アサギマダラとメスグロヒョウモン

我が家もフジバカマが咲き始めたので
もしかしたらと、宮田村のアサギマダラの里に。
最初、ヒョウモンチョウしか見当たらなかったのだけれど
フジバカマが大きく育っている奥の方で立派なカメラを向ける男性が二人。
近寄ると、ふわふわと優雅に舞うアサギマダラが数匹。

香りよく咲き出したフジバカマの花で一生懸命蜜を吸う子。
20180917 DSC02958フジバカマ畑の中のアサギマダラ

森が近くにあるのも良い環境なんでしょうね。
20180917 DSC02957アサギマダラ
ふんわり空に舞う姿は本当に優美。
沢山栄養を摂って1000km越えの旅に備えるのでしょうか。
というか、もう旅の途中なんでしょうね。

ふと、また違った蝶を発見。
後で調べると、メスグロヒョウモンのメスのようです。
20180917 DSC02960メスグロヒョウモンのメス
この種はメスだけ黒地に白帯模様。オスは普通のヒョウモン柄らしい。
20180917 DSC02961開花したてのフジバカマとメスグロヒョウモン

フジバカマの花は3分咲きくらいかな。
5つの筒状花で構成される頭花を散房状に沢山つけて咲く。
筒状花の先は5つに裂けて細長い2本の花柱(雌しべ)が飛び出す。
このもじゃもじゃが全体をふんわり柔らかな印象にしてるのでしょう。
20180917 DSC02961-2 開花したてのフジバカマ

アサギマダラ
20180917 DSC02957アサギマダラclip

メスグロヒョウモン
20180917 DSC02960メスグロヒョウモンのメスclip

去年見たときよりだいぶ数が少ないけれど
アサギマダラの里に去年来たのは9月24日だったので少し早かったかな。
去年耳にしたような100匹以上舞うところも一度見てみたいなぁ。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

色付き始めた千畳敷

昨日の中央アルプス千畳敷
19℃のしらび平から約950m上がると、そこは9℃ちょっと。
シニア・ツアーらしき登山戻り客の大縦列と行きかってびっくり。

13:04 峰々の頭は雲の中。
草紅葉の始まったカールの遊歩道を、漸く気ままに。
20180917 DSC02935雲が幻想的な千畳敷(13時04分)

13:16 雲霧は刻々と流れたり現れたり。
まるで水墨画のような幻想的な景色にも思える。
20180917 DSC02940雲の中の宝剣岳と始まった紅葉(13時16分)

13:20 ピークが見えてくるとなんだか嬉しい。
よく見ると岩場を覆うダケカンバなどが既に黄葉。
20180917 IMG_9365岩峰の紅葉する木々(13時20分)

13:22 沢山の登山客が八丁坂を行きかう。下山の方が多いけど。
三連休の最終日、冴えない天気でも大変な人出。
20180917 IMG_9369八丁坂(13時22分)

13:27 青空が見られる一瞬。やっと宝剣岳が姿を見せた。
ゴロゴロある白い花崗岩も迫力。
20180917 DSC02944青空覗く千畳敷からの峰々(13時27分)

14:28 ナナカマドの実は既に真っ赤。
中には、葉も真っ赤に紅葉する個体も。
20180917 DSC02951赤いナナカマドや黄色いダケカンバ(14時28分)

14:30 よく見ると千畳敷カールのダケカンバも黄葉し始めていた。
20180917 DSC02953黄葉し始めたダケカンバと千畳敷(14時30分)

ロープウェイのスタッフさん情報では
9月末頃が紅葉のピークでは、とのことでした。
今年はパスポートを購入したので
混んでなさそうな日に来て乗越浄土に上る予定。
近いしね。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

松川渓谷と雷滝、ホタルブクロとタマアジサイ

9月上旬の雷滝。
名前どおりの轟音。水量。
20180903 DSC02899雷滝(4000分の1秒)
滝裏に立つ白Tシャツの夫。滝の規模がわかる。
裏側に入ることのできる珍しい滝は「裏見の滝」の別名も。
20180903 DSC02914雷滝の飛沫と裏側にお父さん(800分の1秒)

滝への降り口に咲いていたホタルブクロ。
20180903 DSC02921雷滝降り口のホタルブクロ
たぶん、タマアジサイの咲き始め。
20180903 DSC02922雷滝降り口のタマアジサイ

遊びたくなって、ちょっとエクササイズ。
1/4000秒で
20180903 DSC02900雷滝が流れこむ松川渓谷

1/500秒
20180903 DSC02901岩間から撮った雷滝(500分の1秒)

1/25秒
20180903 DSC02904雷滝と滝つぼ(25分の1秒)

1/2秒 これはちょっとやり過ぎですね。
これでは轟く滝の音を感じません。
20180903DSC02905雷滝と滝つぼ(2分の1秒)

岩から落ちる水滴や飛沫を避けながらカメラ設定中。
20180903 IMG_9313雷滝、松川渓谷、カメラ設定中

裏側から岩に落ちる滝の飛沫を1/60秒で
20180903 DSC02918裏側から見た雷滝の飛沫
同じのを1/4000秒で
20180903 DSC02920裏側から見た雷滝の飛沫(4000分の1秒、た雷滝の飛沫(60分の1秒)
ついつい遊んでいたら靴下が湿っぽくなってしまいました。

松川渓谷をさらに奥へ。
山田牧場。黒毛の牛たちがのんびり。
20180903 IMG_9320山田牧場の牛たち

この上の山からは北アルプスが見えるらしい。
冬にはここ、スキー場。
テレマークスキー体験できるらしい。
先シーズン、習ってみようと計画立てたのだけど
直前で都合が合わなくなって。。
来シーズン、もしかしたら来られるかな。^^

今回の旅の目的は七味温泉。
硫黄の匂いを感ずる濁り湯を夕方から楽しみました。
松川沿いの広い外湯、白や、わずかに青い濁り湯に浸かり、
川の流れる音や木々にやってくる野鳥の声を聞きいて寛ぎました。
宿への帰りに、大人しそうな、野性っぽくない狸に遭遇。
朝、宿の露天風呂でも、庭を通る狸と目が合っちゃいました。
たぶん同じ子かな。なんとも長閑な田舎だこと。

この旅実は台風直前で、キャンセルしなきゃか?状態になっていたけど
合間を縫うような好天に恵まれてラッキーでした。
県内ということもあるけど、キャンセルせず行かれて良かった。
泉質も優れ、湯量もたっぷりの源泉かけ流し温泉に大満足でした。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

小さい秋みいつけた

雨上がりの森の中に、青々した毬栗くん。
いつのまにか秋の兆し。
20180828 IMG_9267青い毬栗

今の時期、森の広範囲で見られるのはこちらホスタの仲間
10㎝足らずで少輪咲く子や、50㎝はある花茎にたっぷり咲く子は
たぶん、みんな
コバギボウシ(小葉擬宝珠)
学名:
Hosta sieboldii (Paxton) J.W.Ingram form. lancifolia (Miq.)H.Hara,
Hosta albomarginata Ohwi form. lancifolia Ohwi
キジカクシ科 Asparagaceae ギボウシ属
20180828 IMG_9268コバギボウシ

20180828 IMG_9269コバギボウシの花

20180828 IMG_9270コバギボウシの花

ヒヨドリバナもあちこちに。
学名: Eupatorium makinoi var. oppositifolium
キク科 ヒヨドリバナ属
20180828 IMG_9273ヒヨドリバナ蕾
この個体はまだ蕾ですが、
すっかり開いてフジバカマそっくりに咲く子もあちこちに。
20180828 IMG_9271ヒヨドリバナ

晴れれば30℃越えの盛夏に逆戻りだけれど
季節は確かに進んでいますね。
お盆過ぎには美しいクロツグミの囀りはパッタリ聞こえなくなり
代わりに、ススキなどの背のある茂みの方から
カンタン(邯鄲)の鳴き声が聞こえるようになりました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

セグロセキレイ

いつもの森でウォーキングのあと広場の池畔で水分補給のひと休み。
すると、セキレイたちがやってきました。
20180821 IMG_9255セグロセキレイ2羽
実は、この前日に黒いボディ、飛ぶと白さにハッとする野鳥たちが
池の上空を2羽ずつ追いかけっこするように素早く飛ぶのを見ていて
セグロセキレイかハクセキレイか気になっていたんです。
20180821 IMG_9253セグロセキレイ
頭も顔も黒くて白い眉。セグロセキレイでしょうか。
20180821 IMG_9254セグロセキレイ後姿
白い眉がきりっと凛々しいですね。
浅瀬で啄ばんできた獲物をくわえています。
20180821 IMG_9256セグロセキレイこちら向き
日暮れに近い時刻、
何だかモノトーンの世界になってしまいました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード