極小な来客

アリウム・パープルセンセーション
日に日に丸く大きくなり、そして色鮮やかに。
20170518 IMG_5888アリウム・パープルセンセーション満開

ん? アブくんかな。
20170518 IMG_5889アリウム・パープルセンセーションとアブclip

蜜は美味しいかな?

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

キョウジョシギ(京女鷸)

子どもの日、穏やかな海。
20170505 DSC01603常滑の穏やかな海

伊勢湾に面する浜辺。
水は意外にも澄んでいる。
20170505 DSC01600澄んだ海水

鴨に似た羽色の水鳥がテトラポットに群れて飛来。
20170505 IMG_5812キョウジョシギ(京女鷸)

鴨にしては細身で嘴が細長く尖り、足が細長い。
調べていたら、キョウジョシギ(京女鷸)と判明。
20170505 IMG_5812キョウジョシギclip
春と秋にやってくる渡り鳥らしい。
お腹の白にオレンジの足がよく目立つ。
首と顔の黒い模様が特徴的。
遠目に眼光鋭い印象を与えている。
頭が白いこの姿は夏羽らしい。

チドリ目シギ科 
英名はRuddyTurnstones
石を嘴で返して餌を探すことから付いた名。
Ruddy は足の色から?

続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

食いしん坊のウソくん

ウソ(鷽)
学名: Pyrrhula pyrrhula Linnaeus, 英名: Eurasian Bullfinch
スズメ目アトリ科ウソ属
鳴き声が「フィー」と、口笛に似る。和名は口笛の古語らしい。
冬鳥として日本にやって来る。

首の周りがオレンジ色の、スズメより少し大きめの鳥。
20170416 IMG_5580蕾を食べるウソ
2017.04.16

木の真下に来ても2羽ほど、逃げずにモグモグ。
↓蕾を啄ばむ決定的瞬間。
20170416 IMG_5582蕾を咥えたウソclip

ほぼこの場所から動かず、枝にぶら下がったりして
桜(?)の蕾を次々、せっせと食べています。
20170416 IMG_5582蕾を咥えたウソ

蓼科バラクラでの楽しみの一つに、やって来る野鳥を撮ること。
この日も、初めての出会いがありました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

羽毛を咥えたエナガ

最近、よくやって来るエナガくん。
スズメよりも小さく、比率的に尾が長い。
庭のハナミズキの枝先で辺りをキョロキョロ。
咥えた羽毛の束で顔が見えません。^m^
20170403 IMG_5472エナガ

短い嘴と丸い目が可愛いです♪
20170404 MVI_5480(3)羽毛を集めるエナガ

どこか近くで巣作りをしてるのでしょうか。
番いでやって来ては、この場所で羽毛らしきものを集めていきます。
その時の様子を動画で。


鳴き声も可愛いです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

木曽馬ふれあい②水飲み~乗馬

丸っこい顔が可愛い木曽馬くん。
水の飲み方が、これまた不思議。

氷の張った汲み水に顔をつっこんだかと思ったら、ただじーっと。
まったくの無音。(作業機械の騒音が激しいので音楽に替えています。)
口の動きは、ごくわずか。わんことは大違い。
まるで見えないストローでも使ってるみたい。

乗馬体験もさせてもらいました。
20170312 DSC01372お母さん、乗馬体験

木曽馬の体高は平均133cmと小柄。乗ったら申し訳ないよう。
でも、肢、蹄が堅固で200kgまで運べるのだそうです。
それより、バランスの悪い姿勢で乗られるのが苦手とか。
20170312 DSC01383お父さん、乗馬体験
蹄は高いので、農耕馬としてなら蹄鉄が要らないのだとか。
お腹が大きいのは、厳しい自然環境に適応した結果。腸が長いということでしょうね。
強健・粗食で、雑草でも飼育できるのだそうです。
20170312 DSC01358clip 白馬もいる20170312 DSC01369clip 毛色の違い
赤毛の子が多い中、白い子も。3色並んで違いが分かりやすい。

こんな適応力があって頑丈な子達が何故、絶滅の危機に??
これは戦時下の国の愚策、やっぱり人間の都合だったんですね。
資料によると、国は小さい木曽馬は軍用馬に向かないとして、
海外の雄種馬の導入を決め、木曽系雄種馬を廃止し、淘汰したから。
今があるのは、幸い、方針に背いて密かに純系木曽馬が残されていた為。
けれど、農業の近代化で飼育者が減り、絶滅への一途だったところ、
1969年に保存会が結成され、
努力の甲斐あってその危機から脱しつつあるようです。

20170312 DSC01386長閑な牧場

牧場は広々としているし、厩は清潔に整備されてるし、
木曽馬くんたち、嬉しいね。
草が青々としてる牧場を駆けている姿も見てみたい。
可愛い君たち、また会いに来るからね。

        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード