夜景・もみじのトンネル(もみじ湖)

11月初旬、箕輪町もみじ湖の紅葉を見に。
11日までライトアップ。
この日以外は行かれないので小雨の中出かけました。
幸い、傘が要らないほどに上がり、
ライトアップされたもみじのトンネルを初めてくぐりました。
20181104 DSC03099もみじ湖の紅葉ライトアップ
本格的な機材で撮影する人々も。

もみじ湖よりかなり奥にあるもみじのトンネル。
場所がやっと分かりました。
しっとりとした空気の中、幻想的な景色が広がっていました。
20181104DSC03094緑から赤グラデーション(夜景モード)

黄色い葉の中、真っ赤なもみじたちも。
20181104 DSC03091赤い葉一枚でグラデーションも

よく見ると、一枚でグラデーション。
20181104 DSC03091赤い葉一枚でグラデーションも clip

紅葉はまだ進行中。
見上げると緑から赤へのグラデーションが美しい楓の葉たち。
20181104 DSC03097もみじのグラデーション紅葉

橋から岸辺の紅葉もライトアップされて見事。
20181104 DSC03100橋からの紅葉ライトアップ

20181104 DSC03087もみじとライト

しっとり濡れた地面も光ってきれいです。
20181104 DSC03089もみじのトンネル下お父さんシルエット

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

ジョ美君が来た

尉鶲、常鶲(ジョウビタキ)
学名: Phoenicurus auroreus/ 英名: Daurian redstart
スズメ目 ツグミ科(ヒタキ科)


「ヒッヒッ」・・・「ヒッヒッ」と、独特の声を聞くようになり
先週から、お腹がオレンジの、美しい姿の小鳥を見かけるように。
やっぱり、ジョウビタキ。しかもオス。頻繁に来てます。
つい一昨日も、庭のキモッコウの枝に留まっているところを見つけました。
声を聞き、姿を見つけるたびにカメラを取りに走り、
戻るといなくなる、なんていうのを数回繰り返していました。

今日はイチイの垣根付近にいそうなのを探していたら飛び立ち、
あたりを見回していたら、なんと電線の上に。
運よく撮ることができました。

長い嘴に、まん丸のおめめが可愛いこと。
20181115 IMG_9518ジョウビタキのオスが電線にclip

シルバーグレイの帽子が素敵だこと。
20181115 IMG_9520ジョウビタキのオスが電線にclip

20181115 IMG_9519ジョウビタキのオスが電線にclip

20181115 IMG_9521ジョウビタキのオスが電線に

明日も会えるかな。
またおいでね。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

阿寺ブルーと紅葉の始まり

10月下旬、大桑村にある阿寺渓谷に出かけました。
木曽川支流の阿寺川の水の色と、できれば紅葉も見たくて。
R19沿いに、綺麗に紅葉する山も見えたけれど
南木曽の、さほど高くない所はまだ色付き始め。
でも阿寺大橋を渡り狭い渓谷に入って行くと美しい景色が。
20181021 DSC03065 阿寺渓谷の清流
途中のPに車を停め、遊歩道を散策に。
山中に作られた足場悪めの道をうねうねと歩いてきました。

六段の滝。
20181021 DSC03068六段の滝

滝下の河原にて。
紅葉の始まった河原の白い巨岩の間を行く美しい清流。
20181021 DSC03071お父さん、河原にて

澱みの美しい青と、白岩にポッカリとあいた黒い穴。
20181021 IMG_9478六段の滝下の河原から

阿寺ブルーも垣間見ることができました。
20181021 DSC03074 阿寺ブルー

20181021 DSC03077阿寺ブルーclip

吊橋の上から
20181021 DSC03072阿寺渓谷

真下の水の透明なこと。iPhoneで。
20181021 iPhoneIMG_1189阿寺渓谷の澄んだ水

吊橋から撮る
20181021 iPhoneIMG_1191吊橋から撮るお母さん

色付き始めた赤や黄色。
20181021 IMG_9481阿寺渓谷の紅葉始まり

空も入れた景色をiPhoneで。
20181021 iPhoneIMG_3876橋からの紅葉と阿寺渓谷

この日は、夕方、塩尻に出かける予定があったため
残念だけれど早めに切り上げて帰宅しました。


        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

続きを読む

属性差別

ニュースというのは、腹が立つもの、呆れるものばかりだけれど、属性による差別という点で、昨夜と今朝と、驚くばかりのものが入ってきた。
今朝知った新しい方を先に。
今年の4月から医療費に妊婦加算という負担が始まっていたというニュース。一度も聞いたことがない制度がしれっと知らないうちに始まっていたことに薄ら怖ろしい気持ちが湧いてきた。産科以外の全て、内科だろうが眼科だろうが、皮膚科だろうが、妊婦だというだけで、同じ通院で他の人にはない額が加算されて支払わされるのだと。「周産期医療の充実」を理由としたものらしいが、どうやら診療報酬として医療機関の利益になると耳にした。こんな差別あっていいものだろうか。少子化が言われる中で、ますます妊娠へのハードルを上げてどうするんだろう。それでなくても女性に対して働き辛さ、子育て辛さの壁が立ちはだかっているというのに。

そしてもう一つは昨夜知った、不正入試を行った東京医科大が101人にも上る追加合格を発表したニュース。
2017年と2018年の2年だけで合格ラインにいたのに不合格にされたのが101人!うち女子はなんと67人も。残り35人は浪人男子ということか。衝撃の数字に吐き気がした。つまり、本来なれなかったはずの医学生が101人在籍したままということ。こんなこと続いたいたんじゃないかと思うとぞっとする。
それでもまだ、新しい学長のもとで膿を出して変わろうとしているのだから東京医科大はまだ良い方なのだろう。10月15日に記者会見をした昭和大学なんぞは、「不正の認識がなかった」などと、会見そのものにどこか不満げな、内心悪いと思っていない態度が腹立たしかったのを覚えている。順天堂大学などは会見すら開いていない。

私大のみならず国公立大の医学部も、これに近いことを脈々とやって、表向きは公正公平なふりをして、こっそり属性差別の採点操作をしていたのかと思うと腹立たしい以上に悲しいし、巷の男性医師に診てもらうことすら怖くなってくる。この先生は大丈夫かと。。

不当な差別は結局は信頼を大きく損ない、社会に混乱と不利益を招く。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

寄せ植えとブラッシュノワゼットの秋花

10月中旬の寄せ植え。
八重咲き矮性種の秋明菊とユーフォルビア・タスマニアンタイガー。 
庭路地の白い秋明菊はすっかり終わりましたが、
この秋明菊、今日の雨でも最後の花持堪えてます。
20181015 DSC03062 八重秋明菊とユーフォルビア・タスマニアンタイガー
↑10月15日は、八ヶ岳や
南ア・仙丈ケ岳、中ア・木曽駒ケ岳などで初冠雪。
朝晩の冷え込みが身にしみる季節のなってきました。
それでもまだ、挿し木育ちのバコパやサフィニアたちが頑張ってます。
20181019 DSC03064薄紫のバコパとサフィニア・フルーツカラー・キウイ満開

ブラッシュノワゼット・ローズは夏場花数が減ってましたが
涼しくなるにつれよく咲いてくれています。
秋花は春・夏の花よりピンクが強くて花持ちも良いです。
20181028 DSC03085ブラッシュノワゼットの秋花

昨日、今日は気温も高めで暖房要らずですが、
先週から既に朝晩は床暖に頼ってます。
野辺山高原の11月1日と2日の最低気温は
-6.2℃、-5.2℃と二日続けて全国一寒かった。
その日はこの辺りも最低気温が0℃近くまで下がりました。
気温が乱高下しながら冬に向うこれからの時期が一番身体に応えます。

「ヒッヒッ」と、ジョウビタキ似の鳴き声を聞くようになりました。
確信はないけど。
10月19日には安曇野にコハクチョウ飛来のニュースもあったしね。
冬鳥たち、「お帰りなさい」の季節かな。

平地の森のヤマウルシがオレンジから赤へ。
コシアブラの葉は白へ。
庭の夏椿が橙赤へ、ハナミズキが紅へ。
近所のドンダンツツジは鮮やかな赤に。
紅葉が里にも下りてきました。

        Thank you for coming~♪
ゴールデンレトリバーおすわり
野の花ライン野の花ライン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

旬の花時計
プロフィール

ぶるどねーじゅ

Author:ぶるどねーじゅ
はじめまして。
家族とわんこが大好き、
自然や植物が大好き、
Classic&Jazzが好き。
サザンも大好き。
信州に暮らしております。

14歳11ヶ月のままの
愛犬シャーロック
(1998.5.2~2013.4.16)
の穏やかな眼差しを感じながら
庭作りをしております。

風任せ、気ままにつづります。

最新記事
リンク
カテゴリ
川 (2)
雪 (5)
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード