シジュウカラ

バイカウツギの枝に縦とまりする四十雀。
可愛いです。
20190201 IMG_9738四十雀がバイカウツギの枝に縦にとまるclip

20190201 IMG_9728四十雀、フィーダーに

20190201 IMG_9728四十雀、フィーダーにclip

20190201 IMG_9729四十雀、フィーダーに

20190201 IMG_9729四十雀、フィーダーにclip

20190201 IMG_9738四十雀がバイカウツギの枝に縦にとまる

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

新顔の小鳥くん庭に~キクイタダキ

冬場になって毎日、
フィーダーのヒマワリ種を食べに来る四十雀たちとは別に、
ずっと小さな野鳥の集団が可愛い声を出して
イチイやヒバ、柘植の枝葉の中にひっきりなしに入り込んで
何やら啄ばんでいる様子がよく見られるようになっています。
ヒガラに似てるようで、頭や体の色が違うなぁと思ってました。
運よく撮影することができたので調べてみました。
体長10cmほどのキクイタダキと判明。日本の野鳥では最小の鳥だそう。

なんて可愛いんでしょう♪
20190104 IMG_9659キクイタダキが庭のイチイにclip

庭のイチイの木の中から出てきたところです。
円らな瞳、小さくて丸っこい姿の可愛いこと。
20190104IMG_9660キクイタダキが庭のイチイに

キクイタダキと分かったのは、この一枚。
20190104 IMG_9661頭の黄色からキクイタダキと判明clip

頭の羽毛が黄色いのがわかります。
菊の花弁を頭に乗せていると見立てて付いた名前だそう。
欧米では王冠に見立てて、「鳥の王」とされてるとか。
ルクセンブルクの国鳥でもあるらしい。

ともかく、小さくて、可愛い地鳴きとともに
せわしなく、すばしっこく動き回るさまは観ていて楽しいです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

エナガの来訪

昨日、気温は低かったけれど
陽射しがあって風がなく、昼間少し庭仕事を。
すると、「チリリ」「チリリリ」と聞き覚えのある可愛い声で
小鳥たちの一群が庭へ。見ると、尾が長くて小さなエナガくんたち。
何度も暫く庭木やバラなどの枝の間をすばしっこく飛んだりとまったり。
時にはコノテヒバの内部に入ったり出たり。
私が庭に居る2,3時間に、数回やってきました。

ハナミズキの枝ですまし顔のエナガちゃん。
白っぽいふわふわ羽毛のお腹。長い尾っぽ。
20181210 IMG_9541エナガちゃんハナミズキの枝にclip

冬至が近づく低い陽射しを浴びて輝くエナガくん。
20181210 IMG_9547エナガちゃんバラ・バレリーナの葉にclip
黒と茶のストライプがお洒落な頭と背中側。
20181210 IMG_9548エナガちゃん、バレリーナからこちらを振り向くclip
バラ ’バレリーナ’の枝から、こちらを見てます。
20181210 IMG_9548エナガちゃん、バレリーナからこちらを振り向く
2羽が、忙しく何かを啄ばんでる様子。
20181210 IMG_9543エナガ2羽がバラ・バレリーナに
7,8羽はいたでしょうか。すばしっこく行ったり来たり。
すると、目の前の’アンジェラ’に。
20181210 IMG_9544エナガちゃん目の前のバラ枝に
またバレリーナの中からこちらを見る子。
20181210 IMG_9545エナガ、バラ・バレリーナからこちらを見る
よく見ると、黒い眉毛のずっと下に、まん丸のつぶらな瞳。
20181210 IMG_9545エナガ、バラ・バレリーナからこちらを見るclip
鋭い棘一杯のメギの小枝にぶら下がる子の目線がこちらに。
20181210 IMG_9554エナガちゃん、棘一杯ノメギにぶら下がり止って
よく見ると、あられもない姿。ごめんよ、エナガちゃん。

バイカウツギの枝から飛び立つ瞬間。
20181210 IMG_9546エナガ飛び立つ瞬間(バイカウツギ枝の間)

週末からとても寒い。
12月9日(土)は最低気温-3.1℃、最高気温5.2℃
12月10日(月)は最低気温-3.7℃、最高気温6.9℃
今朝、11日(火)の最低気温は-4.7℃だったもよう。

でも昨日は昼間は風がなく陽射しがあって、3時間近く庭仕事ができた。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
 
 

続きを読む

ジョ美君が来た

尉鶲、常鶲(ジョウビタキ)
学名: Phoenicurus auroreus/ 英名: Daurian redstart
スズメ目 ツグミ科(ヒタキ科)


「ヒッヒッ」・・・「ヒッヒッ」と、独特の声を聞くようになり
先週から、お腹がオレンジの、美しい姿の小鳥を見かけるように。
やっぱり、ジョウビタキ。しかもオス。頻繁に来てます。
つい一昨日も、庭のキモッコウの枝に留まっているところを見つけました。
声を聞き、姿を見つけるたびにカメラを取りに走り、
戻るといなくなる、なんていうのを数回繰り返していました。

今日はイチイの垣根付近にいそうなのを探していたら飛び立ち、
あたりを見回していたら、なんと電線の上に。
運よく撮ることができました。

長い嘴に、まん丸のおめめが可愛いこと。
20181115 IMG_9518ジョウビタキのオスが電線にclip

シルバーグレイの帽子が素敵だこと。
20181115 IMG_9520ジョウビタキのオスが電線にclip

20181115 IMG_9519ジョウビタキのオスが電線にclip

20181115 IMG_9521ジョウビタキのオスが電線に

明日も会えるかな。
またおいでね。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

白駒の池⑦(完)~ホシガラス

星鴉(ほしがらす)
学名: Nucifraga caryocatactes
英名: Spotted Nutcracker
スズメ目 カラス科 ホシガラス属
体長: 約35cm
高亜高山帯(本州中部の山岳地方では標高1700~2500m)の針葉樹林やハイマツ帯に生息。主食は松の実。ハイマツの実などを食べる。冬に備えて集めた実を岩陰に隠す貯食行動も見られる。昆虫や動物性蛋白も食べる。


高見石の帰りは、急勾配の南歩道を避け、
「カモシカの森」の、緩やかな北歩道を下山しました。
高見石小屋からは5分ほど下った辺りの目の前に黒っぽい野鳥が飛来。
森の中の苔むした切り株の上に止まりました。
カラスより少し小柄のその鳥は胸周りが白の斑模様に見えたので
きっとホシガラスだろうと思い、少しずつ近づいて撮ってみました。
後で拡大してみて、ホシガラスと分かり、嬉しくなりました。
初めての出会いです。

20181006DSC03049中央にホシガラスclip

20181006 DSC03050黒くて大きい嘴のホシガラスclip


20181006 DSC03051苔むした切り株にホシガラスclip

望遠はリュックの中なので間に合わないだろうと
肩から提げていた小さい方のカメラで撮影。
上の3つは全て↓のそれぞれのクリップ拡大です。
少しずつ近づいているのが分かるでしょうか。
20181006 DSC03049中央にホシガラス(枠あり) 20181006 DSC03050黒くて大きい嘴のホシガラス 20181006 DSC03051苔むした切り株にホシガラス

ルリビタキよりさらに警戒心がない様子でした。
きっとここに暮らす人々に大切に守られているからなのでしょう。

ホシガラスはハイマツが生える森林限界地帯に生息と思い込んでいたので、最初信じられなかったのだけれど、2200mくらいの亜高山帯なので居ても不思議ではないのですね。
今回のトレッキングは、早い紅葉と苔の森が見たくて来たのですが、思いがけずルリビタキやホシガラスに出会えてラッキーでした。森歩きは本当に楽しいです。腕がないのでなかなかクリアには撮れませんが、でも後で確認できる楽しさがあるので、ボケようが、撮ってみるものですね。
鳥たちを驚かさないように、そっとね。

10月上旬に出かけた白駒の池トレッキング・シリーズは今回でお終いです。
長々とお付き合いくださってありがとうございます。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (8)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード