代わる代わる食事する小鳥たち

ピョんチャンオリンピックが始まりましたね。
応援したい選手が沢山いて楽しみです。

line小花

昨日の庭から。

空になったバードフィーダーにひまわりの種を入れておくと
最近では群れをなしてシジュウカラが食べに来るように。
たいてい、番のヤマガラも一緒に。

舞い降りるシジュウカラの羽ばたきの瞬間。
20180208 IMG_7828シジュウカラの羽ばたき

器用にとまって食べる姿はなんとも可愛い♪


昨日は7,8羽のシジュウカラと2羽のヤマガラが
ニアミスなく器用に飛び交って順番を待つように次々と
フィーダーの餌をとっていきます。


20180208 IMG_7829ヤマガラ

フィーダーの傾き方からすると、
20180208 IMG_7826ヤマガラ
ヤマガラくんの方が少し重いかな。^^

line小花

今朝は寒くて、-11℃近くまで下がったようです。
9時頃から美容院の日当たりの良い駐車場に車を停めておいて
午前11時近くに帰ろうとすると、
快晴で穏やかなお天気なのに
センサーは-5℃を表示してびっくり。
極寒の季節だけれど、
身体が慣れてしまっているせいか、そこまで寒い気はしません。
晩秋から初冬への気温の下がり方の方が堪えるのは不思議です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

メジロと庭もよう

厳寒ですが、青空が広がっているので庭に出てみると
雪融け斑にスノードロップが仲良く並んで
可愛いお花を吊るしているのに気づきました。
20170127 IMG_7817スノードロップ

クリスマスローズ(ヘレボルス・ニゲル)も地際にいくつも白花を。
20170127 IMG_7818ニゲル

しゃがんでカメラを向けていたら、頭上のハナミズキの枝にメジロが。
カメラを上に向けたら、やっぱり逃げちゃいました。
隣の樹木の高いところに移ったところを撮ってみました。
20170127 IMG_7819メジロclip

羽色はウグイス色。
枝で半分隠れてはいるけど、目の周りが白いのが分かります。
20170127 IMG_7819メジロ
サンデッキにミカンでも置いてみようかな。

line小花

昨日は全国的に酷寒だったようだけど、
信州、ほとんどの地域で真冬日。
なかでも寒かったのは上田市の菅平で
最低気温-23.7℃ この日の全国最低気温にびっくり。
最高気温-10.3℃ と、驚きの寒さ。

ここも、昨日は真冬日で、-10℃~-0.6℃。
強風もあって寒かった。
今朝は-9.1℃まで下がったけれど、
現在(12:50)は1℃を上回ってるもよう。
最高気温は2℃までいくらしい。
昼は晴れて、夜間は曇ってくれたらいいのにな。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

雪舞う庭に四十雀 & 氷河余話

昨日の朝、バードフィーダーを覆った白い綿帽子。
20170123 IMG_7800雪積もったバードフィーダー

午後、融けてきたと思ったら、
シジュウカラとやマガラくんたちが次々と。
再び雪が降り出しても、代わる代わる枝にとまって
20170123 IMG_7809シジュウカラ

バードフィーダーへ。
20170123 IMG_7810四十雀、餌とる

残り少ないのか、フィーダー口に嘴を。
20170123 IMG_7814四十雀、餌とるところclip

しっかり咥えましたよ、クロヒマワリの種。
20170123 IMG_7810四十雀、餌とるclip

また補充しなくっちゃね。


line小花

1週間ほど前の信濃毎日新聞記事から、余話ひとつ。
信州初の氷河の話。
全国では富山県3例に続く4つ目に判定された氷河とは
カクネ里雪渓。
大町市の北アルプス鹿島槍ケ岳(2889m)の北壁直下にある。
その氷体(氷の塊)が、氷河だと学術的に確認されたことが16日判明。
ずいぶん前から耳にはしていたのだけれど、やっとはっきりしたんですね。

記事によると、2011年と12年の調査では、雪渓下部に厚さ40m、長さ700mを超える氷体があることが分かり、氷河の可能性が大に。
氷河と認められるには、氷体が斜面に沿って動いていることが要件。
2014年結成の調査団は15年秋、GPSを取り付けたポールを氷体に突き刺して調べ、24日間で12〜17cm動いていたことを突き止めたのだそうだ。

カクネ里雪渓の氷体は万年雪が固まって形成され、一定の大きさを保ちながら動いていることから氷河と判断し、17年秋に日本地理学会へ論文提出されていた。
審査・評価を経て、今月、学会誌掲載となったらしい。
「万年雪が固まった氷体が大きく成長する条件を備えた地形や気象条件は極めて少なく、カクネ里の氷河は貴重」なのだそうだ。

鹿島槍ヶ岳と白馬五竜の遠見尾根の間に位置していて、
五竜の小遠見山からしっかり望めるらしい。
今年のトレッキング先の候補にしようかな。

ps
さらに、19日付・同紙によると
カクネ里雪渓に加え、北アルプス富山県側でも、池ノ谷(いけのたん)雪渓、内蔵助(くらのすけ)雪渓の2ヶ所も氷河と認められた。
つまり、現在国内には富山県5ヶ所、長野県1ヶ所の計6の氷河が存在するということ。
さらに、白馬村の北ア唐松沢雪渓、不帰(かえらず)沢雪渓、杓子沢雪渓の3ヶ所も氷河の可能性が高いと。

一昨年八方尾根から見ることができた2つの雪渓はこのうちのどれかでは。
位置的に不帰沢と杓子沢だったのかも。
そう思うと、何だかわくわくするのは何故でしょう。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

1月庭の来客・ヤマガラ

雪景色となった先週月曜の1月8日、今冬初めてバードフィーダーを吊るしてから、ヤマガラとシジュウカラが常連客となってます。
黒ヒマワリがよほど好物と見えて、毎日、先シーズンより沢山、頻繁に食べに来てます。
20180112 IMG_7785枝に留まるシジュウカラとヤマガラ

ヤマガラくんの特等席。
20180111 IMG_7775ヤマガラclip

シジュウカラよりは数は少ないけれど
頻繁にやってきて、よくこの枝に留まってからバードフィーダに。
20180111 IMG_7775ヤマガラ
2018.01.11

20180112 IMG_7787ヤマガラonフィーダー

クロヒマワリの種が好物かな。
20180112 IMG_7787ヤマガラonフィーダーclip
2018.01.12

去年あげていた普通のヒマワリの種よりかなり小粒だけれど、
こっちの方が美味しいのか、食べやすいサイズなのか。
ヤマガラとシジュウカラが順番待ちするように
次から次へと、面白いように食べにきます♪

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

1月庭の来客・シジュウカラ

特等席の枝からバードフィーダーに向おうとするシジュウカラ。
20180112 IMG_7793フィーダーに向うシジュウカラ

同じ枝から別飛び。(同じ子かどうかは分かりません)
20180112 IMG_7781飛び立つシジュウカラ

20180112 IMG_7790餌を食べるシジュウカラ

別飛びの子の後姿。
20180112 IMG_7782シジュウカラ後姿onフィーダー

別飛びの子の右横姿。
20180112 IMG_7786シジュウカラの横姿

clipで拡大してみると羽の白い線は1本。
ヒガラは2本でしたが。
20180112 IMG_7790餌を食べるシジュウカラclip

器用にとまっていますね。
お腹の羽は真っ白に見えます。
足の付け根のお腹側も黒いのが分かります。
20180112 IMG_7786シジュウカラの横姿 clip
首から背中へふんわりグラデーションの黄色も素敵です。
20180112 IMG_7782シジュウカラ後姿onフィーダー clip
2018.01.12

こちらは前日、11日のシジュウカラ。
20180111 IMG_7772シジュウカラ
2018.01.11
フィーダーの掛かったハナミズキの手前にあるバラ・パレードの枝も
よい休憩場所になってるようで、時々何羽かとまっています。
棘なんてへっちゃらなんですね。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (8)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード