのイベリスを。^^
キャンディタフトともいいますね。
だいぶ大株になって嬉しいのですが花は株の1/3ほどしか覆わず。
ちょっと期待外れだったけど、良いグランドカバーになってます。

20150519イベリス

そして白いラナンキュラス、咲き揃ってきています。

20150221ラナンキュラス白花

チューリップよりず~っとお安い球根で
これだけ長く楽しめるのは嬉しいかな。
葉っぱも切れ葉で可愛いし♪
(手前の銀葉は白花トウテイランの葉です。)



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

クレマチス・ヘンダーソニーとダッチェスオブエジンバラなど

庭から。

青く群れ咲く釜山菖蒲の手前に
うつむくお花はインテグリフォリア系クレマチスのヘンダーソニー。
5月15日には蕾が開きだし、

20150515クレマチス・ヘンダーソニーと釜山菖蒲

3日も経つと、ねじれ開くように沢山開花。

20150518クレマチス・ヘンダーソニー

丈夫な四季咲き。
お気に入りのクレマチスのひとつです。
昨秋、この大株から挿し木した苗が8割方育ってます。
鉢増しせねば。

釜山菖蒲咲く庭。
手前に枝を波打たせているのは
インテグリフォリア系クレマチス・デュランディ。
ER・エブリンも蕾をふくらませています。

20150517釜山菖蒲の庭

釜山菖蒲(カマヤマショウブ)は、
花菖蒲ではなく、アヤメの仲間のようです。
昨秋、株分けのときかなり根っこをいじめたせいか
去年より花が全体小ぶりなような気がする。
サイズを比べた訳ではないので不確か。

20150517釜山菖蒲

こちらは、パテンス系クレマチスの、たぶん、ドクターラッペル。
昔、ホームセンターかどこかで買った苗育ちの、たぶん20年選手です。
それほど好きな種ではないけど、開きだす時って、わくわくします。

20150515クレマチス・ドクターラッペルかな

外装工事の影響で、ここの花壇を改造した際、
枝をだいぶ剪定したので、花は2つだけ。

20150521クレマチス・ドクターラッペル

これを植えた頃は、
クレマチスといえば、パテンスの大輪種しか知らなかったです。


次は、同じパテンス系クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ。
一昨年の晩秋、短く剪定してしまって去年は咲かず。
去年は、気を付けて、伸びすぎた枝だけを剪定。
パテンス系は旧枝咲き。切っても弱剪定でないとね。^^;

4月15日の蕾です。

20150415クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ蕾

そして、1ヶ月。
5月17日、ようやく開きだしました。

20150417クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ開花

5月19日。
ハナミズキに絡むダッチェスオブエジンバラ。
朝日を浴びて清々しい。

20150521クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ7284

少しずつ開く花はまだ緑がかっています。

20150521クレマチス・ダッチェスオブエジンバラ7297


南側、コノテヒバの足元にセラスチウムが咲いています。
5月初旬から咲きだしてました。
条件のわるい乾燥した場所だけれど、
カンパニュラ・アルペンブルーと混在して元気です。

20150518セラスチウム7269

別名ナツユキソウ、銀葉に純白の花。
他にも、シロミミナグサ、英名に 'snow in summer' など。

201518セラスチウム7271

切れ込みのある花弁が可憐です。
花がない時期も、葉が美しいので古くから人気ですね。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ゲラニウム4種とイングリッシュ・ブルーベル

庭から。

5月中旬から、青が魅惑的なゲラニウム、
ジョンソンズブルーが咲き出し、花数を増しています♪

20150513ゲラニウム・ジョンソンズブルー

5月18日、
青は一様ではなく、深みのある青から赤みのある青まで。
足元に咲く青い小花は、ベロニカ・バリエガータ。

20150518ゲラニウム・ジョンソンズブルーとベロニカ・バリエガータ

5月10日、咲き始めのベロニカ・バリエガータ。
初めのうちは花穂が見られてベロニカらしさが見られますが
花穂が立ち続けることはないです。

20150510ベロニカ・バリエガータ

背が低く匍匐性があるので、グランドカバーに向いているかも。
いつもの苗屋さんで「ベロニカ・バリエガータ」となっていたものですが
巷の「ベロニカ・ミッフィーブルート」に似てるような。

5月初旬には咲きだしていたゲラニウム・ダルマティカム。
花の勢い、すごいです。

20150518ゲラニウム・ダルマティカム7266

全体はこんな感じ。
葉っぱはジョンソンズブルーほど細くなく、ぽってっとしてるかな。^^

20150518ゲラニウム・ダルマティカム7263

こちらは、昨年ER・エブリンの近くに植えて、
こぼれ種であちこち出て咲いている、ゲラニウム・ビルウォーリス。
ダルマティカムと似た時期から可愛い小輪の花が咲きだしてます。

20150511ゲラニウム・ビルウォーリス

鉢植えのゲラニウム・サンギネウム・アルバ。
ゲラニウムとしては中輪の純白花、最近咲きだしました。
去年植えた1株が3,4株ほどになっています。

20150518ゲラニウム・サンギネウム・アルバ


昨秋、球根を10球植えたイングリッシュ・ブルーベル。
たった1つだけ咲きました。
全部葉がでてるのにね。

20150517イングリッシュ・ブルーベル

優しい青と、細い茎葉。

20150517イングリッシュ・ブルーベルのアップ

シラー・カンパニュラータ(たぶん、スパニッシュ・ブルーベル)より
花も葉もかなり繊細な印象でしょうか。
来年はちゃんと咲いてくれるかな。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

西側通路の敷石施行

5月15日、通路脇。
敷石の脇に咲く実生のオーニソガラム・ウンベラタムと
ピンクのシラー・カンパニュラータ。

DSC07233オーニソガラム・ウンベラタムとシラー・カンパニュラータ

今回はガーデニング、土方仕事をご紹介します。
下書きのままになっていたのをやっと解放。^m^

4月中旬から時々していた土方仕事です。
敷石と化粧砂利で、未処理で土むき出しだった西側通路をきれいに。

4月16日、砂や砂利、枕木数本等をホームセンターで購入。
しか~し、
枕木は厚みがあり過ぎて素人が通路に敷くにはハードルが高いと分かり、
作業の途中で厚みのない枕木風の敷石と交換してもらいに。
お馬鹿だった~、トホホ。

まずは通路の草やスギナを取る。
ただ、スギナは茎根が深くて厄介なんです。
まだ残ってるだろうな~。

①  4月16日、スギナを掘り取っただけの状態。

20150416スギナを取っただけの西側通路

もともと我が家にもスギナは取り切れず出てくるし、
田んぼも近いので胞子が飛んでくるのも仕方がない。
畔や道端で見かける春先の土筆は可愛いもんです。
でも、庭にボーボー茂りだすのは怖い。><
隣家のお庭は山野草が豊富で楽しみなのですが
接するボーダーはスギナ&タンポポ畑状態。
我が家も放置すれば似た状態になること間違いなし。

とりあえず雨が続くと水が溜ってぬかるむ場所を何とかしたい。
そして、土むき出しの部分を減らして草の発芽を抑えたい。

② 同、4月16日、水の溜る場所に砂利と洗い砂を敷く。

20150416西側通路敷石施工開始

その上に砂利用の黒いネット状シートを敷いて
敷石を並べて間を化粧石で埋める作業は
ほんの入り口だけでこの日は強制終了。

20㎏の砂や砂利袋を乗せたり下ろしたり、
枕木を敷石と交換に行ったりと、疲れ果て頭痛をきたし、
気持ち悪くなってきた。
途中から、車から下ろしがてら敷石を投げ敷いてギブアップ。

③ 4月29日、敷石を置いた通路の入り口

20150429敷石施工した西側通路の入り口

④ 同、4月29日、敷石の途中。

20150429西側通路の敷石途中

⑤ 同、4月29日、敷石施行、ほぼ終了

20150429西側通路敷石施工もう少し

ではなくて、裏まではもう少し残ってます。

ほんとは夫に頼みたいところだけど、
すぐ腰にくるから、使えないんですよね~┐(^-^;)┌。

ま、我流で、てきと~にやってるので気楽ですが。

でも、梅雨入り前に終わるかな?


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

裏に咲く花&白花シリーズ

昨日の夜から雨降りです。
やっと止んだかな。
出窓のキモッコウの葉の雨粒が輝きだしてます。

line小花

庭から。

5月15日、裏の水仙の脇にスズランが良い香り。

DSC07230スズラン

気付くと咲いていたんです。
去年より少し花が増えて嬉しい。*^^*

DSC07229スズラン

これも5月15日。
西洋石楠花プレジデント・ルーズベルトは今年花が1つだけ。
盛りを過ぎてました。
小さくて丸い黄花はラナンキュラス・ゴールドコイン。
ラナンキュラスといっても、
球根じゃなくてスズラン同様根茎ですごく増える。
なので条件の悪い北側で楽しんでます。
北といっても、この時期は午後も明るいんです。

DSC07228西洋石楠花プレジデント・ルーズベルト

プレジデント・ルーズベルトは
結局、薬をかけなかったので、今年の葉っぱもこんなです。
本当なら葉の中央は茶色でなくて明るい黄緑の斑が入る観賞葉なんですが。^^;
これ、壁際に植えてあって、外壁工事の際に邪魔だったでしょうに、
切られることなく、お陰さまで楽しめています。
せめて、花後の肥料をあげるとしましょう。^^

line小花

そして、表の庭の白花たちを。

斑入り葉の姫ウツギ、5月5日の蕾です。
写っている葉は斑無し。


20150505斑入り葉の姫ウツギ

こうして見ると花の小ささが分かるかな。
向こう側はイチイの高木。
手前の大きな掌形の葉っぱはカシワバアジサイです。

20150512斑入り葉姫ウツギ7217

毎年枝一杯に咲いてくれる葉も綺麗な丈夫な低花木です。
斑の無い葉っぱも結構出てきますが。

20150512斑入り葉姫ウツギ7219


もっと小さくて地味なお花。
白というより黄緑に近いクリーム色ですが、ニシキギです。
気付いていたんですが、5月17日にはもう盛を過ぎてました。

20150517ニシキギの花

赤い極小の実、成るかな。
秋には紅葉が美しい木ですが、
うちのは鳥さんの落し物か、
日陰に勝手に出てきたものなので紅葉はあまり期待できません。

小花ついでで、次はドウダンツツジ。
5月7日の写真です。

20150507ドウダンツツジの花

この木の根元、日当たり側にはアネモネ・シルベストリ、
日陰側に、フリチラリア、翁草、節分草を植えました。
スプリング・エフェメラルの節分草は休眠に入り、今、葉無しです。
忘れて掘らないようにネームプレートを立てておきました。^^

5月7日のニオイイリス。
昔頂いたもので、名無しの白いアイリスって認識だったけど、
下弁の付け根に黄色い髭状の突起があるのでニオイイリスで大丈夫かな。
学名はIris florentina L. 英名に、オリス(orris) 、ビアデッド・アイリス(Bearded Iris ひげのアイリス)

20150507ニオイイリス

地中海原産で、ジャーマンアイリスの祖先の一つらしい。
花に匂いは無かったと思ったら根茎にあるらしく、古代欧州で香料や薬用に使われたとか。
現在ではイタリアで香料用にイリス・パリダが主要な作物となってるそうな。
芳香の主成分はイロンirone。
検索するとコスメ系が多くヒットしてくる。^^;
御縁はなさそう。

次は白いラナンキュラス。
秋に植えた球根がほぼ全て発芽して、5月17日ついに開花~♪

20150517白いラナンキュラス

すぐ近くの赤花のハナミズキの葉が茂って日陰気味の場所、
純白花が輝いて見えます。
沢山蕾が上がっているので、とっても楽しみ♡


line小花

長くなりついでで、載せ忘れの白花を。^m^

早春に咲きだしたフッチンシア、4月18日には沢山の花が。

20150418フッチンシア6812

アリッサムに似た花で、細い切れ葉が可愛い。

20150418フッチンシア6813

今は花がほぼ終わり、種が付きだしてます。

4月下旬、マウントフットの近くに見覚えのない水仙が開花。
これは4月29日、ほとんど花が終わりごろのもの。
クラウンがレモンイエローより薄い黄色の白い花。

20150429マウントフットの隣の水仙

相当前に、植えた記憶がかすかにあるような。
ずっと咲かずにいた花で、名前、分かりません。^^;

最後は、同じ4月29日のアンジェリケと白い水仙の庭風景。

20150429アンジェリケと白い水仙

この頃にはもうアジュガが咲きだしてるのが分かります。
赤いのは椿の名残。

今は、水仙の葉っぱがわっさわさ。
来年の花の為、しばらくは我慢です。

line小花

FMがさっき、「奄美地方が梅雨入り」と。
徐々に北上ですね。
じっとしているせいか肌寒く感じて、今、袢纏着てます。
暑くて半袖1枚の日もあるのにね。




        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

青い花たち&桜草のなかま

庭から。

5月7日、青が爽やかに咲き揃う庭の特等席。
昨秋植えたビオラたちとアジュガ・チョコレートチップ。
チョコレートチップとは、銅色の細葉から付いた名。(たぶん。)
匍匐して広がっても繊細な葉っぱが綺麗なんです。

20150507アジュガ・チョコレートチップとビオラ青の景色

バラ・バレリーナの足元には少し背のあるアジュガの花がびっしり。
品種は標準的なレプタンスっぽい。
以前、トリコロール葉のを植えてあったはずなのだけど・・・。
変異して原種帰りってこともないだろうし、
植えていて忘れてるだけかな。^^;

20150507アジュガ(バレリーナの下

こちらはアジュガディクシーチップ。
去年の秋に南側の白ハナミズキ根元に植えました。
こちらも、トリコロールの細葉がお気に入りです。
お花も他のアジュガより青が明るいかな。

20150507アジュガ・ディクシーチップ

近くにアジュガ・ゴールデングローも植えてあるのだけど
株張りが弱くて花無しでした。


そして、ディクシーチップの近くにあるプルモナリア・トレビフォンテン。
遡ること、4月18日にようやく開花。
葉っぱのドット模様が泉の水しぶきをイメージしたのかな。

20150418プルモナリア・トレビフォンテン

4月26日。
咲き始めの花はピンク色なんです。

20150426プルモナリア・トレビフォンテン6892

これも4月26日。
昨春に苗を植えたものなので、
もうちょっと大株にならないと沢山は咲かないみたい。
来年に期待しよう。
右側にボケて写ってるのがアジュガ・ディクシーチップ。
蕾が見え始めています。

20150426プルモナリア・トレビフォンテン6893

4月25日のアイフェイオン。
ハナニラの青花です。
相当昔に球根を植えたなごりで出てきます。

20150425アイフェイオン

5月7日、忘れな草。
あちこちにこぼれ種で出て咲いています。
日陰の方がお花が綺麗。

20150507忘れな草

ピンクのシラーカンパニュラータ群生の端しっこで一つだけ青花が。
突然変異かな。
ご近所さんのはみんな青ばかりだから、交配したのかなぁ。

20150507青系のシラー・カンパニュラータ


line小花

載せ忘れの写真の中から。
「さくら」が付くお花を。
枯れた八重のニワザクラがあったのですが、
根元に出ていたヒコを鉢上げしておいて何年目になるのだろう、
今年、その細枝にポンポン咲きの八重のニワザクラが咲いたんです。

20150427八重咲きニワザクラ6900

一重もいいけど、これも可愛いでしょう♪
ただ、こちらは実が付いたのを見たことがありません。

20150427八重咲きニワザクラ6907

そして、西洋サクラソウ、つまり、プリムラです。
早咲きの赤いプリムラ。4月21日の写真です。
この赤はあまり好きでないけど、少しあるとアクセントに良いかな。

20150421赤いプリムラ

こちらは、黄色いプリムラ。
たぶん、プリムラ・べりス。
好きな品種だけど、ずいぶん株数が減ってしまって今や2株です。><
(手前の丸っこい葉っぱはアルケミラ・モリス)

20150501プリムラ・ベリス

ピンクのプリムラも咲いてたのだけど撮り忘れ。^^;

そして、遅咲きの日本桜草。
4月後半、もこもこの葉っぱが土を押し上げて出てくると嬉しくなります。
これは5月1日。
だいぶ株が増え、柘植の下の半分近くをぐるりと群生してます。

20150501日本桜草

葉っぱもお花も立ち性だけど、可憐なお花ですね。

20150426日本桜草

光によってピンクの色合いが違って見えます。
薄日が差す時が一番綺麗な気がします。
日本桜草の花も、もうおしまいです。

最後は、おまけ。
撮り忘れていた、ユーフォルビア・ポリクロマ「黄河」。
5月1日で、すでに盛りは過ぎてますね。^^;

20150501ユーフォルビア・ポリクロマ(黄河)

一緒に写ってる青いお花は、あちこちに増えているムスカリ・アルメニアカム。
今は、大きくなり出した種のついた穂を、気が付いたらちぎってます。

とまぁ、タイムリーに載せられませんが、
気の向くままにアップしてます。^^

line小花

先週の初めだったか、カッコウが鳴きだし、
初夏が近いかなぁ、って感じるこの頃です。
青い麦の穂が風に揺れて波のようです。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

姫ライラックとアトラゲネ系クレマチスの開花

庭より。

遅咲きの姫ライラック咲きました。
5月12日の写真です。

20150512姫ライラック7221

今年少なめですが、
かわいい花を小ぶりの枝に付けてくれました。

20150512姫ライラック7212

普通のライラックより葉っぱもお花もずっと小ぶりです。

20150512姫ライラック7213

今日見てみたら、そろそろ終わりです。


line小花


そして、クレマチス・アトラゲネ系(アルピナマクロペタラ系)の3種。
菊咲半鐘蔓の仲間のようですね。
実は、モンタナより先に
我が家では最初にさいたクレマチスです。

まずは、
クレマチス・プロペルティウスの新葉と蕾、4月15日の写真です。
(太い木質化した枝はモンタナ・エリザベスの枝です。)

20150415クレマチス・プロペルティウス

5月5日、葉もしっかり展開して、可愛いお花がいくつも♪
手前側に、ヒコみたいに新梢が出て花もひとつ。

20150505クレマチhス・プロペルティウスのアップ

外側がホタルブクロのようなピンクで、中が白い菊咲きのお花。

20150505クレマチス・プロペルティウス

このクレマチス、買った時の札には「プロペシウス」とあるのですが
どうやら、正しくは 'Propertius' らしい。
発音の違いなのでしょうが、巷では「プロペルティウス」で出回ってるようなので、
私も今後、そう呼ぶことにします。

そして、壁側のミニトレリスに絡ませた同種の2種。
壁の工事の際、だいぶ痛めちゃったのだけど元気に復活。

ピンクプリンセス、4月15日の蕾。

20150415アルピナ・ピンクプリンセスの蕾DSC06631

そして、5月5日のお花。
ふんわりとした開き方がプロペルティウスとは趣が違います。
ピンクプリンセス・・・中世のドレスを連想させるぴったりの名前ですね。

20150505クレマチス・アルピナ・ピンクプリンセスDSC07160

5月7日、夕刻のピンクプリンセス。
開ききってます。^^

20150507夕刻のクレマチス・ピンクプリンセス


次はアルピナウィリー、一重がすっきりです。

20150505クレマチス・アルピナウィリー


この2種は枝葉が華奢な感じだけれど新梢を伸ばして
モンタナが絡むアーチに届きそうな勢いです。

今は、花が一旦終わって花柄をとりました。
基本、選定の要らない種だけど、
新梢を少し切ると良く返り咲くらしい。

アトラゲネ系は日本の暑さに弱い高山種と聞いていたので
高嶺の花と思ってずっと手を出さずにいたけれど
約一年育ててみて、
信州の平地、西日の当たらない場所なら問題なさそうです。

だけど、以前はこれらの品種を
アルピナ・マクロペタラ系って呼んでたと思うのだけど
いつから、どうして、アトラゲネ系ってされてるのかな?



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

キモッコウバラとモンタナ・エリザベス

庭より。

バラクレマチスの季節が始まりました。

まずは.早咲きの薔薇、キモッコウバラ
沢山咲きだしました♪

DSC07202キモッコウバラ

黄色の小さなブーケが一杯並んでいます。

DSC07205キモッコウバラ

部屋の中からも出窓外に溢れ咲く様が~♪
昨秋の外壁リフォームの際、
邪魔なのに切らずに作業をしてくれた業者さんに感謝です。

他のバラたちも次々蕾を膨らませています。

line小花

次はクレマチス・モンタナ・エリザベス。
固い蕾から開花までの記録です。

4月15日、古く木質化した枝に小さな蕾が。
白っぽい産毛に包まれて可愛いです。

20150415モンタナ・エリザベス

5月5日、花柄が伸び、蕾らしく膨らんで。

20150505モンタナ・エリザベス

5月7日、開花です。
夕暮れ時の写真です。

20150507モンタナ・エリザベス

そして5月11日、沢山咲きだしました。
古びた木製ブランコやアーチに沢山花が見られて嬉しい♪

20150511モンタナ・エリザベス

エリザベスは香りもほんのり甘いんです。

20150511モンタナ・エリザベスのアップ

モンタナよりも先に、
アルピナ・マクロペタラ系のクレマチスが先に咲きだしています。


line小花

台風一過。真っ青な空が広がっています。
今年の台風って、1月から毎月1つ以上発生してたんですね~。
びっくりです。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

桜桃咲く姫川と白馬岳(大出の吊り橋)

白馬の旅から。

この日、一番感動した景色を真っ先に。*^^*
枝垂れ桜から垣間見る、
姫川にかかる吊り橋と白馬岳の景色。
5月3日の写真です。
<クリックで全て大きく見られます。よかったらどうぞ。(^-^)>

20150503枝垂れ桜越しのつり橋と白馬岳風景

白馬駅の東側に位置する大出公園。

吊り橋のたもとにある茅葺屋根の小屋。
小さなオープンカフェになってました。
戻った時に抹茶ソフトクリーム食べましたよ。
アイスの量は控えめ、コーンが香ばしくて美味しかったです。

20150503大出のつり橋茅葺屋根のアイス屋さん


吊り橋から見た花桃が並び咲く散策路と東側の山の木々の芽吹きの風景。
姫川はいつもは清流らしいのですが、この日は濁流でした。
でも、山あいの木々の芽吹き、ちらほらと霞み咲くような山桜がきれい。
特に落葉松の淡い緑、惹かれます。
この時期の緑は言い表せないニュアンスの違いが。
決して喧嘩しない融合美が、華やかな花以上に心地よい。

20150503姫川と芽吹きの山と花

吊り橋を渡りきって花桃の散策路を進み
振り返えると大出の吊り橋の向こうに白馬岳!
写真では伝わらないけど、ため息が出る美しさでした。

20150503花桃と吊り橋と北アルプス

美しい景色に夢中になってカメラを向けていたら
カメラレンズのキャップを落としたと、焦って一人大探し。
夫がポケットに入れていてホッとしました~。^^;


曲がった道をしばらく行くと、また違った景色。
東側に茅葺のお家と、空には北アルプスが広がっていました。

20150503茅葺屋根と白馬三山


少し進むと廃れた水車の小屋と石組に点在する水仙の花株。
なんとも心和む風景。
気付くと家族全員しゃがんでカメラを向け、撮影会になってました。^m^

20150503水仙と水車小屋と清流

石組に沿ってゆったり流れる小川。
水の透明感、分かるでしょうか。
この清流、手を入れてみるとひんやり気持ち良かったです。
北アルプスの雪解け湧水なのでしょうね。

20150503白馬大出の清流と水車小屋

花桃があちこちに植えられていて見事に咲いていました。
白と薄いピンクの咲き分けの枝垂れ桃。
濃色の花桃より好きかな。

20150502咲き分けの枝垂れ桃

公園から外れて散策。
見晴らしのよい原っぱを見つけました。
白馬三山を含む北アルプスの大パノラマです。

20150503原っぱから白馬三山

白馬岳と北側の小蓮華山との稜線の下、「馬の雪形」が見られます。
ズームで撮ってみました。
このままじゃ、どれだか分かりませんね。

20150503白馬の雪形

雪が解けた部分です。矢印の先は馬の背中。
今年は積雪量が多かった為か、
形が出きってなくて分かりづらいですが、多分、矢印の右側が頭かな。

20150503白馬の雪形「代掻き馬」

前日の夜、「八方の湯」という温泉に浸かりに行ったのですが、
そこの露天に山と雪形の説明があり、「代掻き馬」と書かれてました。
これは各地の雪形同様、田植えを知らせる合図。
代掻き馬→代馬→白馬 となったのでしょうか。
なので白馬岳は「しろうまだけ」なんですね。
確認はしてません。悪しからず。^^

この雪形を見て、頭を右側に見立てると恐竜にしか見えんとか、
尻尾はどれや、とか、
家族でなんやかや、勝手な事言いあってました。
全く、視力の悪いヤツらにはなかなか通じなくって。
かく言う私も、よく分かってないんですけどね(^▽^;) 。

公園入口に戻って、今度は姫川の対岸側を散策。
奥の広い場所は賑わってました。
沢山のカメラマンが思い思いに写真を撮ったり
驚いたのが、写生をされてる方の多かったこと!
後で知ったのですが、この場所は白馬屈指の撮影スポットだったらしい。


冒頭の写真の場所。
枝垂れ桜が柳のように揺れていました。

20150503大出公園の枝垂れ桜

今回、何枚もシャッターを押した場所です。
ホワイトバランスが違うと雰囲気が変わります。

20150503枝垂れ桜と吊り橋と白馬岳

日当たりのよい場所で大きな枝垂れ桜がまだ咲いていました。
同じ信州でも南部とは季節が違うようです。

20150503枝垂れ桜

公園内は違う品種の桜がいくつか咲いていました。
広がった葉と共に、縁に赤みのある桜の花や、

20150503赤みのある桜

赤みのある若葉と共にさく白い桜の花。

20150503ヤマザクラ

山沿いには辛夷の白い花がまだ咲いていて驚きました。
黄色い水仙や雪柳などもまだしっかり咲いていたし
我が家の辺りより1週間以上遅い気がします。


公園入り口の茅葺小屋の東側には何やら碑が。
「白線流し」の歌碑でした。

20150503白線流しの歌碑

田端義夫という方の歌。
いきさつは分からないけど、
歌詞、4行目「姫川に流したあの日」、とあることから
人々が集う、姫川のこの場所に建てられたのかな。


無機質な人工物より、
何と言っても、雄大な北アルプス、白馬の山並みと
岸に桜や桃の咲く姫川の景色。

20150503大出公園からの姫川と白馬三山

今回の旅で一番、目に焼き付いた絶景でした。
写真を時系列で辿りだすと、
あんな会話、こんなポーズ、次々と思いだされて
どんどん長くなり、さらに写真が増えそうなので、この辺りで。
って、既に長くなってます・・・かね。。┐(^-^;)┌


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

金色の丘

金色に輝く、緩やかな丘陵地。
ここは、大町市、木崎湖の東側に位置する中山高原。

おひさまロケ地

大町街道(県道31号線)を北上中、
右手に目にとまった「農園カフェ」と金色の世界。
立ち寄って散策してきました。

20150502中山高原を歩く

この右手、土が見えている側は、
かなりの勾配だったので行かなかったのですが
登っていれば北アルプスも見えていたらしい・・・残念。


奥に行くと池があって、その向こう側にキャンプをする人達が。
この池、春のみ出現する幻の池らしいです。

20150502中山高原・菜の花畑

金色の正体は、そう、菜の花です。

20150502中山高原の菜の花

夏場は、蕎麦の花畑、一面白い丘となるらしいです。

カフェには寄らなかったのですが
農園野菜とジビエ料理を楽しめるようです。

また来てみたいな。*^^*


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

白馬三山とパラグライダー

今年の5月連休は珍しく、本当に久しぶりに家族が揃ったので
5月1日に夫が急きょ予約をとり、2日から白馬に泊りで行ってきました♪

朝、ホテルの裏側を散策してた時の写真です。
やっぱり綺麗~、残雪の北アルプス!
もしよかったらクリックで大きくして見てくださいな。*^^*

20150503ホテルの裏から北アルプスを望む

白馬三山。左から白馬鑓ヶ岳2903m、杓子岳2812m、白馬岳2932m。

20150503白馬三山

山麓から赤いパラグライダーが飛び立ち
みるみる頭上に大きく現れました。

20150503上空のパラグライダー

白馬岳を背景にパラグライダーの浮かぶ景色も♪

20150503白馬の山とパラグライダー

ヤツらが建築工事中(化粧のことです^^;)
待ち切れずに一足先に外に出て、気分のりのりになってました。(^-^)


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

節分草の種

3月5日頃咲いていたセツブンソウの花。

20150305セツブンソウ

4月下旬にだいぶ葉が黄色っぽくなってきたのですが、
4月30日、種が見え始めたため、採種しました♪

20150430セツブンソウの種

3花分ですが、20粒以上採れました。*^^*

20150430セツブンソウの種

こんな小ささなんですけどね。
発芽率はどんなでしょうね~。


        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (2)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード