斑入りフジバカマ

藤袴 
<学名: Eupatorium fortunei
キク科  ヒヨドリバナ属
英名: Thoroughwort  > の斑入り葉種

フジバカマは秋の七草で、アサギマダラなどの蝶の蜜源植物。
在来種(Eupatorium japonicum)は絶滅危惧が心配されているとか。

10月上旬の様子
20171005 IMG_7524斑入りフジバカマ
2017.10.05

9月下旬の様子
20170922 IMG_7418斑入り葉フジバカマ
2017.09.22

縁にクリーム色が入る斑入り葉が美しい。
20170922 IMG_7420斑入り葉フジバカマ

Eupatorium fortunei ‘Pink Frost’ という斑入り種があるようだけれど、
我が家のは詳しい品種名は不明。

line小花

8月の様子
20170808 IMG_7090斑入り葉フジバカマの蕾
2017.08.08

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

キミキフガ ‘ブルネット’

学名: Cimicifuga racemosa ‘Brunette ’
和名: サラシナショウマ(晒菜升麻)
別名: Black snakeroot, Actaea racemosa
キンポウゲ科 サラシナショウマ属

一昨年植えて去年は咲かず、
今春、消えかかっていたキミキフガ・ブルネット。
北側に植え替えて、9月に初めて開花。
20170922 IMG_7407キミキフガ・ブルネット
2017.09.22

2段目の花穂。小豆色の丸蕾と白い花が可愛い。
20170922 IMG_7408キミキフガ・ブルネットの花穂 20170922G_7410キミキフガ・ブルネット花と蕾

この種の魅力は濃い銅葉。
20170922 IMG_7414キミキフガ・ブルネットの銅葉

ホスタ・タマノカンザシの隣に咲くキミキフガ。
大きくなるのが怖くて鉢ごと植えてある所為か株は小さめ。
20170922 IMG_7411キミキフガ・ブルネット 20170922 IMG_7422キミキフガ・ブルネット
2017.09.22
湿り気のあるこの場所は以前の場所より合っていると思うけれど
夏場はかなり日当たりが良いので、少々葉が痛み気味。
もう少し日陰の方がいいのかな。

line小花

8月に花茎が伸び、コーンのような固い蕾が見え始める。
20170808 IMG_7086キミキフガ・ブルネット
2017.08.08
20170808 IMG_7083キミキフガ・ブルネット


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ホスタ・タマノカンザシ

玉簪花、 玉の簪
学名:Hosta plantaginea var. japonica
ユリ科ギボウシ属  原産地:中国
花期:8月下旬~9月上旬(純白の花は夜開き、朝萎む)
耐寒性宿根草(冬期落葉) 保水性のある日当たり~半日陰を好む
草丈:高さ50~60cm
(花ギボウシの英名は Plantain lily、花言葉は沈静)

我が家のタマノカンザシも、香りよく純白の花をみせています。

北庭のタマノカンザシ。殖えた株を移植したもの。
夕刻になってますが、まだ日が高いせいか開いていません。
20170828 IMG_7147ホスタ・タマノカンザシ
2017.08.28 16:03

表の庭の木陰を黄緑色の葉が明るくしてくれます。
手前の小型のホスタ・ゴールデンティアラに遅れること1ヶ月
花茎を見せたタマノカンザシがようやく純白の花蕾を。
15時台では花は開きませんね。
20170829 IMG_7148ホスタ2種
2017.08.29 15:11

夜咲くタマノカンザシ、
早朝5時台ですが、まだしっかり開いています。
ユリに似た純白の花から良い香りが。
20170830 IMG_7150早朝のホスタ・タマノカンザシ
2017.08.30 5:41

20170830 IMG_7152早朝のホスタ・タマノカンザシ
2017.08.30 5:42

北庭は朝日で明るくなってますが
まだ咲いていますね。
20170830 IMG_7151早朝のホスタ・タマノカンザシ
2017.08.30 5:42
勝手に生えてきてしまうシダと仲良く。

ほとんどのホスタは日本原産らしいのですが
このタマノカンザシは中国原産だったんですね。

黄緑色の美しい葉と、
他のホスタにはない特徴の夜開く芳香の純白花。
花言葉「沈静」に頷けます。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

エリンジウム・ブルーホビット

学名:Eryngium planum 'Blue Hobbit'
エリンジウムの和名: ヒゴタイサイコ、マツカサアザミ、エリマキアザミ
セリ科 ヒゴタイサイコ属(エリンジウム属)
草丈: 25~30cm 耐寒性宿根草 (高温多湿に弱い)

20170714 IMG_6977エリンジウム・ブルーホビット上から
2017.07.14

寄せ植えにしていたブルーホビットを昨秋、庭に定植。
20170627 IMG_6897エリンジウム・ブルーホビットの蕾
20170714 IMG_6978エリンジウム・ブルーホビット全姿clip2
2017.06.27 花軸が出て苞が星型に。 →2017.07.14 草丈20cmほどに伸び、
        青みを帯びた姿に。

20170719 IMG_6993エリンジウム・ブルーホビット
2017.07.19 ゲラニウム・アズールラッシュと「青」を競演。

20170719 IMG_6994エリンジウム・ブルーホビットを上から
2017.07.19 極小の花から白っぽい蕊が出て丸く見える。

3年ほど前にやってきたこの矮性のエリンジウムは、昨秋、寄せ植え鉢から庭に定植。1株は消えてしまったけれど、なんとか一株は無事に開花となりました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ペンステモン・ハスカーレッド

学名: Penstemon digitalis 'Husker Red'
ゴマノハグサ科(オオバコ科) 耐寒性多年草
草丈: 1m (我が家では70cmほど)

2015年の5月連休、白馬の道の駅で見つけ、購入した100円ポット苗。
その年はほうれん草状態に株が大きくなっただけでしたが、
今の半日陰の場所に移植して年を越した
2016年の5月、赤紫の薹が立ち始め、初めて蕾を付けました。
20160525 IMG_1688ペンステモン・ハスカーレッド蕾
2016.05.25

少々弱々しいけれど、4つは咲きそう。
20160525 IMG_1687ペンステモン・ハスカーレッド
2016.05.25

ほんのり紫がかった白花は、茎葉の色に映えて美しい。
20160616 IMG_2367ペンステモン・ハスカーレッド
2016.06.16

アナベル、オルラヤ、スセンノウと一緒に。
20160616 IMG_2365ペンステモン・ハスカーレッド
2016.06.16

ところが今年2017年は、生育がいまひとつ。
やっと花茎が1本だけ伸びて咲いてくれました。

短い毛が、ふんわりとした風合い。
20170627 IMG_6893ペンステモン・ハスカーレッドclip
2017.06.27

丈夫で育て易いらしいけれど
20160627 IMG_6892ペンステモン・ハスカーレッド
2017.06.27

ハナミズキの近くで、少々日差しが足りないかな。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
山 (5)
川 (1)
雪 (4)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード