アフロディーテ・エレガフミナ

学名: Clematis 'Aphrodite Elegafumina'
キンポウゲ科 耐寒性(半つる性) 宿根草
系統: インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)
作出: 宇田川正健 1993年 日本 
交配親: C.florida var sieboldiana×C.‘Hendersonii’
花径 : 約8cm 花期 : 5~10月 ツル伸び: 1~2m
耐寒性: 強/  耐暑性: 中/ 日照: やや半日陰


ピエール・ド・ロンサールの下のオベリスクに咲く
今日のクレマチス・アフロディーテ・エレガフミナ。
20180630 IMG_9005ピエールロンサールとアフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.30
新梢が2度ほど折れたり弱ったりしたせいか
我が家のクレマチスで今年一番遅咲きでした。
6月中旬、やっと蕾が。
20180613 IMG_8849クレマチス・アフロディーテ・エレガフミナ蕾
2018.06.13
原種のほっそりユリ咲きチューリップのような開花。
20180613 IMG_8848クレマチス・アフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.13
雨上がりのアフロディーテ。
20180618 IMG_8928アフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.18
開き始めは赤紫の花が時間が経つと青紫に。
花弁は4~6枚と不安定ですが蕊の先は濃紫色。
20180625 IMG_8950アフロディーテの色変化
2018.06.25
デュランディの青紫花とアフロディーテの赤紫の蕾たち。
デュランディの蕊はクリーム色なのでアフロディーテとは違いますね。
20180625 IMG_8959デュランディとアフロディーテの蕾
2018.06.25
2枚目写真の蕾たちが次々開花。
20180625 IMG_8948アフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.25
20180625 IMG_8949アフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.25
20180625 IMG_8952アフロディーテ・エレガフミナ

20180625 IMG_8957アフロディーテ・エレガフミナ

20180625 IMG_8958アフロディーテ・エレガフミナ赤紫


20180625 IMG_8960アフロディーテ・エレガフミナ色変化

20180625 IMG_8961アフロディーテ・エレガフミナ色変化

20180625 IMG_8963アフロディーテ・エレガフミナ

20180625 IMG_8964アフロディーテ・エレガフミナ

20180625 IMG_8972アフロディーテ・エレガフミナ赤紫の新花
2018.06.25
3日も経つと青みが強くなります。
20180628 DSC02852アフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.28

20180630 IMG_9004ピエールロンサールとアフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.30

20180630 DSC02855ピエールロンサールとアフロディーテ・エレガフミナ
2018.06.30

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コンテス・ド・ブショウ

学名: Clematis 'Comtesse de Bouchaud'
名の由来: フランス語で「ブショウ伯爵夫人」
系統:ジャックマニー系 遅咲き大輪
作出: Francisque Morel 1900年 フランス
開花期:6~10月(我が家では今のところほぼ一季咲き)
花 径:8~12cm 草 丈:2~3m
剪 定:強剪定 / 耐寒性:強 /耐暑性:強 

6月に入り咲き出しました。一番花はひときわ大きい。
20180601 IMG_8612クレマチス・コンテスドブショウ一番花
2018.06.01
蔓を伸ばし、次々蕾が見えています。
20180618 IMG_8931クレマチス・コンテスドブショウ
2018.06.18
まさに開こうとする瞬間。2弁が合わさってウィンクしてるよう。
20180618 IMG_8932クレマチス・コンテスドブショウ
2018.06.18
憂いのある藤色系ピンクの花弁にクリーム色の蕊。
20180618 IMG_8933クレマチス・コンテスドブショウ
2018.06.18 

実は、同様に鉢で育てていた
ピンク系クレマチス(マダム・バロンベイヤール)が
この春芽を出さず駄目になってしまい、この花を見るまで
どちらが生き残ったのか自信が無かったのですが
花を迎えてコンテス・ド・ブショウとはっきりしました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アルバ・ラグジュリアンス

学名: Clematis viticella ‘Alba Luxurians’
キンポウゲ科 クレマチス属 (センニンソウ属)
耐寒性(つる性) 宿根草
系統: ビチセラ系(新枝咲き・強剪定タイプ)
作出: Veitch & Son イギリス 1900年頃  交配親不明
花径: 約8cm
花期: 主に6月~10月(我が家では主に6月)
ツル伸び : 3~4m前後 (我が家では1~3m)
耐寒性: 強 /耐暑性: 中 /日照: 半日陰

20180613 IMG_8862クレマチス・アルバラグジュリアンス
2018.06.13
白い花弁の端が一部緑色になるのが特徴的。
白い粉をふいたような、青みのある黒い蕊も魅力的。

近くにあったダッチェス・オブ・エジンバラと間違えて、
切らずにおいた蔓が芽吹いたらアルバ・ラグジュリアンス。
3mほどに伸びて高いところで咲いています。
20180618 IMG_8923木から枝垂れ咲くアルバ・ラグジュリアンス
2018.06.18
ステムは10~15cmくらいでしょうか。
雨粒の重みも加わって枝垂れ咲いています。
20180618 IMG_8924枝垂れ咲くアルバ・ラグジュリアンス
2018.06.18
一方、晩秋に根元で切った枝は1~2mに伸びて
メギの赤い枝に絡んで低いところで咲いています。
20180618 IMG_8920アルバ・ラグジュリアンスの花
2018.06.18
開き始め、花弁中央に薄い緑のラインが入って綺麗です。
20180618 IMG_8921開くアルバ・ラグジュリアンスの花
2018.06.18
株が充実して多花性を発揮してくれる年が来るか楽しみです。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

アラベラの表情

学名: Clematis 'Arabella'
キンポウゲ科 耐寒性(半つる性) 宿根草
インテグリフォリア系(新枝咲き・強剪定タイプ)
作出: Barry Fretwell イギリス 1990年
C.integrifolia X C.lanuginosa(?)
花径 : 約6cm, 主な花期 : 6~10月
草丈 : 1~2m, 耐寒性 : 強, 耐暑性 : 中



6月中旬に入り、花数が一気に増してきました。
早朝のアラベラ、青が美しい。
20180613 IMG_8834アラベラの多花
2018.06.13
2018.06.15 加筆

咲き進むにつれて紫の強さが抜けて淡い青紫花へ
20180607 IMG_8736クレマチス・アラベラ
2018.06.07
花弁裏側の紫も美しい
20180607 IMG_8737クレマチス・アラベラclip
2018.06.07

オベリスクより高く光の方へ
20180607 IMG_8734クレマチス・アラベラ
2018.06.07

20180601 IMG_8596クレマチス・アラベラ
2018.06.01

20180601 IMG_8597クレマチス・アラベラとビオラ寄せ植え
2018.06.01

5月下旬から咲き出したアラベラ。初めは花も大きく強い紫。
この花はいくつめだったかな。
201805022 IMG_8364クレマチス・アラベラ開花
2018.05.22
2018.06.11 筆
        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

C.プリンスチャールズ咲く庭

学名: Clematis ‘Prince Charles’
キンポウゲ科 耐寒性(つる性) 宿根草
ビチセラ系(新枝咲き・強剪定タイプ)クレマチス
作出: Alister Keay ニュージーランド 1975年 交配親不明
花径 : 6~10cm 花期 : 6~9月
ツルの伸び: 2~3m前後

6月に入ってプリンスチャールズが開花。
一番花はピンク色に近くて別種かと思ったほど。
20180604 IMG_8668クレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.04
少し経つと本来の淡い藤色へ。
20180607 IMG_8741クレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.07
蔓をコノテヒバに誘引しているのだけど
蔓から出たステムが長く、その先の花は枝垂れがち。
少し俯くのが自然な花姿のようです。
20180607 IMG_8743クレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.07
足元には花が少なくなったセラスチウムと
20180607 DSC02794カンパニュラ・アルペンブルーとクレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.07
交替で一気に咲き出したカンパニュラ・アルペンブルー
夫、踏まないように車を停めてくれているようです。
20180607 DSC02795足元のアルペンブルー
2018.06.07

今朝6時頃のプリンスチャールズ。花数が増えてきました。
20180613 IMG_8846クレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.13
ステムが長くて枝垂れやすく
アナベルのようには花が自立しないので
20180613 IMG_8847枝垂れるプリンスチャールズ
2018.06.13
見せ方としてはもっと高い位置に誘引した方が良いかもしれない。
20180613 DSC02829クレマチス・プリンスチャールズ
2018.06.13

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン
#WithYou #MeToo

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード