初雪が大雪

こんなことになってます。
11月24日なのに、まるで真冬のよう。

20161124IMG_4962雪のチェッカーベリー

ここ南信州では、
11月で初雪というのは、あっても舞う程度。
いきなり大雪というのは初めての経験です。
20161124DSC01231雪に埋もれたチェッカーベリー20161124DSC01227雪に埋もれた寄せ植え(西)

2ヶ月は早い降り方です。

20161124DSC01226雪かき前のサンデッキと庭風景

夫を送り出した6時半頃はまだ5cm足らずだったのに9時には多いところで20cm位に。
雪かきの音に慌てて私も作業に出ました。
まずは周辺の公道、そして庭や家周りの通路の除雪に。
やれやれ、ほっとして庭の花たちを見ると、そこには珍しい光景が。

パレード。
IMG_4963雪のパレード

スキャボロフェアも雪の重みに耐えています。
IMG_4960雪のスキャボロフェア

ベロニカ・フェアリーテイルのお花をまさか雪の中で見られるとは。
IMG_4966雪のフェアリーテイル

四季咲き化したラベンダーの新鮮そうな花と雪のコラボ。
IMG_4964雪のラベンダー

キャットミント。
IMG_4967雪のキャットミント

エリゲロンデージーもびっくりしてることでしょう。
20161124IMG_4972雪のエリゲロンデージー

雪かき終了後の庭風景。
20161124IMG_4976雪かき後の庭風景
サンデッキの除雪中、屋根から雪がドサッと落ちてきて焦りました。

それにしても、21日にタイヤ交換を済ませておいてほんと良かった。
今日も夕方から仕事です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

シャーロックの庭・夏から秋へ

夜中から土砂降りの雨。やっと落ち着いてきました。
9月に入って朝晩が肌寒いこのごろ。今日は終日気温が上がらなそうです。

line小花

ツルバキア・シルバーレースの株が少し増え、この夏、涼しげなお花を見せてくれました。
20160831IMG_3533ツルバキア・シルバーレース


line小花

7月下旬のシャーロックの庭。
20160727DSC09854シャーロックの庭アンゲロニア、トウガラシなど
6月初旬までビオラが賑わっていた場所にアンゲロニアや五色トウガラシの'ブラックパール'、'パープルフラッシュ'、'ニシキサンゴ' などを植えてみました。アジュガの葉とも相性が良さそうです。

8月31日、ちょっと上から見た景色。左側に見える白っぽい小花は挿し芽で増やした薄ピンクの四季咲きカスミソウ。
20160831IMG_3532シャーロックの庭
この場所は日当たり特等席なので、雨のない日が続くと五色トウガラシが水を欲しがります。

↑写真中央、ツルバキアがアンゲロニアと仲良く咲いて。
20160831IMG_3534ツルバキア・シルバーレース

昨日、9月12日の様子。ツルバキアの花は終わってしまいましたが、暑さで減っていたアンゲロニアの花がまた上がってます。
20160912DSC00263シャーロック夏の庭
手前には実生のジニアリネアリスが花数を増やしています。
20160912DSC00262こぼれ種のジニアリネアリス

'ブラックパール' の実が紫に輝いてます。赤く色づいてシワシワになると採種の適期とか。来年蒔いてみようかな。
20160912IMG_3563五色トウガラシブラックパールの実

初めは小さかった赤紫のアンゲロニアも大きくなりました。
20160912IMG_3564アンゲロニア
ゴマノハグサ科らしいお顔をしてます。
でも、この子たちは寒さに弱いので、我が家では一年草扱いです。

line小花

余談ですが、
パラリンピックの選手の皆さん、輝いていてますね。
たまたまTVで陸上男子100mの決勝を観ることができて、そうしたら、速いのなんの。
10秒81の優勝タイムは英国のジョニー・ピーコック選手。
T43/44(切断・機能) の部。義足のアスリートの10秒台の走りに感動しました。
そしてボッチャという、カーリングのような競技を始めて知りました。
団体で日本チームが銀メダル獲得と。おめでとうございます。
信州・安曇野からは樋口政幸選手が車椅子陸上5000m決勝で4位。地元紙によると、日本人が決勝に残るのが難しかった種目。ネットのRio2016で録画を観ました。厳しい位置からの追い上げが素晴らしかったです。1500mでも今朝、決勝進出を決めてますね。出た予選の組2着の3分6秒76という記録を単純計算すると、100mを12.45秒!すごいです。
以前から期待の車椅子テニス。上地結衣選手も活躍中。強豪相手に圧勝で勝ち進んでいて楽しみです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

7月の庭風景より

関東甲信越もようやく梅雨明け。
でも、昨日今日はどんよりした空気。入道雲と雨雲、薄い青空が混在したような空模様。
連日のような悲しいニュース。世界でも日本でも。重苦しい心模様とこの混沌の空が重なります。
誰もがお互いの生を尊重し合える世界でありますように。

line小花

今日はお花いろいろ。

レウイシアが真っ白な花を次々と咲かせています。その向こうに粒々の花を持ち始めてるのはカルーナ。
20160720IMG_2923レウイシアとカルーナの開花
昨秋寄せ植えにしてあったカルーナですが、初めて無事冬を越せたので、夏の暑さから退避させていたら花がつき始めてびっくり。 こんな時期から咲くのですね。秋にも花が上がってくるのでしょうか。晩秋の寄せ植えに、今年は買わなくてよさそうです。

オレンジピンク花のレウイシアも仲良く開花中。この2種は購入したときの小さなポット植えのまま、植え替えもせず2年は経っていると思うのですが、室内より明るい外の方がよく咲いてくれます。
20160720IMG_2922レウイシア
昨年、冬近くにも咲いてました。性質をよく調べて、もっと大事にしてあげたら、もっと沢山咲きそうな予感。

こちらはアンティーク・レース。バラたちも入れ替わり開花中です。
20160720IMG_2921バラ・アンティークレース


今年仲間入りの斑入り葉ガウラ 'フリーフォークロージー'。白い花弁の縁にローズ色がにじむように入ってます。
20160720斑入り葉のガウラcollage

鉢のエリンジウム・ブルーホビットが青く色づいてきました。
20160720IMG_2918エリンジウム・ブルーホビット
庭に下ろした方はゲラニウムに隠れて日照不足か、花無しです。

大好きなゲラニウム。こちらは四季咲きのロザンネイ。パラパラと、でも次々咲き続けてくれてます。
20160720IMG_2919ゲラニウム・ロザンネイ

今年新入りの大輪種ダリア '黒蝶'。どちらかというと苦手な赤系ですが、シックな黒赤に挑戦です。
20160720IMG_2920ダリア・黒蝶
大きな菊鉢に鉢増しして涼しくなるまでハナミズキの木陰に退避中です。ギンギラ太陽が好きそうなのに、日当たりでは葉っぱがダラリ。日陰が居心地良いらしく、意外です。秋の花のためには今咲かせない方が良いのだけど、なかなか切れません。

オリエンタルリリーのマルコポーロ。日当たりが大幅に改善したブランコ横で開花中です。
20160720IMG_2909マルコポーロ

大きく育って、2mはあるでしょうか。隣で咲いているのはノワゼットローズのアリスタ・ステラ・グレイ。
20160720IMG_2910マルコポーロとアリスタ・ステラグレイ
奥で垂れている花は柏葉アジサイ。

足元にはホスタ・ゴールデンティアラが薄紫の花を。
20160720IMG_2924ホスタ・ゴールデンティアラの花

北側、ほとんど人の目に触れない場所のゴールデンティアラ。数年前に移植したもの。
20160720IMG_2927裏のゴールデンティアラの花
夏場はこちらの方が日当たりが良いらしく、花が上がるのが早い。向こう側が畦でなければ、バラを植えたいくらいだけれど、棘のあるものは迷惑ですね。それと、用壁を乗り越えて茅類が進出してくるので草取りが厄介な場所でもあるし、冬の雪かきを考えると狭くしない方が賢明でしょう。

東側の半日陰では、八重咲きのアジサイが開花中です。ガクアジサイよりずっと遅咲き。
20160720IMG_2925八重のアジサイ
白っぽい花弁が水色、そしてさらに青みが増す様が清清しくて、嬉しいアジサイです。

我が家一番の遅咲きのアジサイは、ピラミッドアジサイで、北側で大株の枝先に今、沢山蕾を見せています。

明日はすっきり晴れてほしいです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

遅咲きバラとクレマチスの庭風景

クライマーのバラ、パレードが高い所でゆっくり花数を増やしています。
蕾を持った長いステムをいくつも伸ばしてとっても楽しみ。
奥の高所で同時期に咲きだしたクレマチス・マダム・ヴィオレッタもひっそりと。
20160622IMG_2468パレードとジャックマニー

大輪のジャックマニーと一緒に。
20160622IMG_2472ジャックマニー

1週間ほど前から咲きだしたヘラクレイフォリア系のクレマチス、ジュイニアナ・プレコックス。今年は沢山、お花を見られそうです。
20160622IMG_2495ジュイニアナ・プレコックス

アフロディーテ・エレガフミナはまだまだ活躍中。開花して1ヶ月、絶えず蕾を上げています。
20160622IMG_2470アフロディーテ・エレガフミナ

15歳くらいになるエブリンも最近開花。元気なシュートも出て楽しみ。雨で花弁が落ちる前に、1輪切ってテーブルで香りを楽しんでいます。
20160622IMG_2467エブリン

パレードに押されて勢いのないアンジェラですが、ようやくアンジェラらしいお花が見え始めました。
20160622IMG_2465アンジェラ

line小花

今日は目が覚めるなり雨音。深夜に降り出した雨が珍しく続いています。

今、BSで「ジョンとヨーコの祈り」を見ています。
オノ・ヨーコさんの知られざる歴史と、2007年にレイキャビク沖のヴィーズエイ島に建てられたイマジン・ピース・タワー。
アイスランドが選ばれたのは、水力と地熱だけで電力を得ている、環境立国だということ。
そして知らなかったのですが、軍隊を持たないということ。

雨のおかげで何気なくつけていたTV。偶然、心に響く何かをもらった気がします。
i ii iii
ライトの点滅信号の意味は"I LOVE YOU." (ONOCHORD オノコード)
平和の根っこは、これですね。
i ii iii, i ii iii … 
そして 
"Imagine all the people living life in peace."

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

ラベンダーと羽音風景

いつの間にかラベンダーが咲き進み、
我が家では遅咲きの、20年以上の古株たちも花時をむかえています。
20160622IMG_2474ラベンダー花盛り
2016.06.22
ブンブンと羽音を立ててやってくるミツバチくん。
20160622IMG_2477ラベンダーと蜜蜂

ラベンダー密は美味しいかい?
20160622IMG_2475ラベンダーと蜜蜂clip

ラベンダー蜂蜜って香りもするのかな?ちょっと味わってみたいかも。

芝生内は、ニワゼキショウが丸い実を一杯つけて枯れ色になる一方で
ネジバナたちが花穂を伸ばして色づいています。
20160622IMG_2473ネジバナ開花

この季節、草の伸びも早くて、ひとたび草取りを始めるとなかなか止められず暑さに参るので、夫を送り出した後の朝のうちに済ませるようにしています。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード