ペンステモン・ポカホンタス

銅葉ペンステモン・ジギタリス 'ポカホンタス'
学名: Penstemon digitalis 'Pocahontas'
オオバコ科 / イワブクロ属(ペンステモン属).
宿根草(耐寒性多年草)
草 丈: 約100cm
耐寒性:強 / 耐暑性;強
日照: 日向~半日陰 / 花期:4~7月(我が家は6月~)

今春苗を植えたペンステモン・ポカポンタスがすくすく育ち
アイスバーグと一緒に蕾を。
20180607 IMG_8720ペンタス・ポカポンタスとバラ・アイスバーグ蕾
2018.06.07

蕾はぷっくり鯨型。
花もハスカーレッドよりぷっくり大きめ。
外側が柔らかなラベンダーピンク、内側が白いベル状花。
20180611 IMG_8820ペンステモン・ポカホンタスの花
2018.06.11

茎は赤味が強いが、
銅色だった葉は気温が上がると緑が強くなるらしい。
20180611 IMG_8824ペンステモン・ポカホンタスの赤い茎
2018.06.11

20180618 DSC02834ペンステモン・ポカホンタス
2018.06.18

花が咲くと重みで倒れがちなので支柱に結わえています。
20180618 DSC02830ペンステモン・ポカホンタス全体clip
2018.06.18
        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ラムズイヤーの花

学名: Stachys byzantina
Stachys:ギリシャ語「Stachyus(耳)」に由来
byzantina: ビザンティン(コンスタンチノープル<現イスタンブール>の旧名)

英名: lamb's ears
和名: ワタチョロギ(綿草石蚕、綿千代呂木) 
シソ科 イヌゴマ属(スタキス属)常緑多年草
耐寒性:強 耐暑性:弱 耐湿性: 弱
草丈: 約30cm(花期は約80cmまで花茎が伸びる)

寒冷地のグランドカバーに最適で
普段は30cm以下の草丈で地面を覆うのだけれど
6月にもなると面白い形の顔が現れ、花茎が伸び出します。
雨粒を蓄えて朝日の中で白く輝くラムズイヤー。
20180607 IMG_8719ラムズイヤー
2018.06.07
触ると柔らかな葉は毛が長く濡れると白く斑に。
20180607 IMG_8718ラムズイヤー
2018.06.07
花の形を見て初めてシソ科と納得できます。
20180611 IMG_8823ラムズイヤー開花clip
2018.06.11
下から段々に花穂の周りにぐるりと花が咲き出しました。
20180611 IMG_8823ラムズイヤー開花
2018.06.11

我が家のカラーリーフ・ガーデンの重要な銀葉となっています。
20180611 IMG_8830ラムズイヤーとメギのコントラスト
2018.06.11

最初は1株のポット苗だったラムズイヤー。
株が張って増えたり、こぼれ種で以外な所で増えたり。
信州では放任で十分育っています。
葉や花にほのかに芳香があって嬉しい植物です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アルケミラモリス(ニコちゃん花)

学名: Alchemilla mollis(「葉に絹状軟毛がある」の意)
'Alchemilla' はアラビア語の Alkemelych(絹状軟毛)に由来するらしい。
mollis:「柔軟毛のある」

別名: Lady’s mantle(レディスマントル)
和名: 西洋羽衣草(セイヨウハゴロモソウ)
バラ科 ハゴロモグサ属 (アルケミラ属)
原産地:東ヨーロッパ~西アジア 草丈:30~50cm
花期:5~7月  葉茎はハーブに

水滴とともに度々登場のアルケミラモリス
ふわふわイエローの花期を迎えています。
20180613 IMG_8877アルケミラモリス満開のカラーリーフの庭
2018.06.13
20180604 IMG_8692アルケミラモリス0604
2018.06.04
拡大して観察中、ニコちゃん花発見。
20180605 IMG_8697アルケミラモリスsmile
2018.06.05
蕊がくっついて、まるで笑っている子がいくつか。
20180605 IMG_8697アルケミラモリス
花弁に見えているのは萼のようですね。花弁は無し。
だから1ヶ月以上持続してふわふわ花期を持楽しめるのでしょう。
20180605 IMG_8696アルケミラモリス

カラーリーフの庭をふんわり縁取ってくれています。
20180605 DSC02807アルケミラモリス咲くカラーリーフの庭
2018.06.05

晴れている日も雨の後も楽しめる植物。
20180607 IMG_8710アルケミラモリスの花と雨粒
2018.06.07
この花と葉は、特に雨上がりにファインダーで覗きたくなって
20180607 DSC02791アルケミラモリスと水滴
2018.06.07
そしてたくさんシャッターを切ってしまいます。
20180607 IMG_8709アルケミラモリスの花と雨粒
2018.06.07
葉も花も宿根草の中で特に好きな植物です。
色も形も風合いも。
20180607 IMG_8711アルケミラモリスの花と雨粒
2018.06.07
花のない時期も葉が美しいのはとても魅力的です。
発芽率も悪くないです。
昨年の種が雨で流されてか、
アプローチのレンガの隙間にあちこち発芽して
超ミニ・アルケミラモリスが出ています。
古株の更新用に移植しなくちゃ。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ジキタリス・プルプレア・キャメロット・ホワイト開花

学名: Digitalis Purpurea 'Camelot White'
英名: foxglove  和名: 狐の手袋
オオバコ科 Plantaginaceae ジキタリス属
(または ゴマノハグサ科 Scrophurariaceae)
欧州原産、耐寒性二年草
 全草有毒 葉は薬草として使われた 

先月小さなポット苗を購入したばかりの
ジキタリス・プルプレア・キャメロット・ホワイト。
アジュガの青花やカラーリーフたちの間から
20180506 IMG_8121ジキタリス・プルプレア・キャメロットとホスタ・アルボマルギナータ
2018.05.06
花茎をぐんぐん伸ばして咲き出しました。
20180506 IMG_8111ジキタリス・プルプレア・キャメロット開花
ブロッチの比較的目立たない綺麗な白花です。
20180506 IMG_8110ジキタリス・プルプレア・キャメロットの花

20180506 DSC02694咲き出したジキタリス・プルプレア・キャメロット白
ホスタ・アルボマルギナータの白覆輪葉も綺麗です。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
#WithYou #MeToo

斑入りフジバカマ

藤袴 
<学名: Eupatorium fortunei
キク科  ヒヨドリバナ属
英名: Thoroughwort  > の斑入り葉種

フジバカマは秋の七草で、アサギマダラなどの蝶の蜜源植物。
在来種(Eupatorium japonicum)は絶滅危惧が心配されているとか。

10月上旬の様子
20171005 IMG_7524斑入りフジバカマ
2017.10.05

9月下旬の様子
20170922 IMG_7418斑入り葉フジバカマ
2017.09.22

縁にクリーム色が入る斑入り葉が美しい。
20170922 IMG_7420斑入り葉フジバカマ

Eupatorium fortunei ‘Pink Frost’ という斑入り種があるようだけれど、
我が家のは詳しい品種名は不明。

line小花

8月の様子
20170808 IMG_7090斑入り葉フジバカマの蕾
2017.08.08

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (1)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード