夏庭のバラ

ブラッシュノワゼット
20160727DSC09860ブラッシュノワゼット

バレリーナ
20160831IMG_3530バレリーナ

アイスバーグ。こちらは庭植えの背丈50cm足らずのもの。
20160831IMG_3531アイスバーグ
育て初め数年が小さな鉢だったせいか、地植えにしても小さいままでありがたい。

アンティークレース
20160727DSC09862薔薇アンティークレース

1ヶ月後のアンティークレース。
20160831IMG_3537アンティークレース
光の加減で表情も変わります。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

信州なかのバラまつり

先週末、お花見に行ってきました。中野市一本木公園のバラまつりです。
シーズン真っ盛り、バラたちの饗宴を味わおうと、県内外から大勢のお客さんで賑わっていました。
まつりの期間は6月12日まで。催しも色々ありますよ。^^

車を夜間瀬川の河川敷駐車場に停め、10分おきに出る無料シャトルバスで会場まで。所要時間は7,8分。会場エントランスで大人一人500円の入場料が必要です。(まつり期間中のみ。シャトルバスのコースは複数有り。)

公園の南側の「英国式庭園」は、以前来たときよりかなりのバージョンアップ。立派になっていました。

20160605IMG_1993中野バラまつり英国シキ庭園のバラトンネル

東側、入口近くのエリアはオールドローズが中心。
中ほどから西へと進むと、ほとんどがイングリッシュローズ。
ボーダーや壁面には、オールドのシュラブやランブラー、クライミングが見事誘引されていました。
20160605IMG_2053英国庭園中央

バラには皆目興味のない夫が、「このバラ、綺麗だね」と言ったのが、壁面に咲き誇るランブリングレクターの白の花房。
20160605DSC09404ランブリングレクターを撮るお母さん

本当に綺麗! 広い空間でこそ本領発揮のランブラーローズの美しさです。
20160605IMG_2008ランブリングレクター
すぐ近くまで、(たぶん)キングローズが伸びてきていて、そちらはまだ3分咲きくらいでした。

イングリッシュローズの咲き乱れるエリア。この日の暑さにだいぶへたってるバラのちらほら。
日当たりが良すぎるのも、なかなか難しいのかな。
20160605IMG_2018沢山のイングリッシュローズ

白バラ(ランブリングレクターかな)のパーゴラ下で、記念撮影係りの人が常駐していて、写真を撮ってくださいました。
20160605IMG_2043薔薇パーゴラの下で二人

続きを読む

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

秋のローズガーデン(最終回)

10月19日のしんわの丘ローズガーデンのバラなど、最終回です。
長々とお付き合いくださってありがとう~。^^

見つけてびっくりしたのがピエール・ド・ロンサール。
我が家では、庭植えのと鉢のとでは咲く時期が違うけど、
秋に咲いたことは一度もないんです。
秋にもこんなに立派に咲くのだとは。

20141019秋のピエールドロンサール80

春より花数は少ないけれど、大きくて立派なピエールさん。
春よりちょっとだけ、ピンクが強いかな。
写真のせいかもしれませんが。

20141019秋のピエールドロンサール82

そして、シックな杏色のバラを発見。

20141019コンテッサ88

こうしてみると、また違った形と色合い。
不思議です。

20141019コンテッサ89

パッと見た時、カフェ?って思ったけど
コンテッサっていうんですね~、お初です。
↑見るとHTってなってるけど、S(シュラブローズ)らしいです。
ドイツ生まれですね。

20141019コンテッサのプレート

アウグスタルイーゼの枝変わりだそうです。
知らない品種がいっぱい。
どんどん新種も作られてるから、当然ったら当然だけど。^^;


ピンクの柔らかな開き方の
可愛いクライミングローズは

20141019ジャスミーナ

お初です、ジャスミーナさん。
ドイツ生まれですね。
アンジェラを作ったコルデスさん作。
風合いは全然違うけど、こちらも可愛らしい印象。

20141019ジャスミーナのプレート

こちらは、ヨハンシュトラウスさん。

20141019ヨハンシュトラウス

フランス生まれのぽっちゃりさん。
丸弁でアンティークタッチですね。

20141019ヨハンシュトラウスのプレート

ピエール・ド・ロンサールと同じメイアンさん作ですね。


何のバラかは不明だけど、
ローズヒップが一杯成ってて、この時期だけの景色ですね~。
この時はまだ赤みが薄いかな。
ビタミンCがたっぷりなんだとか。

20141019ローズヒップ


ローズガーデンから見渡すと、
紅葉途中の楓、その葉っぱが寒さで少し葉が縮れてる?
今頃はすっかり落葉してるんでしょうね~。

20141019紅葉と中の楓

面白い実を見つけました。
たぶん、ヤマボウシ。

20141019ヤマボウシの実

葉っぱも花もハナミズキに似てるけど、
ハナミズキのツルンと小さい赤い実とは全然違いますね~。



しんわの丘ローズガーデンってポレポレの丘の一部だったのかな。
案内図では、右下の部分がローズガーデン。
その東側の高いところには桜もたくさん植えられてるんですね~。
来年の春、また来てみようっと。

20141019ポレポレの丘案内図

帰り道、見つけた飛行機雲。

20141019ひこうき雲

これ、夕方17:00頃撮ったものなんですが、
今はこの時間だとかなり暗いですから
季節の流れを、空からも感じますね~。


line小花


11月も残すところあと2日と少し。
「師走」に追われないように、
できるだけマイペースで行きたいなぁ。
大掃除は家の工事の際、せっせと頑張ってほぼ終わってるつもり。(*'-^*)。
な~んて言ってて、
家族の帰省直前に慌てて四角い部屋をまーるく掃除してたりして。^m^



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

赤いバラたち

赤い大きいお花はちょっと苦手。
赤バラも同様で、うちにあるのは20年選手のカクテルのみ。

だけど、妖艶でゴージャスなものや、
割と軽やかで明るいものなど、同じ赤いバラでも様々。

バラ園に出かけた時は
綺麗に咲かせられた赤バラの魅力を楽しんできます。

10月19日のしんわの丘ローズガーデンで撮ったものから
赤いバラのみ載せてみました。

最初は、LCLの「トラディション'95」
Large Flowerd Climber、つまり大輪のツルバラ。
照り葉に、鮮やかな明るい赤い、丸みのある花弁のバラ。

20141019トラディション56

正面から見ると、平咲きっぽいですね。
色は次のが見た感じの色に近かった覚えがあるんですが
のっぺり写るのでいくつか露出を変えてみました。

これ、+0.7
花芯のピントはこちらのがあってるけど、なんか、のっぺり。

20141019トラディション58

こちら、-0.3
アンダーの方が立体感は出て見えるかな。
ちょっと遊んでみました。
沢山撮ると訳分からなくなって選ぶのが嫌になります。^^;

20141019トラデション'95 59


20141019トラディションの札

次は日本の名花ですね、「黒真珠」。
HT(Hybrid Tea)は、四季咲き大輪のモダンローズ。
HTと言えば、剣弁高芯の、いわゆる薔薇らしいバラが多いんです。
でも、このお花、剣弁の先がクルンと巻いててどこか可愛い♡

20141019黒真珠

深みのある赤にどこかビロードのような光沢があって、
この命名、上手いなぁ。

20141019黒真珠の札

お次は、HTのシュワルツ・マドンナ。
こちらも半剣弁の高芯咲きですかね~。

20141019シュワルツ・マドンナ

花弁の反り返り、丸みがあって素敵です。
そのせいか、ゴージャスだけど、ツンとした嫌味を感じません。

20141019シュワルツ・マドンナ札


沢山咲く花が、夕日を浴びて輝いて見えたのは
F(フロリバンダ)のラバグルード。
中輪房咲きのバラ。

20141019ラバグルート69

丸弁の花びらは軽やかですね~。
沢山咲いたら、華やかでしょうね。

20141019ラバグルート70


20141019ラバグルート札

次は、赤い絞りが珍しいバラ。
お初です。
日本のバラ、フロリバンダの「きらり」。

20141019きらり

ずっと赤バラを見てると疲れるので、こういうお花、和みます。

20141019きらりの札

名前はちょっと、、な~んて感じるけど、
お花に漂う和のティストが素敵・・・京成バラ園さんに拍手です。


傾斜地のガーデンで、かなり広く芝生を平らに貼ったエリアの中央に
数株植えられて女王の風格を放っていたのは
HTの「レッド・クィーン」。
名前どおり、しつらえられてますね。^^


20141019レッドクィーン

夕日に花首を伸ばして輝いていました。
根元のプレートには拡大してみると「独・コルデス作」と。

20141019夕日に輝くレッドクィーン

このローズガーデンは全般に、コルデスさん、メイアンさん、京成バラ園のバラが多いようです。
イングリッシュローズはほとんどなかったような・・・あったのかな?

今日は、赤いバラばかりまとめてみました。



        見てくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン

バラまちフェスタ・その2

伊那市駅近くの生涯学習センター「いなっせ」のまわりにも
いろんな種類の薔薇が飾られてます。

そのうち、杏色のバラが目に留まりました。
「ギスレーヌドゥフェリゴンデ」と、札が。

20130601ギスレーヌドゥフェリゴンデ2

覚えられそうにありませんが、綺麗です。

20130601ギスレーヌドゥフェリゴンデ

写真を撮っていたら世話役の人に声を掛けられて
通りから外れているけれど是非見て行ってと教えられたところ。
線路を東に越えてアルプス信金さんの南の方にある医院の玄関脇のお庭。
ちょっと、うろうろ探してしまいましたが
全て地植えで美しく植栽された豪華な薔薇が見えてきました。
休診日なので誰もいらっしゃらず、ちょっと迷いましたが、
とても素晴らしい植栽に感動、
ずうずうしく撮らせていただきました。
木村内科さん、ありがとうございます。m(..)m

西を向いたフェンスには3,4種の薔薇が
元気な新芽を伸ばしつつ、見て見てと言わんばかりに咲いています。
この白薔薇はクライミングのアイスバーグかな?

20130601木村内科の白薔薇フェンス

ピエールドロンサールも見事です。

20130601木村内科のピエールドロンサール

そして内側、東側を向いたお庭。

20130601木村内科の薔薇庭

柔らかなイエローはイングリッシュローズの
グラハム・トーマスでしょうか?
花数といい、花の大きさといい、お見事です。
私は、駄目にしてしまったんですけどね。

20130601グラハムトーマス?

その左側もイングリッシュローズと思うのですが、
少し濃い目のピンク、カップ咲きは何でしょう。
コテージローズでしょうか?

20130601ピンクのER

パーゴラの中にアーチが。
何種もの薔薇が植わってます。
奥のオレンジ系はバタースコッチ??
赤い一重のはカクテル?

20130601木村内科のパーゴラ仕立て

手前のゴージャスな小輪白薔薇は
...プロスペリティ?(*・_・)/?? ...じゃないかも。。^^;

20130601パーゴラの白薔薇

そして白薔薇のシュラブと杏色のオベリスク仕立て。


20130601木村内科の薔薇の庭2

この白はアイスバーグかな?

20130601アイスバーグ?

薔薇らしい形の蕾から、
咲き広がると黄色いしべが見えて
緩やかな八重花びらの白が際立って優雅~♪

20130601木村内科のアイスバーグ

こちらはもしかして、コーネリア?

20130601コーネリア
                  アルバムはこちら



薔薇園や限定日のオープンガーデン以外で
こんなに立派なパーゴラ仕立てはお目にかかれません。
ここがお医者さんだということを忘れて見入っていました。

丹精込めて育てられてるんでしょうね~。

バラまちフェスタのおかげで
楽しく薔薇散策をさせていただきました~。(^-^)/


       読んでくださってどうもありがとう~♪

ゴールデンレトリバーおすわり野の花ライン






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード