八ヶ岳と秩父山系を車窓から

甲府南インターに入って中央道下りを走り始め
甲府昭和付近から見える景色。
正面、遠くに八ヶ岳が裾野を広げ始め、
その手前、右手に秩父山系の金ヶ岳、茅ヶ岳が大きく。
20200106DSC00315八ヶ岳と秩父山系を中央道甲府昭和付近からclip

約20秒後、正面に金ヶ岳を捉えると
平たそうな窪地(観音峠辺り?)を挟んで
また標高のある奥秩父の山並みがファインダーに収まってきた。
丁度、白い建物の塔(?)と重なる位置に曲岳かな。
20200106 DSC00316中央道甲府昭和付近から見た秩父山系

さらに約20秒後、
秩父山系の曲岳、黒富士の山並みが正面に。
曲がった山が曲岳、右方の標高のある峰が黒富士かな。
さらにその右側のボコボコは燕岩岩脈辺り?
20200106 DSC00318秩父山系の曲岳、黒富士の山並みを中央道から

約7分30秒後、八ヶ岳が正面に裾野を広げて迫ってきた。
左(西)から編笠山、権現岳、阿弥陀岳、中岳、赤岳、西岳。
20200106 DSC00320中央道下り線から八ヶ岳

さらに7分後、道の向きの影響で八ヶ岳が左手に。
主峰の赤岳が中央に大きく目立つようになり
阿弥陀岳は手前の三ツ頭(?)で隠れてしまった。
20200106 DSC00325八ヶ岳が左手に赤岳が中央に大きく

山名を意識して景色を見るようになってから
何が見えているのかとても気になり
道を走るのが面白いと思うようになっています。
もっとも、
呑気にしてられるのは自分の運転でない時だけですが。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

初冬の紅葉と雪景色

渋湯橋。
終日の好天でも融け切らなかった雪が屋根に。
その向こうには紅葉残る里山。
20191130 DSC00232「渋温泉」橋と紅葉

夕日を浴びて紅葉が映える。
横湯川や山の斜面に残る雪の白も映える。
20191130 DSC00227湯田中渋温泉の紅葉と横湯川

20191130 DSC00230映える紅葉の里山(渋温泉)

紅葉の樹木にズーム。
初冬というのに葉が多く残る。
20191130 IMG_1102湯田中渋温泉の紅葉ズーム

志賀高原方面の山は白く寒々しい景色。
20191130 IMG_1092雪被る志賀高原の山

20191130 DSC00238夕日で赤味増した志賀高原の雪山


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

黒姫、飯綱と横湯川

北信五岳のうちの三山。
夕空に浮かぶ飯縄、戸隠、黒姫。
向って流れ輝くは横湯川。
20191130 DSC00236夕空に浮かぶ飯縄、戸隠、黒姫の山々(HDR)
黒姫山。
20191130 IMG_1097夕刻の飯綱山を横湯川沿いから
高層ホテルの右奥の山は妙高でしょうか。
20191130 DSC00221街灯と飯綱山
渋温泉の街灯がリズミカルに。
20191130 DSC00220横湯川の街灯

翌12月1日の朝、飯綱の東側に真っ白に輝く北アルプス
白馬岳辺りの山並みが宿の部屋露天囲いから垣間見えた。
生憎、日が高くなるにつれ霞んで北アは視界から消え、
写真に収める機会を得ることはなかった。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

八方尾根から 鹿島槍ヶ岳~白馬三山の山並み

この夏最初の登りは唐松岳への日帰り登
届けは一応頂上までの往復で。
でもコースタイムをみて、正午の時点で途中でも折り返す予定で。

八方池荘前から30分程登った辺りでくっきりと白馬三
*1) 第2ケルンの辺りか
ハイマツの見える手前尾根続きの向こうに左から
雪渓残る天狗の頭、ツンとした白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳と並ぶ。
20190813 DSC03532白馬三山が見えてきた

小蓮華岳(3筋の雪渓)2768m、白馬乗鞍岳2436m、天狗原2204m。
20190813 DSC03533小蓮華岳(3筋の雪渓)、白馬乗鞍岳、天狗原

雲の向こう、中央から雨飾1963m、焼山2400m、火打山2462m、
あいにく妙高は雲の中。
20190813 DSC03534天狗原の向こうに雨飾山、焼山、火打山、妙高は雲の中

そして左手(南西側)に鹿島槍ヶ岳と五竜岳が悠然と。
あっという間にガスにかすむのでシャッターチャンスは僅か。
20190813 DSC03535鹿島槍ヶ岳(双耳峰)と五竜岳
トトロのような双耳峰の鹿島槍ヶ岳。
信州発の氷河と認定されたカクネ里雪渓はここからは見えず。
20190813 DSC03536鹿島槍ヶ岳の双耳峰
目標の唐松岳への長い尾根道。
右側に不帰の嶮(かえらずのけん)と深いキレットが見える。
20190813 DSC03537唐松岳と不帰の嶮
望遠で白馬鑓ケ岳2903m。
20190813 IMG_0731白馬鑓ケ岳
杓子岳2812m。
20190813 IMG_0732白馬杓子岳
白馬岳2932m。
20190813 IMG_0733白馬岳

唐松岳へ続く尾根道を歩く人々が小さく見える。
山腹の緑はげた区域に見える白は雪渓かな。
20190813 IMG_0735唐松岳

標高が上がるごとに息が上がるも、
標準コースタイム維持で順調に。

*1)
20190813 第三ケルン、八方池までの地図

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

信州花フェスタ2019 続き

信州スカイパーク
Dエリア 「北アルプスと花の丘」を下りて森の中へ
あちこちにチューリップと大型のフリチラリアの花壇があったけれど
ほぼ全て花は終わっていて、「残念」と諦めかけていたら
木蔭の一角に、道に沿って流れるように咲くチューリップの群落が。
20190519 DSC03225チューリップ咲く森の木蔭
遅咲き種を集めて植えてあるのでしょうね。
赤系、ピンク系品種の中に白花を分散して混ぜてあり、
単純な色分けにせず、全体として柔らかな印象になるように
植栽設計されているようですね。
チューリップの花期終盤の中、見られて良かった!
20190519 IMG_0119「遊びの森」のチューリップガーデン
Fエリア 「しあわせ暮らしの庭めぐり」
色んなテーマの庭展示があって面白かった。
手作り馬の親子が目を惹く庭。
20190519 DSC03222馬の親子のいる庭
高低差を上手く使って大人センスで上手く植栽されたこのガーデンは
階段を登った後、子どもが潜って降りられる工夫が面白い庭。
遊べる庭としてNo.1の投票結果を得ていたらしい。
20190519 DSC03223遊べる庭
どちらもテーマを写すのを忘れました。
他に、一般家庭向きにアピールするような大掛かりなショウガーデンも。

ホスタや、キバナクリンソウなどの山野草を主とした
シェードガーデンもなかなか興味深かった。(写真なし)

涼しい場所だからか、八重桜がなごり咲き!
20190519 IMG_0121八重桜のなごり咲き
女性造園技術者技能競技大会の展示を見比べタ後やまびこドームの中へ。
軽食でもできるのかと思いきや、
中は様々な子供向けイベントや展示で大賑わい。
パラグライダーの展示があったり、長さの違うスラックラインが沢山並び、ちびっ子に混ざって大人も体験していたのは驚きました。子ども向けアスレチックや、ボルダリングの体験コーナーまであってびっくり。さながら、トレンドスポーツの推奨イベントのようでした。花やハーブを使ったクラフトや、工作体験のコーナーもあるにはあったけど、最も驚いたのは、浅いけど大きい面積のカヤック体験プールが設置されていたこと。
親子で水上をすいすいと楽しそうで、希望者たちの待つ列ができていました。
20190519 IMG_0130ヤマビコドーム内のカヤック体験コーナーclip
何故か、劇団四季展もあり、仮面や舞台装置などの展示が面白かった。
ライオンキングの仮面は迫力。
20190519 DSC03226ライオンキングの仮面

     20190519 DSC03227「ライオンキング」の仮面
大町市に劇団四季記念館があるらしく、長野県との縁があったんですね。
この展示は5月19日までで、運よくギリギリ見ることができました。
劇団四季展示の他の写真は追記に。

Kエリア 「信州の庭」
全国造園デザインコンクール特別賞作品の実演展示エリア。
「手毬庵と随流庭」は、ちょっと覗いてみたくなるような設計。
下るせせらぎの脇に苔が施され、山野草がひっそり咲く庭。
20190519DSC03233手毬庵と随流庭
ちょっとだけチェルシーガーデンショウで活躍のモスマンの石原さんを髣髴。

数種石材をつかって「野面積み」(だったかな?)手法で
「富嶽三十六景・神奈川沖波裏」を表現されている。
荒波が稲穂に見えてしまったのは私だけかな。^^;
20190519 DSC03236石材で「富嶽三十六景・神奈川沖波裏
この展示群を先に知っていれば、優先して全部周ったのだけれど
後の予定もあり、また空腹と足の疲れもあって断念しました。
20190519 IMG_0134花フェス案内板

この日は松本平に出てきた一番の目的は
フェルメール展を観に行くことだったので
残念ながら、花フェスタ散策はここで終了としました。

陽射しも強く、一日で15,000歩近く歩き、
さらに美術絵画をガイド音声を聞きながら観て立ち続けたので、
18時頃、帰宅した時にはクッタクタ。疲れました~。
年齢を考えて動かないとダメだなぁと自覚。><。。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (3)
雪 (9)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード